オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(2/27)オバマ大統領、イラク撤退「11年末までに」 イランなどと協力

 【ワシントン=弟子丸幸子】オバマ米大統領は27日、ノースカロライナ州の米海兵隊基地で、約14万人にのぼるイラク駐留米軍の撤退計画を正式発表した。2010年8月末までに戦闘部隊を撤収させ、11年末までにイラクから完全撤退する。完全撤退までは最大5万人の駐留を継続する。イラクの安定に向け、イランとシリアも含めた周辺国の関与を求めていく方針も明らかにした。

 大統領が発表した戦闘部隊の撤収計画は、選挙公約として掲げてきた「就任後、16カ月以内」から3カ月遅れることになる。大統領は「これまでの成果を維持し、米軍を守る」ことを重視して米軍司令官らと協議した結果だと説明した。

 大統領は米軍撤退後のイラク安定が課題になるとも説明。「イラクと地域の安全保障を前進させる新たな枠組みを構築せねばならない」と語り、ブッシュ前政権時代に敵対してきたイラン、シリアも含めた協力の枠組みが地域安定に不可欠との認識を示した。

最新ニュース一覧