オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(1/19)「オバマ大統領」20日就任 危機克服に融和と団結呼びかけへ

 【ワシントン=丸谷浩史】米国の第44代大統領にバラク・オバマ氏(47)が20日、正式に就任する。1929年の大恐慌以来とされる経済状況を回復させ、ブッシュ政権の単独外交路線で傷ついた米国の国際的な威信を取り戻す責務を担う。建国以来初めて誕生する黒人大統領は、米国再生に向け、危機克服へ楽観論を前面に融和と団結を呼びかける。

 オバマ氏の宣誓・就任演説は20日正午(日本時間21日未明)の予定。20日中にもヒラリー・クリントン次期国務長官らの指名も議会で承認される見通しで、オバマ新政権は17日から4日間にわたる祝賀行事を終えた後、翌日から本格的に始動する。

 オバマ氏は17日に始まった祝賀記念行事で、景気悪化や失業者の増加、対テロ戦争で米国は厳しい局面にあると認めながらも、希望を織り交ぜながら融和を訴えた。

最新ニュース一覧