オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(2/10)米景気対策法案、上院が可決 下院との修正協議始まる

 【ワシントン=丸谷浩史】米議会は10日、上院本会議で景気対策法案を可決した。減税や公共事業など総額8380億ドル(約76兆円)。下院は総額8190億ドルの法案を可決済みで、一本化へ向け両院協議会で修正協議を開始した。オバマ大統領は16日までの成立を目指している。

 上院本会議の採決結果は賛成61、反対37。減税拡大や公共事業減額を求める共和党の反対は強く、共和党の賛成者は3人にとどまった。オバマ大統領は超党派の合意を呼び掛けていたが、共和党は強硬姿勢をとっており修正協議は難航も予想される。

最新ニュース一覧