オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/20)ホワイトハウスの公式サイトも一新 国民との対話に活用

 【ワシントン=芦塚智子】20日のオバマ新米大統領の就任に伴い、ホワイトハウスの公式ホームページも一新された。正式な就任時刻である正午の1分後にさっそく更新。ブログやビデオ、メール配信機能などを駆使し、国民との対話にインターネットを最大限に活用する方針だ。

 ホワイトハウスのニューメディア部長に就任したフィリップス氏は公式ブログで「インターネットは新政権の優先課題の1つである市民参加に重要な役割を果たす」と強調。緊急を要しない法案をホームページに5日間掲載し、大統領が署名する前に国民の意見を募ったり、更新情報をメールで自動配信したりするなど「双方向型」のページ作りを目指すという。

 20日の就任式では、実行委員会が携帯メールで地下鉄駅の閉鎖情報や入場口の混雑状況などを見物客に配信。混乱防止に一役買った。

最新ニュース一覧