内定者座談会

日本経済新聞社のどこにひかれたのか。採用試験に向けて、どう準備したのか。入社後の目標は何か。2018年4月入社予定の内定者6人に、就活のこと、将来のことを聞きました。

日本経済新聞社のどこにひかれたのか。採用試験に向けて、どう準備したのか。入社後の目標は何か。2018年4月入社予定の内定者6人に、就活のこと、将来のことを聞きました。

MEMBER

A 男性 [記者職] 基幹理工学研究科卒

B 女性 [記者職] 文教育学部卒

C 男性 [営業・企画職] 文学部卒

D 女性 [営業・企画職] 商学部卒

E 男性 [デジタル職] 工学部卒

F 男性 [デジタル職] 経済学部卒

志望理由 「『報道+経済』という強み」「新事業に挑む姿勢にひかれた」

まず、記者職内定の2人から日経を就職先として
選んだ理由を教えてください。

高校時代に放送部で阪神大震災に関するドキュメンタリーを制作したことが「記者になりたい」と思った原点です。私は阪神大震災の年に関西で生まれたこともあり、取材をして伝えることに大きな意義と魅力を感じたのです。大学時代、他大学のメディア関連コースも受講していましたが、新聞社やテレビ局で働いている社会人も受講していて、彼らの仕事の話を聞くうちに「記者になりたい」という気持ちが強くなりました。日経を選んだのは「報道+経済」という他社にはない強みを持っていたこと。そして「こんな社会人になりたい」と思わせてくれる、自分の仕事に誇りを持った社員が多かったからです。

就活を始めた当初は、メーカーの研究職やシステムエンジニアを考えていました。でも、研究所や会社に閉じこもる仕事ではなく「もっと多くの人と会える仕事がしたい」と思うようになり、名刺1枚でいろんな人に会える記者という仕事に興味を持ちました。日経のインターンシップ(科学技術記者コース)に参加して実際に取材や記事執筆を経験し、記者こそ自分が探していた仕事だと思いました。世の中で様々な技術が開発されていますが、社会に十分に伝わっていない。企業による技術開発を含め、テクノロジーに関する報道に強い日経で技術を伝え、社会に知ってもらいたいと思い、日経を選びました。

営業・企画職やデジタル職内定のみなさんが
日経を選んだ決め手は?

僕はマスコミ以外では、金融機関、鉄鋼メーカーなどを就職先として考えていました。その中で日経を選んだのは、まず新たな事業に挑んでいく日経の姿勢にひかれたからです。日本の新聞社で初めて、日経電子版という有料ウェブメディアを始めたことはその代表例だと思います。そして、新聞社にしかできない社会貢献、社会的使命に携わりたいと考えたのも日経を選んだ理由です。ビジネスパーソンが読む新聞だからこそ、届けなければいけない情報、広告がある。日経が果たすべき使命に営業・企画職の一員として関わりたいと思っています。

私は「社会貢献」と「グローバル」を軸に就活しました。経営学のゼミで「日経を読みなさい」といつも教授に言われたり、他社のインターンシップで「自分の仕事が日経に取り上げられるとうれしい」と聞いたりして、日経が社会に与える影響の大きさを実感しました。そうした社会的な影響力に加えて、日経はグローバル展開にも力を入れている。お会いした営業・企画職の社員の方は好奇心旺盛で「こんな社会人になりたい」と素直に思いました。私も日経のビジネスを通じて、ビジネスパーソンにいろんな機会を提供したいと考えるようになり、志望しました。

