オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/21)金融安定策、抜本見直し 公聴会で米次期財務長官

 【ワシントン=米山雄介】米上院財政委員会は21日、オバマ大統領が次期財務長官に指名したガイトナー・ニューヨーク連銀総裁の承認公聴会を開いた。ガイトナー氏は「金融安定化法を抜本的に見直さなければならない」と証言。前政権の金融対策が不十分であったことを認め、金融機関の不良資産の抜本処理や貸し渋り対策、住宅差し押さえ防止などに取り組む考えを示した。

 オバマ政権の経済チームが金融安定化法の見直しを正式に表明したのは初めて。米メディアによると、ガイトナー氏の承認投票は22日に行われる予定。

 ガイトナー氏は「ドルの価値への信頼はすべての米国民にとって大変重要だ」と述べ、強いドル政策を継続する考えも示した。

最新ニュース一覧