オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(2/24)FRB議長、銀行の国有化「理由全く見いだせない」

 【ワシントン=大隅隆】バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、上院銀行委員会の議会証言で大手銀行の健全性に関し「必要がないのに銀行を公式に国有化し、企業価値を破壊する理由は全く見いだせない」と語った。政府が銀行の全株を取得するなどの完全な国有化は望ましくないと示唆した。

 政府は25日から大手銀の資産査定を始める。経済環境が悪化した場合でも銀行が十分な自己資本を確保し貸し出しに回せるようにするため、資産状況をふまえ追加の資本注入を検討。普通株への転換権がついた優先株も活用する方針だ。

 追加注入が銀行国有化につながるとの指摘に対しバーナンキ議長は「これは国有化ではない。銀行の全株式、あるいは過半すら保有しないからだ。政府は他の民間株主と同様の一株主だ」と強調。既存の株主への影響を最小限にとどめながら、金融機関の自己資本を底上げする考えを示した。

最新ニュース一覧