NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 最新重賞情報
  日経記者の目 ■当時の力があれば、サイレントウィットネス

 【スプリンターズS】10月1日中山、G1・芝1200メートル

 大混戦となった「サマースプリントシリーズ」は、夏場に実施されながら、現在の短距離路線の駒不足を見事に露呈してしまった。牝馬の5戦全勝。3戦は1600万条件馬が勝った。秋から始動する大物もいるわけではなく、4頭の外国馬の壁はかなり厚いだろう。

 連覇を狙うサイレントウィットネスは3度目の来日。昨年は地元・香港のオフを挟んで安田記念、スプリンターズSで「(3)(1)」だったが、どちらも印象的な内容だった。東京1600メートルという厳しい条件での粘り込み。前日に放馬しながら、デュランダル、アドマイヤマックスを完封した勝利。当時の力があれば連覇は確実だが、帰国後に体調を崩し、05―06シーズンは不振のまま終わった。4月には1400メートル戦でジョイフルウィナーの2着に入ったが、4カ月半の休養でどこまで戻ったか。地元では復調ムードが伝えられているが…。

 豪州のテイクオーバーターゲットは一足早く来日し、セントウルSで2着。ウインレジェンドと先手を争い、4コーナーで早めに先頭に立ったが、中京巧者のシーイズトウショウに3馬身差の完敗。ただ、当時はほとんど追い切りらしい追い切りも消化せず、レース自体が調教替わりという豪州馬らしい使い方。むしろ好結果と言える。昨年のケープオブグッドホープに続き、「グローバル・スプリント」に積極参戦する1頭。夏は英ロイヤルアスコット開催の2戦とジュライCで「(1)(3)(7)」。型通り調子を上げれば首位候補に。

 残る2頭は英国馬。ベンバウンはレーティング115ながら、関係者によると「実際は2―3ポンド低い評価が妥当」といいやや格下。レザークの方はゴールデンジュビリーS、ジュライCとG1連覇。テイクオーバーターゲットとの対戦では2勝1敗だった。地元の利を考えると過信は禁物で、欧州勢には日本の速い馬場への対応の難しさがつきまとう。ただ、実力は芝短距離路線で世界トップクラスに位置しており、日本の馬場への適性さえあれば、好勝負は可能。

 日本勢は正直、苦しい。格ではオレハマッテルゼだが、前回の安田記念は1番人気を裏切り10着。芝1600メートルではフジサイレンスに負けている馬で、G1で人気になる自体が間違いという感もあった。重賞でなかなか勝てず、柴田善騎手の進言で参戦した高松宮記念が初重賞だった。続く京王杯SCはスローペースに落として逃げ切ったが、明らかに展開に恵まれた。今回は高松宮記念と同じ1200メートルでも坂のある右回り。中山は2着1回。コースは問わない方だが。

 シーイズトウショウは「サマースプリント」に、結局3回も走った。キーンランドCを押し切っていれば、ここに直行できたが、チアフルスマイルに差されたため、シリーズ制覇を狙って中1週でセントウルSへ。ここは圧勝だったが、当日は体重10キロ減。昨年のこのレースでは体重32キロ減で全く動けなかった"前科"もある。もともと平たん向きで、中山は3戦とも4着以下。体重減なら軽視。

 ステキシンスケクンは京成杯AH優勝。1600メートルのG3を2勝したが、もっと短い距離の方が良いか。1200メートルで前進が期待できる。



日経記者の目
スプリンターズS(G1)
 当時の力があれば、サイレントウィットネス

札幌2歳S(G3)
 現在のレコードホルダー、ナムラマース

シリウスS(G3)
 逃げて新味を発揮、サンライズキング

馬三郎の目

 スプリンターズS(GT)
  ビーナスライン
シンボリエスケープ

 スプリンターズS(GT)
  チアフルスマイル
オレハマッテルゼ
タマモホットプレイ
シーイズトウショウ
ステキシンスケクン

スプリンターズS(G1)
札幌2歳S(G3)
シリウスS(G3)

著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.