「日経NEEDS」は企業・市場・景気分析のニーズに応える日本経済新聞社のデータサービスです

活用4:売れ筋キャッチ


経営判断のサポートに使いたい(経営戦略部門)

狙っている市場(商品カテゴリー)が伸びているのか、縮小しているのか、競合商品とのシェア争いは――。市場の変遷を時系列で把握し、その市場でさらに戦うのか、あるいは撤退が得策なのか、経営判断を支援するデータをご提供します。特定の商品カテゴリーを詳しく見ることができるNEEDS-SCANがおすすめです。

日経POS情報


買い手を知りたい(商品企画・開発部門)

購入者の年齢、性別や買った時間や店舗立地などをコンビニエンスストア(CVS)のレシートから明らかにする「日経CVSレシートデータ」がおすすめです。狙ったとおりの顧客層に売れているのか、商品企画・開発部門で威力を発揮します。

日経POS情報・レシートデータ


店頭での売れ行きを追跡したい(営業部門)

日々の売り上げデータを詳しくチェックできるNEEDS-SCAN/TRENDをおすすめします。個別店のデータも提供しているので、店頭の動きが手に取るようにわかります。

日経POS情報・SCAN/TREND


販促プランを策定したい(広告・宣伝・販促部門)

NEEDS-SCAN/TRENDを使えば、週次ベースの販売データを長期間追えますので、過去に実施した販促プランや広告の効果はどうだったか検証でき、新たなプラン立案に役立ちます。

日経POS情報・SCAN/TREND


インハウス・データベースにデータを取り込みたい

NEEDS-SCANがうってつけ。お客様のデータベースへ直接データを伝送します。自社内のインハウス・データベースにPOSデータを取り込み、自社データと組み合わせたデータ分析にお役立ていただけます。

日経POS情報・SCAN