営業・企画

星 貴大 東京・販売局 第4部 2014年入社
※所属部局は取材時点のものです。

日経ファンを増やすため、日々、新しい戦略を練る。

日経の代表として
販売店の方たちと接する日々。

 現在は岩手県全域と青森県の半分ほどのエリア計105店舗を担当。日経読者へ新聞を欠かさずに届ける販売網を維持し、新たな読者を増やすために販売店と協働しながら様々な取り組みを行っています。月の前半から中盤にかけては、東京本社で読者獲得にむけた宣伝イベントやキャンペーン企画などの戦略を練り、月の後半は販売店を回りながらその戦略を提案し、販売店と一緒に実行しています。大事にしていることは、自分の常識が世の中の当たり前だと思わないようにすること。販売店の所長さんたちはみんな自分よりも年上の先輩ばかり。そんな方たちに敬意を払わずに、自分の頭の中だけで考えた提案を一方的に打ち出しても仕事がうまく進められる訳がありません。所長さんたちの話にきちんと耳を傾け、日経の代表として自分が来ているという自覚を持ち、効果的な戦略を一緒に立てるようにしています。

読者を増やすことで、
世界をよりよくすることに
つなげていきたい。

 入社1年目のときに、エリア内に学生寮を多く抱える販売店と協力して、販売店主催の就活相談会を企画しました。講師はせんえつながら、私が務めさせていただきました。新人ではあったものの、学生に一番近い立場だからこそ相談に乗って、話せることがあると考えたのです。結果は大盛況。数十人規模のイベントになり、購読につなげることができました。若者の新聞離れを危惧されていた所長さんも大喜びでした。日本経済新聞には、記者が世界中を駆け回って集めてきた『世界』が詰まっています。その情報を読み、人が考え、動き、また新しい世界がはじまっていくのだと思うのです。その情報を届けるための最前線に私がいる。
読者を増やすことが、世界をよりよくすることにつながる。これは世界のビジネスパーソンのパートナーとして読まれている日経の販売営業でしか得られない醍醐味だと思います。フィナンシャル・タイムズ(FT)との連携や、日経電子版の充実など、日経はどこよりも先に、新しい未来を見据え、動いている会社だと思います。その流れを生かしながら、自分にしかできないチャレンジを続けていきたいと思います。

とある日のスケジュール

9:30

出社。会議や資料作成のデスクワーク

11:00

岩手県に向かって移動

12:00

新幹線内で昼食

14:00

1店舗目の販売店に到着。打ち合わせ

17:00

2店舗目の販売店に到着。キャンペーンの詳細を決定

19:00

販売店の方たちと食事。親交を深める

入社からのキャリア

2014年入社
東京・販売局第2部
2015年
東京・販売局第4部
記者
  • 高橋そら
  • 山田 彩未
  • 青木 真咲
  • 黒瀬泰斗
  • 濱 美佐
  • 森下 寛繁
  • 村田篤史
  • 渡辺 直樹
  • 生川 暁
  • 佐竹実
  • 本池 英人
  • 伊藤 学
  • 小高 顕
  • 三上 秀和
営業・企画
  • 星 貴大
  • 黒澤 幸太郎
  • 木暮 浩孝
  • 小野寺 渉
  • 藤枝 朋久
  • 山岸 丈子
  • 当广 千晶
  • 中元 健児
  • 有國 優人
  • ぐし宮城 綾子
デジタル
  • 中村 景
  • 福澤由華
  • 西岡宗一郎
情報インフラ・新聞製作システム
  • 岡本 哲也
  • 印藤 祐介
社員を知るTOPへ
pagetop