NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
 

■初心者入門

 

第1回 競馬場とはこんなところ

  競馬場の開門は、基本的に午前9時。ダービーや有馬記念のような大レースのある日を除いて12レースが開催され、メーンのレースはおおむね午後3時30分前後に始まる。レースはおよそ30分ごとに発走するので、この間にパドックや新聞を参考にしながら予想し、窓口で馬券を購入することになる。レースを観戦する場所はさまざま。スタンド席、馬場の前、内馬場のどこからでも観戦できる。


「競馬場の施設」

東京競馬場の全景

パドック
 下見所ともいわれ、レースに出走する馬を間近に見ながら調子をチェックするところ。レースの発走30分前になると馬がここに現れて周回を始める。生き物である馬はその日の調子に大きく左右されるので、パドックで馬を見ることは予想に大きな材料を提供してくれる。
スタンド
 馬券を発売する窓口や観戦席、レストラン、売店、グッズショップなどがある場所。スタンドからはほとんどどこの競馬場でもコースを一望できるので、双眼鏡を片手にレースの全ぼうを把握できる。双眼鏡の貸し出しサービス(有料)も行われている。スタンドには自由に座れる一般席のほかに、有料の指定席がある。指定席はさまざまな席種に分かれていて、値段や場所もそれぞれ違う。さらに予約販売の席と当日販売の席があり、大レースのある日は前もって抽選販売になることもある。
スタンド前
 スタンドと馬場の間にあり、最も近くからレースを見られる場所。馬が駆け抜けていく際の地響きや騎手のかけ声、鞭(むち)の音などを肌で感じることができる。特にゴール板前は競馬場でも最も人気のある場所の一つ。レース後に優勝馬やその関係者の表彰式をするウイナーズサークルもここにある。
馬場
 馬がレースをするコース。コースには芝、ダート、障害のコースがあり、GTのような大きなレースはほとんどが芝コース。コース形態は競馬場によってさまざま。長い直線のあるコースや途中に急な坂のあるコースなど、それぞれの特徴によってレースも大きく変化する。
内馬場
 馬が走るコースの内側にある場所のこと。馬場の地下を通る通路から行くことができる。芝生や遊び場が無料で開放されており、家族連れやカップルの方にお薦め。ピクニック気分で競馬観戦を楽しむこともできる。


ターフビジョン
  馬場内にはターフビジョンという大型テレビが設置されている。スタンドから見えない向こう正面やパドックの様子、オッズ情報などを提供してくれる。
 「写真/日本中央競馬会」



■コラム一覧
■北海道牧場紀行
■初心者入門

【第1回】
競馬場とはこんなところ
【第2回】
競馬、基礎の基礎
【第3回】
馬券はどうやって買う?
【第4回】
競馬新聞の読み方
【第5回】
レースの楽しみ方
【第6回】
オッズと払い戻し
【第7回】
地方競馬の楽しみ方
【第8回】
サラブレッドとは?
【第9回】
パドックで馬を見る
【第10回】
レースの体系

著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.