オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(2/4)米、公的支援受ける金融機関経営者の報酬を制限 4500万円に

 オバマ米大統領とガイトナー財務長官は4日、公的支援を受ける金融機関経営者の年間報酬を50万ドル(約4500万円)までに制限すると発表した。支援の財源を負担する納税者が不況に苦しむなかで、一部金融機関だけを救済するねじれへの不満が強まっているためだ。報酬制限により政府の民間企業経営への関与は一段と強まる。公的支援の運用は手探りの状態が続きそうだ。

 オバマ大統領は「公的資金が金融機関経営者の過分な報酬の補助金にならないようにしなくてはならない」と語った。一方、ガイトナー財務長官は「金融システムは信頼のうえになりたっている」と強調。報酬制限は信頼回復に向け「必要な措置」と指摘した。

 報酬制限は、資本注入などの公的支援を受ける金融機関の経営者層が対象。50万ドルは大統領の俸給とほぼ同額レベル。50万ドル超の報酬は、公的資金の返済後に受け取れる株式に事実上限る。(ワシントン=大隅隆)

最新ニュース一覧