オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(4/3)米大統領、金融サミット「景気回復への転換点」

 【ロンドン=大隅隆】オバマ米大統領は2日の記者会見で、同日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)について「生産的な会合であり、世界経済の回復に向けた転換点になる」と語った。総額で5兆ドル(約500兆円)の財政出動や金融規制、途上国支援などを盛り込んだ合意について「前例のない協調的な行動だ」と評価。金融サミットの成果を強調した。

 オバマ大統領は今回のサミットについて「(1929年の)大恐慌など過去の不況時には(国際社会の)対応が遅く、代償は大きかった。今回は歴史の教訓に学び、前例のない措置で合意できた」と語った。

 ただ「一連の措置は万能薬ではない。これで欧米の不良資産の問題が片づくわけではない」とも発言。金融安定化など各国の個別の政策の重要性を強調。世界的な景気後退の長期化を視野に「今回の会合は再び各国首脳が会って、追加策を検討する土台となる」という認識を示した。

最新ニュース一覧