オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/21)政府、日米首脳会談実現急ぐ 与野党、経済立て直し期待

 米国のオバマ政権発足を受け、日米関係の強化と世界経済立て直しに期待する声が与野党幹部から上がった。日本政府としては麻生太郎首相とオバマ大統領との初の首脳会談の早期実現を目指して調整を急ぐ方針だ。

 自民党の細田博之幹事長は21日午前、都内で記者団に「政府・与党としてもオバマ政権と緊密な連携を取っていきたい。米国発の不況が日本の主要産業を直撃しており、そこをしっかり対応してもらうのが一番大事。日本も協力を惜しまない」と述べた。大島理森国会対策委員長も国会内で記者団に「米国の経済再生が世界の経済再生につながる。しっかりやってほしい」と語った。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は同日午前、都内で記者団に「オバマ大統領には多いに手腕を発揮してもらいたい。すべて米国一辺倒に従うということではなく、日米が対等のパートナーという形を求めていく大きなチャンスだ」と強調。共産党の志位和夫委員長は「初の黒人大統領の誕生であり、米国社会の民主的活力の発揮につながることを期待している」との談話を発表した。

最新ニュース一覧