オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(3/16)オバマ大統領支持率に陰り 米CNNなど調査、経済政策に批判

 【ワシントン=弟子丸幸子】オバマ米大統領の高支持率に陰りが見え始めてきた。米CNNテレビが16日発表した世論調査によると、直近の12―15日時点の支持率は64%で、就任直前の1月中旬の78%に比べ14ポイント下がった。逆に不支持率は17%から34%に倍増した。経済政策への評価が厳しく、共和党支持層からの離反も目立つ。支持率の水準はなお高いものの、低落傾向は議会対策などにも影響を及ぼしそうだ。

 調査では景気後退の深刻化を反映し、経済政策に辛口の見方が増えている。オバマ政権の政策を支持する回答率は59%にとどまる半面、不支持は40%に達した。支持率を項目別にみると雇用対策(64%)や減税などの税制(62%)が比較的高かった半面、住宅対策は54%だった。

 米FOXテレビが3月初旬に実施した調査では大統領の支持率は63%。1月下旬時点の65%に比べ微減にとどまったものの、不支持率が16%から26%に上昇した。米ギャラップ社の調査によると直近の支持率は61%。

最新ニュース一覧