大学ではAIを学ぶ一方で、大学新聞の編集に携わっていました。大学新聞で紙からデジタル版への移行に関わったり、データ処理を担当したりするうちに、新聞におけるデジタル化の面白さやAIの知識を新聞社で活かせることを知りました。大学院に進学しましたが、学部卒業時に優秀卒業研究賞を獲得でき、国際学会で発表する機会なども与えられたので、大学院修了を待たずに社会に出ようと就活を始めました。イレギュラーなキャリアに難色を示す企業もあるなか、日経だけは面白がって話を聞いてくれた。堅いイメージに反して、型にはまったところがなく、寛容な会社だと思いました。テクノロジーを主体にした企業に変わっていくという明確な方向性を持っていて、デジタル部局内のやり取りに「Slack」というチャットシステムを使うなど、ITを積極的に取り入れていることも魅力でした。

電子版アプリの内製化について書かれた資料を目にしたのが、日経に興味を持ったきっかけです。ウェブの注目記事にエントリーされていて、「IT系のそうそうたるメンバーが、社会人採用で日経に集まっている」というようなコメントがたくさんありました。僕はシステムエンジニアだった両親の影響もあって、就活当初はIT系の企業への就職を考えていました。でも、アプリの内製化だけでなく「チーム一丸となって、すごいものを創ってやろう」という社内の熱気をデジタル職の社員から感じて、日経への入社を決意しました。

採用試験 他人の視点で自分を知る 日経で何ができるか考える

就活生のみなさんから採用試験についてよく質問を受けます。
みなさんはどんな準備をして採用試験に臨みましたか?

毎朝、新聞が置いてある大学のラウンジに行って、全紙読みました。読み比べることによって、各紙の特徴がよく分かります。日経の採用サイトに載っている「日経TEST準拠問題」の過去問も繰り返し徹底的に解きました。問題を見たら、何年の何番の試験問題かわかるほどです。エントリーシート(ES)は、友人同士で見せあってブラッシュアップすることをおすすめします。ESを見せた友人に「この内容なら、君じゃなくて誰でもいいよね」と指摘され、僕自身が表現できていないESを書いていたことに気付きました。

僕もESを友人や親に読んでもらって「意味がわからない」と言われたところを修正しました。学生ではなく社会人に見てもらうといいと思います。面接は100問の「想定問答集」を作り、これで万全だと思っていましたが、実際の面接では逆効果。想定外のことを聞かれたときに、焦ってしまうからです。その経験以来、A4用紙一枚に、自分がやりたいことや今まで頑張ってきたことをまとめて、大きな自分の軸を確認してから面接に臨むようにしました。筆記試験は普段からニュースに触れていることが大事だと思います。

筆記試験の「日経TEST準拠問題」はやはり新聞を
よく読んでいることが重要だと思います。
日経を読んでいれば、
面接でもその経験が生きるはずです。

ESを書くときは自己分析も大切ですが、「他己分析」もおすすめです。私は先輩にインタビューをしてもらいました。抽象的な返答に対して「これはどうなの?」「そのときの気持ちは?」と突っ込んで質問され、考えを整理して具体的に伝える訓練になりました。また、自分では何でもないと思っていたことが、他人から見ると個性やアピールポイントであることも発見しました。「人からどう見えているのか」を知ることは、面接対策にもなると思います。

私は電車での移動中に日経電子版をタブレットで読んでいました。興味がある企業や業界を登録しておいたり、記事を保存する機能が付いていたりするので、読み返すのに便利でした。面接はとにかく数をこなすこと。社会人と向き合って、いきなり自分の意見を正確かつ簡潔に伝えるのは難しいと思います。OB訪問をしたり、多くの社会人と話をしたりするうちに、自分の言いたいことが言えるようになっていくと思います。日経の面接は、とてもリラックスした雰囲気だったので、落ち着いて質問に答えることができました。

面接ではESに書いたこと以外を聞かれるのではないかと予想し、準備しました。学生時代に自分が何をやってきて、日経の中で具体的にどういうことができるのかを、しっかりと考えました。僕はAIを専攻していたので、面接では「デジタル領域でどのような事業が考えられるのか」といったことを聞かれました。「相手が自分にどんなことを聞きたいと思っているのか」を意識して、面接の準備をするといいと思います。

