調査概要
  • 調査主体:日本経済新聞デジタルメディア  / 調査委託先:(株)日経リサーチ  / 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2008年3月4日~3月10日
  • 調査対象者:日経リサーチアクセスパネルのうち、NIKKEI NETを週1回以上見ている方に調査協力を依頼
  • 回収数:4928件 (重複回答は除く)

その5:Wii Fitを利用して感じた効果

さまざまな効果を期待してWii Fitを始めたユーザーは、実際に期待どおりの効果を得られたのだろうか?
アンケート結果からみていこう。

効果は「定期的な運動」「バランス改善」「リラックス」「家族との会話」

ユーザーに実際の効果について聞いてみると、3人に1人が「定期的に運動するようになった」と答えている(34.8%)。 次に、「体のバランスが良くなった」(31.2%)、「リラックスできる時間が増えた」(27.0%)と続く。 具体的に健康への好影響がある、と感じている人が多いようだ。
そして次に続くのが「子供と会話する機会が多くなった」(22.5%)。「配偶者(恋人)と会話する時間が増えた」(18.9%)とあわせて、家族との会話が増えている様子がうかがえる。
また「食事に気をつけるようになった」人も20.2%いる。Wii Fitをきっかけに、運動以外の健康管理にも気を使う人が増えたようだ。
さらには、実際に「体重が減った/BMI数値が改善された」という人が14.8%いる。発売されてからまだ数カ月だが、早くも数値に表れる効果が出ている人もいるようだ。

減ったのは「テレビ」「だらだら」「間食」

Wii Fitを利用するようになって、減った時間・減ったことは、1位「テレビを見る時間」(50.3%)2位「ダラダラ過ごす時間」(43.9%)と、余暇を活用してWii Fitをプレイしているようだ。
また3位には「間食をすること」が入ってきており、上の実際の効果の質問で「食事に気をつけるようになった」というのと同様、健康管理への意識が高まったことが浮き彫りになっている。

次項では、利用時の具体的なエピソードを見てみよう。
(次ページへつづく)