営業・企画

平野 智章 日経ヨーロッパ社兼FT事業室 2009年入社
※所属部局は取材時点のものです。

日経とFTで新たな「形」作り出す ロンドンで自身の進化を追い求める

プロジェクトメンバーは世界各国から
シナジー効果発揮へ奮闘

 私は日経の欧州におけるビジネス拠点である日経ヨーロッパ社(ロンドン)に出向するとともに、日経本社の組織であるFT事業室に所属しています。FT事業室は日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズ(FT)を買収したことに伴い発足した組織です。東京とロンドンに社員がいて、ロンドンのメンバーはFT本社内に常駐しています。私自身は日経とFTとのシナジー強化のため、共同新事業となるオンライン英語のサービス開発や広告共同セールスチームの支援、さらにはFTの広報チームとの連携などを担当しています。
 なかでもオンライン英語の新サービスの開発プロジェクトは、世界のビジネスパーソンがグローバルビジネスにおける実践的な英語スキルを習得するため、最先端のアプローチとなり得るサービスを提供することを目標としています。
 プロジェクトメンバーは世界各国から集まっており、スカイプを使って打ち合わせしたり、実際に顔を合わせて会議をしたりしています。「世界標準となる英語学習とはなにか」「そのなかで日本市場に受け入れられるためには何が必要か」――。チーム内での議論はあらゆる方面に及びます。マーケティング起点のアプローチが欠かせませんし、目標に対応したコンテンツやシステムに関する開発チームとの連携も必要です。私自身は、プロダクトやセールスマーケティングを中心にかかわっており、多様性あふれるチームで議論を重ねながら日々、奮闘しています。
 プロジェクトチームやFTのメンバーと協働する中で驚いたのは、意思決定のスピードの違いです。私たちは一つの判断をするのにもいろんなセクションの意見を聞きますが、彼らははっきりとした自分たちの役割のなかで即断・即決します。そんな彼らのいいところを見習いながらも、組織で動くことでもたらされるパワーというのも、彼らに伝えていきたい。それができたとき、さらに強力なシナジー効果が発揮されると感じています。

新たなもの取り込むポジティブなパワー
新聞社の枠を超えた活躍の場が存在する

 日経の良さは、自分たちの器の中に新しいサービスを取り込んでいこうというポジティブなパワーがあることです。当然、新聞社として守るべきものはありますが、それさえ毀損しなければ、どんどんチャレンジさせてくれます。私はこれまでいくつかの新規事業立ち上げに携わりましたが、年々、そのフィールドは広がっていると感じます。これから入社する方には、ぜひ日本経済新聞社というイメージや新聞社という枠組みにとらわれないでほしい。日経にはそんな枠を超えた活躍の場があるし、ビジネスを広げていけるチャンスがあるということを知ってほしいと思います。
 私自身、入社した際に海外勤務をするとは思ってもいませんでした。入社して3年間、日経電子版の広告営業に従事し、お客様や社内外のパートナーと共にビジネスゴールに向かう大切さを学び、それが社会人としての基礎になりました。この視点はその後の新規事業開発や現在の仕事でもとても役にたっています。
 ロンドンへの異動が決まった際は、海外で働くワクワク感があった一方、異文化のなかで仕事をする不安や日経がFTを買収した成果を出さねばならない最前線で働くプレッシャーを感じながら渡英しました。文化的背景や言語が異なる人と一緒に仕事をすることは大変なこともありますが、その分成果をあげたときの喜びは大きいです。仕事とプライベートにメリハリをつける欧州ならではの文化は日経のロンドンオフィスにも浸透していて、家族と過ごす時間が日本にいたときより増えたのもロンドンで勤務して良かったことの一つです。
 今年はFTが日経のパートナーとなって3年目、両社で新たな「形」を作っていくフェーズに入ってきていると思います。私が取り組んでいるオンライン英語の新サービスもその形の一つです。
 これまで自分が日本でかかわってきた仕事は、大きなくくりでとらえれば既存の事業の継続や改善が大半でした。でも、いま取り組んでいるのはFTと一緒に「新しいもの作り出す」仕事。得がたい経験をさせてもらっていると思っています。新しいものを作るためには今までのやり方の継続だけではダメだし、自分自身が進化する必要があります。
 数年後に今の仕事を振り返って「やってよかった」と思える形を残したい。そのためにも日々、楽しみながら、成長していきたい。そう強く思っています。

とある日のスケジュール

9:30

出社、日本からのメールなどに返信。

11:00

英語新サービス開発の定例ミーティング(世界各地のプロジェクトメンバーを繋いだビデオカンファレンス)

12:00

FTの広報チームと次回イベントについて打ち合わせ

13:00

ランチ

14:00

日経ヨーロッパ社の広告チームと次回企画について会議

16:00

FTのマーケティングチームとイベント会場下見。運営について打ち合わせ

17:00

資料作成などデスクワーク。明日の予定確認

18:30

同僚と近場のパブで一杯、帰宅

入社からのキャリア

2009年入社
ネット営業本部(現・デジタル事業広告・IDユニット)
2015年
人材教育事業局事業開発部
2017年
日経ヨーロッパ社出向兼FT事業室
記者
  • 池田 将
  • 濱 美佐
  • 島田 学
  • 井上 みなみ
  • 伊藤 学
  • 吉田 三輪
  • 小瀧 麻理子
  • 鈴木 淳
  • 山田 彩未
  • 越川 智瑛
  • 本池 英人
  • 岩﨑 貴行
  • 森下 寛繁
  • 篠原 英樹
  • 小高 顕
  • 三上 秀和
営業・企画
  • 星 貴大
  • 木暮 浩孝
  • 三好 裕介
  • 大竹 真生
  • 中元 健児
  • 平野 智章
  • 有國 優人
  • ぐし宮城 綾子
デジタル
  • 小林 愛美
  • 藤枝 朋久
  • 赤間 夏樹
  • 中村 景
  • 御厨 直樹
情報インフラ
  • 岡本 哲也
  • 印藤 祐介
社員を知るTOPへ
pagetop