オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/20)オバマ大統領が就任 初の黒人47歳

 【ワシントン=丸谷浩史】米国の第44代大統領にバラク・オバマ氏(47)が20日正午(日本時間21日午前2時)、就任した。イラクとアフガニスタンで2つの対テロ戦争が進行中で、経済情勢が深刻な中、1776年の建国以来、初の黒人大統領となるオバマ氏は米国再生と危機克服へ「新たな責任の時代」を説き、米国民に結束を訴える。最優先課題は経済再生で、8000億ドル(約72兆円)規模に上る景気対策や金融安定化に全力をあげる。

 一連の就任行事でオバマ氏は米国建国の歴史を意識した演出に力を入れており、20日は連邦議会議事堂前でバイデン新副大統領に続き、オバマ氏は19世紀にリンカーン大統領が使った聖書で就任を宣誓、演説に臨み、ホワイトハウスまでパレードして観衆にこたえる。2年間にわたった激しい選挙戦で、人種を超えた米国融和の象徴として黒人初のトップに立ったオバマ氏は「変革」を前面に掲げ、人種や党派を超えた結束を訴える。

最新ニュース一覧