NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 最新重賞情報
  馬三郎の目

スプリンターズS(GT)

<栗東>

 キーンランドCを制したチアフルスマイルは、DWで6F82秒7、3F39秒1―12秒1を馬なりでマーク。身のこなしが素軽く、張りのある馬体を誇示しており、ここ一連の出来はキープしている。

 春秋スプリント王を狙うオレハマッテルゼは、坂路で4F51秒7―13秒5(単走)の好時計をマーク。テンに飛ばした分ラストは少し甘くなったが、大バテせず上々の踏ん張りを披露。一追いごとに馬体も絞れ、着実に良化をたどっている。

 北九州記念4着のタマモホットプレイは、坂路でオースミサムソン(古馬500万)と併せ、4F52秒9―13秒0とまずまずのタイムで先着。特にグンと良くなった印象は受けないが、この馬なりにしっかりとした動きを見せており、順当に良化が見込めそうな雰囲気。

 セントウルSを圧勝し、初代サマースプリント王者の座に輝いたシーイズトウショウ、京成杯AHを逃げ切った3歳馬ステキシンスケクンは、ともにレース間隔が詰まるため、終始軽めの調整。来週の追い切りに注目だ。

(栗東時計班・下殿剛史)


日経記者の目
スプリンターズS(G1)
 

札幌2歳S(G3)
 

シリウスS(G3)
 

馬三郎の目

スプリンターズS(G1)
札幌2歳S(G3)
シリウスS(G3)



著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.