オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/20)オバマ新大統領就任へ 日本時間21日午前2時から宣誓・演説

 【ワシントン=丸谷浩史】米国の第44代大統領にバラク・オバマ氏(47)が20日正午(日本時間21日午前2時)、就任する。イラクとアフガニスタンで2つの対テロ戦争が進行中で、経済情勢が深刻な中、1776年の建国以来、初の黒人大統領となるオバマ氏は米国再生の責務を担い、危機克服に向け米国民に「変革」と結束を訴える。最優先課題は経済再生で、8000億ドル(約72兆円)規模に上る景気対策法案の早期成立に全力をあげる。

 冷戦後に超大国として軍事、経済の両面で国際社会を主導してきた米国の威信はブッシュ政権下の単独行動主義や、長期化したイラク戦争で大きく低下した。多極化した世界で威信回復を目指すオバマ政権は金融危機に端を発し、1929年の大恐慌以来とされるほど悪化した経済の立て直しや、国際協調の構築などの課題に対処する。

最新ニュース一覧