NIKKEI NET
日経地域情報化大賞2003
トップページ 2003年受賞プロジェクト 審査委員長講評 記念シンポジウム

【受賞者プレゼンテーション】
ナビゲーター: 日本経済新聞社 日経デジタルコア事務局代表幹事 坪田知己  

プレゼンテーションを行う受賞各団体の代表者=14日午後、岐阜県大垣市
 日本経済新聞社は「地域情報化大賞2003」の表彰式に続き、午後からはソフトピア・情報工房のスインクホールに会場を移し、記念シンポジウムを開催した。関山豊成日本経済新聞社常務のあいさつの後、壇上には受賞各団体の代表者が登場、受賞対象となったプロジェクトについてプレゼンテーションをした。

NetComさが推進協議会・鳳雛(ほうすう)塾の西村龍一郎事務局長
 まず、日本経済新聞社賞を受賞した佐賀市のNetComさが推進協議会・鳳雛(ほうすう)塾の西村龍一郎事務局長が、県内に広域ブロードバンドを構築し、ITを活用した教育や地域情報化を進めるプロジェクトを紹介した。自前のインフラで、実践的なビジネスモデルを策定し、さらに現実的なビジネスの構築、人材の養成につなげていきたいと語った。

日本サスティナブル・コミュニティ・センターの高木治夫代表理事
 京都市の日本サスティナブル・コミュニティ・センターの高木治夫代表理事は商店主や地元企業が基地局のオーナーとなり、既存の回線に公衆無線インターネット用のアクセスルーターを接続して基地局とする「みあこネット」の取り組みを紹介。自宅やオフィスだけでなく、”日本中どこでも使えるインターネット”を提唱した。

人吉球磨広域行政組合の永井雄二企画課長
 熊本県人吉市の人吉球磨広域行政組合の永井雄二企画課長は、住民が企画し、自らビデオカメラを持って取材、編集して番組を発信する取り組みを紹介した。活動拠点の整備や運営資金の確保によって、街づくりの地域リーダー養成、さらにはビジネスチャンスの創出にまで結びつけたいと語った。

桐生地域情報ネットワークの塩崎泰雄理事長
 群馬県桐生市の桐生地域情報ネットワークの塩崎泰雄理事長は、地域の文化・伝統産業・歴史・観光情報などを紹介するサイトを紹介した。ごく限られた地域で、地域のためにどうITを生かすのか――”未来の子供たちに残す街づくり”について語った。

つくば市教育委員会の毛利靖指導主任
 最後にCANフォーラム賞を受賞した茨城県つくば市つくば市教育委員会の毛利靖指導主任が、都市部と周辺地域での格差が広がる中で、いい教育を受けさせたいという住民の願いにITでこたえる取り組みを紹介した。市内53校をネットワークでつなげ、1000人の教員にどの学校のどの生徒からでも質問できるシステムの実例は強い関心を集めた。
記念シンポジウムトップへ >>

 NIKKEI NET ▲ 上へ 
(C) 2003 Nihon Keizai Shimbun, Inc. All rights reserved.