僕も「学生時代に培った自分のバックグラウンドが、日経という会社でどう役立つか」を考えることが就活のポイントだったと思います。デジタルスキルについても質問を受けましたが、スキルだけでなく、アイデアや成長する可能性を持っていることのほうが重要な気がしました。僕は経済学部なので、学部だけで判断されるとデジタル職には向いていない。でも、自分でアプリを開発したことや雑誌編集のアルバイトをしていた経験が自分の強みになると思い、アピールしました。

入社後の夢 アジアのダイナミズム伝えたい 「テクノロジー・メディア」支える一員に

最後に入社後にチャレンジしたいこと、
夢を語ってください。

多くのビジネスパーソンが読む日経だからこそ、取り組めるテーマを探していきたいです。特に関心があるテーマは「働き方」。女性の働き方、外国人の雇用など、時代と共に変わりつつある「働き方」に焦点を当てて、働く人みんなを応援できる記事を書いていきたい。そのためにも、社会の様々な方面にアンテナを張り、取材相手との信頼関係を大切にしながら、ニュースを発信する記者になるのが目標です。

僕の目標は「Nikkei Asian Review」をアジアで一番有名なメディアにすることです。アジアのニュースを世界に発信する素晴らしい英文メディアだと思っています。チャンスがあれば、語学留学などの研修だけでなく、海外支局の特派員として、一度は日本を飛び出してみたい。アジア経済の熱気とダイナミズム、経済発展に伴う技術の進化を自分で取材し、自分の言葉で伝えていきたいと思っています。

営業・企画職として、広告営業や販売営業の仕事を通じて、まずはビジネスの基本を身につけたいと思っています。そして、いずれは日本という枠にとらわれず、グローバルな視点でビジネスを仕掛けていきたいです。日経はアジアでCEOやビジネスパーソンを集めてフォーラムを開催したり、海外からゲストを招いてシンポジウムを開いたりしています。フイナンシャル・タイムズ(FT)など海外メディアを傘下に収め、「Nikkei Asian Review」も発行しています。私も海外でビジネスをしている企業を集めて、アジアでシンポジウムを開催してみたい。ビジネスパーソンにビジネスにつながる多様な機会を提供していくのが夢です。

日経のグローバル展開は加速しています。
グローバルな仕事にかかわるのは、
そう遠くない未来かもしれません。

デジタル化が進む今だからこそ、デジタル技術と人をつなぐパイプ役になりたいと思っています。日経は「デジタルとグローバルに力を入れていく」という明確な方向性があります。日経のデジタルサービスが広がるのに伴い、デジタル技術を社内外で説明する場面が増えるはずです。デジタル技術を利用者に教えるアルバイトをしたことがあり、その経験を活かして、日経のデジタルサービスの拡大に貢献していきたいです。

日経は世界最先端のデジタル・テクノロジーを自ら開発し、それを駆使する「テクノロジー・メディア」になろうとしています。AIの知識と大学新聞での経験を活かして、テクノロジー・メディアを支える一員になりたい。AIを取り入れた新しいビジネスを創造することが最終目標ですが、まずは現状を把握して、少しずつ新しいものを積み上げていきたいですね。

「日経がないと、日本経済の先行きが見えてこない」という「社会インフラ」の立ち位置を守り、発展させていくのが目標です。例えば成長性豊かなスタートアップ企業を集めたイベントを開催し、広く知ってもらうような仕事に携わりたい。メディア間の競争は激しいですが、デジタル化一つとっても、業界の慣習にとらわれず、挑戦していく会社が日経だと思います。逆境に立っても信念を曲げず、やり遂げる社会人になりたい。そして、いつの日か、ビジネスを通じた情報発信、ビジネスの新たな文化を創っていければと思っています。

キーワードは、デジタルとグローバル。変化の中で活躍したいし、きっと活躍できる!

その他の対談を見る

TOPへ

pagetop