NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (7/19)狂乱のマネーゲーム 第9回セレクトセールから
 一瞬、鑑定台の下にいるのが、生後5カ月の牝馬であることを忘れてしまった。見ていて現実感覚を失うような10分間。どよめきはやがて奇妙な静寂に変わり、電光掲示板に「60000」の数字が映し出されると、しばらくしてハンマーが落ちた。11日のセレクトセール(日本競走馬協会主催)第2日。当歳の70番目に登場した「トゥザヴィクトリーの2006」(父キングカメハメハ)の争奪戦は、当歳世界最高の6億円(税抜き、以下同)で決着した。アラブ首長国連邦・ドバイのシェーク・ムハンマド殿下系列の「ダーレー・ジャパン」に競り勝ったのは「グローブエクワインマネージメント」(以下GEM)。藤沢和雄厩舎のレーシングマネジャー、多田信尊氏の仲介業者であり、氏名を明かしていない馬主の代理購買だった。

 創設9年目のセレクトセール。本来なら、8年ぶりに復活した1歳馬部門が注目を集めるはずだった。6億円の一撃は、3日間の様々な出来事の印象を遠くに追いやった感がある。3日間の売却総額は117億5450万円。一昨年の国内軽種馬産業の産出額は約385億円(農水省調べ)だから、産業全体の1年の水揚げのざっと3割を、3日間でたたき出したわけだ。吉田照哉・日本競走馬協会会長代行は「“素晴らしい”を通り越して、“恐るべき”市場だった」と評した。飛び交った数字は確かに、terribleの表現がふさわしい。

 〔人が主役の大相場〕

 6億円馬の争奪戦には、当初は父母の馬主だった金子真人氏や、復帰した関口房朗氏も加わっていた。だが、4億円台に突入すると、さすがに2人とも撤退。ダーレー・ジャパン(以下DJ)とGEMだけが残った。DJ系列のダーレー・ジャパン・ファームは今夏、JRAの馬主登録を申請していたが、4―5日にかけての審査で却下されていた。ムハンマド殿下は今回の結果に強い不快感を示す一方で、JRA参入への意欲は全く変わらないといい、不退転の決意を示す意味で、今回のセリでも1億円レースに次々に参戦した。多田氏も落札後、「(依頼者に)『絶対に降りてくれるな』と言われていた」。互いに引けない同士だった。

 結果は2000年セレクトセールで後のアドマイヤグルーヴについた2億3000万円の約2.6倍。アドマイヤグルーヴはこの市場では第一級の成功を収めたが、生涯獲得賞金は5億5133万5000円。しかも、父サンデーサイレンス、母エアグルーヴ。国内にこれ以上の血統馬はいなかった。キングカメハメハは初年度産駒が今年誕生。昨年の種付け料は600万円だった。一昨年、父ダンスインザダーク、母エアグルーヴの牡馬が種付け料に70倍の4億9000万円がついた。これでも十分にクレージーだが、今回は牡の3―5割が相場の牝馬に、種付け料の100倍。いかに常軌を逸した額かがわかる。6億円を筆頭に、DJの落札したクロフネの全弟が3億円。1億円の大台に乗った馬が当歳だけで11頭と過去最多。サンデーサイレンス最後の産駒がいた03年は9頭、ディープインパクト(7000万円)の年は7頭である。サンデーの威光を知る人にすれば、奇異に映るだろう。

 結局、サンデーを失ってから4回にわたって、この市場を支えてきたのは新たな顧客だった。昨年、父シンボリクリスエス、母マストビーラヴドの牡馬を2億1000万円で落としたのは、会計ソフト大手「オービック」に連なるダノックスだった。今回、1億円以上の高額馬を落札したのは、多田氏とGEM名義で5頭、DJが2頭、昨年は不参加だった関口氏が4頭、あとは金子氏、近藤利一氏、青山洋一氏が1頭ずつ。関口氏の復帰に加え、ここ2年は1億円レースを見送っていた金子氏も参戦するなど、新旧の大手オーナーが集結したことで、1日の会期延長も消化して、大相場を現出した。

 〔物色に方向感なく〕

 当歳の1億円馬を見ると、キングカメハメハ産駒が3頭で最も多いが、それ以外はフサイチペガサス産駒が2頭いるだけであとは1頭ずつ。確かに、今年の3歳戦は、「何を買うべきか」の指針が消えた状況を物語る。馬を買って金銭的に成功するのは、宝くじで高額当選金に当たるようなものだが、サンデー時代には、統計的に有為な「確率の高い売り場」があった。だが、今年のクラシック勝ち馬はすべて日高産。とは言え、日高には売り場が数多く散在していて、確率も社台系に劣る。結局、購入の網を社台系、特にノーザンファーム生産馬全般に広げざるを得ない。

 サンデーのような絶対的存在を別にすれば、買い手は概して新しもの好きである。今春はフジキセキ産駒が活躍したが、当歳のフジキセキ産駒は平均価格こそ約3614万円と堅調だった半面、14頭中7頭が未売却。ダンスインザダーク産駒も24頭中18頭が売れたが、平均価格は約3169万円。答えの出ていないキングカメハメハは、43頭中31頭が売れて平均価格約5629万円。6億円の一撃を除いても、約3817万円。ネオユニヴァース(17頭中13頭売却、平均価格約3892万円)と並ぶ人気ぶりだった。数年前からこの市場を“素人相場”と呼ぶ声が聞かれ始めたが、サンデーの穴を新規顧客の資金力がヘッジする流れは、この傾向を増幅している。中堅クラスの馬も連れ高となり、この層を物色する買い手に疲弊の影が忍び寄っている。

