オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(2/21)米大統領、景気対策の減税前倒し 4月までに実施

 オバマ米大統領は21日、週末恒例のラジオとネットを通じた演説で、17日に成立した景気対策法に関し「4月1日までに平均的な世帯で毎月65ドル(約6000円)以上の減税が始まる」と明らかにした。景気後退が一段と深刻になっている現状ををふまえ5―6月ごろとみられてきた対策の実施を前倒しした。

 オバマ大統領は、勤労者層の95%を対象にした所得減税(夫婦で800ドル)について「今朝、財務省が雇用主(の企業)に通達を出し始めた」と語った。雇用主は従業員の賃金から差し引く税金の減額を同日から始めることになる。大統領は「今回のように幅広い減税をこれだけ速く実施したのは初めて」と強調した。

 ただ「景気対策は経済回復への最初の一歩」と指摘。住宅市場のてこ入れ、金融安定化、規制強化などに取り組む考えを示した。また「急膨張する財政赤字の管理」の重要性も強調。23日に有識者や議員らと財政規律について議論する財政サミットを開催すると明らかにした。(ワシントン=大隅隆)

最新ニュース一覧