募集要項 2019年入社 夏季定期採用試験

応募受付を終了しました。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

日本経済新聞社は2019年4月入社の社員を募集します。報道機関の一員として様々な形で情報を発信していくやりがいのある仕事です。デジタル事業に関心を持ち、国際舞台で活躍できる方のご応募をお待ちしています。
選考の流れについてはこちらをご覧ください。
当社は障がい者の方の採用に積極的に取り組んでいます。障がいをお持ちで下記応募資格に該当する方は、こちらをご確認ください。

応募資格

1990年(平成2年)4月2日以降に生まれた方で、次に該当する方が対象です。
①日本の四年制大学・大学院を2019年(平成31年)3月までに卒業・修了見込みまたは既卒の方
②海外の大学・大学院に在籍している方(交換留学は除く)は日本の四年制大学・大学院と同等の学位で、2019年(平成31年)3月までに卒業・修了見込みまたは既卒の方。
学部・学科は問いません。

募集する職種(記者

※配属先は希望、適性などをもとに決定します

<記者>

「日本経済新聞」などの紙媒体、「日経電子版」、英文の「Nikkei Asian Review(NAR)」に記事を掲載します。
経済や企業の動きだけでなく、政治や社会など読者を取り巻くすべての分野が日経記者のフィールドです。グローバル報道を強化しており、海外取材のチャンスも多く、国内外の記事を英文で世界に発信しています。

職種内容想定される主な配属先
記者 日々のニュースを追いかけるほか、じっくり分析した記事を執筆します。所属部署の担当分野だけでなく、ときにはチームを組んで連載企画の取材・執筆も担います。 編集局

応募方法

ウェブエントリーシートをマイページから送信してください。
テストセンターでの適性検査(SPI、英語を含む)の受検が必須となります。
早めにウェブエントリーシートを提出し、適性検査を受検してください。
応募方法の詳細はマイページをご覧ください。

選考の流れ

①ウェブエントリーシートと適性検査(SPI、英語を含む)による事前選考
  • ・ウェブエントリーシートの提出締め切りは7月22日(日)23:59です
  • ・マイページからウェブエントリーシートを提出してください
  • ・ウェブエントリーシートの提出後、適性検査についてのご案内をメールでお送りします。メールに従って、適性検査(SPI、英語を含む)をテストセンターで受検し、7月26日(木)23:59までに結果を送信してください
  • ・事前選考の結果はマイページ上でお知らせします
②筆記試験
  • ・事前選考を通過された方は筆記試験を受けていただきます
  • ・筆記試験の科目は下記の通りです
    記者=日経TEST準拠問題、作文の2科目
  • ・会場は東京、大阪の2会場となります。
③ウェブテストの受検、1次面接の予約
  • ・筆記試験を通過された方はウェブテストを受けていただいた上、マイページ上で1次面接の予約をしてください
  • ・ウェブテストの受検方法はマイページ上でご案内いたしますので、指定した期日までに受検を完了してください
④1次面接
  • ・筆記試験を通過された方はウェブテストを受けていただいた上、東京で面接を受けていただきます
⑤2次面接以降
  • ・1次面接を通過された方は東京で複数回の面接を受けていただきます

過去の採用者数

2017年入社人数 男性49名、女性25人
2016年入社人数 男性37名、女性26人
2015年入社人数 男性37名、女性21人

ID・パスワードについてのお問い合わせ
ディスコ 新卒採用システム担当
Email:nikkei.saiyo@disc.co.jp
TEL:03-6361-2264(事務局、平日10:00~17:30)

お問い合わせ

日本経済新聞社人事・労務部採用グループ

03-6256-7285saiyo@nex.nikkei.co.jp
pagetop