オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/21)オバマ大統領、イラク撤収計画策定を指示 中東首脳と電話協議

 【ワシントン=丸谷浩史】オバマ米大統領は21日、ゲーツ国防長官らをホワイトハウスに集めて安全保障関連の会合を開き、イラク駐留米軍の早期撤収に向けた計画策定を指示した。外交ではイスラエル、エジプト首脳らと電話で協議し、中東和平促進への決意を表明した。ヒラリー・クリントン国務長官(61)も議会で承認されて正式に就任。外交・安保政策でブッシュ政権からの「変革」へ、政権発足翌日から動き出した。

 経済政策でもサマーズ国家経済会議(NEC)委員長らと、金融安定化を含めた経済再生策を話し合った。

 就任から16カ月以内に米軍を撤退させるとの公約を掲げてきたオバマ氏は、安保会合後に声明を出し「イラクからの責任ある形での撤退」に備えた計画策定を指示したと表明した。シチュエーションルームで開いた安保会合にはバイデン副大統領、マレン統合参謀本部議長らが出席した。

最新ニュース一覧