 〔復活した1歳部門 日高勢苦戦の背景〕

 当歳部門の活況の影に隠れた感もあるが、1歳馬部門では社台系と日高勢の明暗が分かれた。セリ全体を通して、社台系5名義で未売却はわずか3頭。1歳部門では74頭中2頭が未売却で、売却率は97.3%だった。対する日高勢は91頭中54頭が売れず、売却率40.6%にとどまった。昨年の場合、社台はあわやパーフェクトだったが、日高勢も売却率67.6%と健闘した。だが、1年以上前に1歳部門復活が打ち出された後、社台系は米国のスリーチムニーズ、テイラーメイドと言った有力牧場に従業員を派遣し、見栄えの良い歩かせ方を研修させるなど、周到な準備を進めていた。もちろん、昨年の当歳部門に出すような持ち駒を、意識して残していた。最初から持ち駒が限られている上、ソフト面の準備も遅れた日高勢との差は、ある程度やむを得ない。

 また、1歳部門では牧場のブランドが物を言う側面もある。当歳と2歳の調教セールはデジタルな性格が強い。当歳は血統という記号が頼り。2歳なら調教タイムという有無を言わさぬ数字が出て来る。「タイムを追求しない」はずのJRAブリーズアップセールでも、昨年の1番時計を出したダイワパッションは重賞2勝で出世頭となり、今年の1番時計(400メートル22秒5)のエイシンイッテンも、京都で早々と勝ち星をあげた。1歳の場合、こうした指標がなく、「見栄え」という頼りない材料だけでは、馬は買いづらい。だが、社台系のブランドは買い手に安心感を与えるのだろう。極端な差が出たのはクロフネ産駒で、上場11頭中、社台系4頭に買い手がついたが、他の7頭は未売却。ブランドの威力極まれりだ。1歳となれば、秋には本格的な育成・調教が始まる。吉田会長代行は、「(社台系の)馬は、売れても来年までここにいる。面倒見の良さも評価されたのだろう」と話す。育成技術込みの価格ということか。

 〔ポストサンデーの決算〕

 今年の2歳戦は、掛け値なしのポストサンデー時代の始まりである。04年セレクトセールでは、ダンスインザダーク産駒に途方のない値がついた。だが、現3歳世代を見る限り、競馬場でのダンスインザダークは“押し出された人気馬”であり、「同輩者中の首席」の座も安泰とは言い難い。現2歳世代以降の高馬は、セリ場と競馬場では立ち位置が違うと考える方がロジカルである。値段なりの結果を出されれば脱帽するしかないが、期待外れだった場合、来年以降のセリの空気は変わるだろうか? 馬を買うのは虚栄心の表れであり、外野が費用対効果などとヤボなことを口にするのは余計なお世話かも知れない。ただ、日本の競馬界が、馬を持って本当に楽しい場かどうかは甚だ疑問である。この点も含めて、大相場の真価が問い直される時は確実に迫っている。

◇主な種牡馬別の売却率と平均購買価格
売却率 価格計 平均
【当歳】
キングカメハメハ 11/15 73.3 1745000 56290
フレンチデピュティ 10/11 90.9 522000 52200
クロフネ 10/14 71.4 411000 41100
スペシャルウィーク 8/15 53.3 320500 40063
ネオユニヴァース 13/17 76.5 506000 38293
アグネスタキオン 11/15 73.3 403500 36682
フジキセキ 7/14 50 253000 36143
ダンスインザダーク 18/24 75 570500 31694
シンボリクリスエス 15/26 57.7 429000 28600
ワイルドラッシュ 8/10 80 191500 23938
【1歳】
アグネスタキオン 7/9 77.8 350000 50000
クロフネ 4/11 36.4 189000 47250
シンボリクリスエス 12/16 75 378000 31500
ダンスインザダーク 6/12 50 180500 30083
サクラバクシンオー 8/11 72.7 221500 27688
フジキセキ 7/8 87.5 164500 23500
SOB 7/7 100 136000 19429
(単位千円。GEM=グローブエクワインマネージメント、DJ=ダーレー・ジャパン、SOB=スウェプトオーヴァーボード) 

◇1億円以上の高額馬
母馬名 価格 落札者 父馬名
【1歳】
ヴェイルオブアヴァロン 2.05 多田信尊 Pivotal
シルクプリマドンナ 1.2 関口房朗 ダンスインザダーク
リアリーライジング 1 関口房朗 ダンスインザダーク
【当歳】
トゥザヴィクトリー 6 GEM キングカメハメハ
ブルーアヴェニュー 3 DJ フレンチデピュティ
ローザロバータ 1.62 近藤利一 キングカメハメハ
ガゼルロワイヤル 1.52 多田信尊 アグネスタキオン
マストビーラヴド 1.4 DJ SOB
ファンジカ 1.2 関口房朗 ネオユニヴァース
ブロードアピール 1.12 金子真人 HDキングカメハメハ
スキーパラダイス 1.04 GEM タイキシャトル
ディヴォーステスティモニー 1 関口房朗 FusaichiPegasus
スーア 1 GEM シンボリクリスエス
ファーストナイト 1 青山洋一 FusaichiPegasus
(売却率は%、単位は億円)



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (9/4)セリ市場の回復傾向と生産界の今後
(8/14)馬主登録申請はなぜ却下されたか ダーレー問題の波紋
(7/19)狂乱のマネーゲーム 第9回セレクトセールから
(7/3)曲がり角のクラブ法人 馬主制度の再構築
(6/23)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(2)
(6/16)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(1)
(6/6)混迷の時代が始まった ポストSSの日本競馬
(5/15)"名馬の墓場"の終焉(しゅうえん)?
(4/24)"反転攻勢"と番組改革
(2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.