オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/27)オバマ政権1週間 対テロ・景気、スピード重視

 【ワシントン=丸谷浩史】オバマ米大統領が就任して27日で1週間になる。ブッシュ前政権からの脱却を印象づけるための大統領令の連発、国務省での外交方針演説、連日の経済会合と、内政・外交ともに就任翌日から全速力で動き出した。対テロ戦争、景気浮揚と2つの緊急課題への対応がオバマ政権の今後4年間を左右しかねないだけに、最初の100日間が終わる4月末まで息の抜けない日々が続く。

 就任翌日からの主なオバマ氏の日程をみると、外交・安全保障、経済関連の会合が目立つ。就任翌日に新大統領の慣例である国立大聖堂への礼拝を終えると、サマーズ国家経済会議(NEC)委員長らと経済会合、ゲーツ国防長官らと安全保障会合を立て続けに開いたのを手始めに、24日までに安保、経済ともに既に5回以上の会合をこなした。

最新ニュース一覧