NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (7/3)曲がり角のクラブ法人 馬主制度の再構築
 前2回でクラブ法人への国税庁の指導について検討してきた。今回の動きの真の狙いはどこにあったか? あくまでも推測の域を出ないが、“本丸”が社台グループであったことは想像に難くない。国税庁がどう動くにせよ、常に重視するのは徴税コストである。何しろ、源泉徴収という世界でもまれな低コストの徴税方法を続けている国である。競馬業界を調査するとなれば、1番目立っている部分に照準を合わせるのは当然だろう。一般出資者への課税も、19社しかないクラブ法人に源泉徴収させるという手っ取り早い方法である。損を重ねて来た出資者には、お気の毒様というほかはない。

 〔最も不利なのは誰か〕1回目でも触れた通り、社台グループはクラブ法人の法的枠組みを、現在の匿名組合方式から任意組合方式に移行するよう主張し、「国税庁も否定的ではない」としている。あえて国税庁の姿勢を推測すれば、「税収に大差はなく、どちらでも構わない」と言ったところか。ただ、一般に任意組合の方が、会員の組合財産への支配権は強い。40人なら40分の1の「持ち分」となるが、匿名組合の場合、業務執行者側の主導権が強い(だからJRAも認めている面もある)。例えば、出資馬が種牡馬入りした際の会員への配分金は、当初は全額だったが、活躍馬が出るとともに60%に削られ、出資者には不利な形となった。また、クラブ(=業務執行者)と、種牡馬を供用する側が事実上、一体である場合が多いためか、価額が低めに設定される場合も多い。種牡馬入りする馬はほんの一握りだが、だからといって看過できる話ではない。

 前2回で述べた通り、馬主団体は長年、クラブ法人を圧迫してきた。批判の中身は、目障りな競争相手の排除を狙ったタメにするものだが、一つだけ当たっているのは「馬主登録をメシの種にしている」というもの。クラブが出資者から得る手数料は、素直に取れば競走への参加やカネの配分のため、クラブ側が提供した役務の対価だが、クラブ側に馬主登録がなければ、そもそも商売が出来ない。逆に言えば、もっと簡単に馬主になれる状況下で、クラブ法人という業態は成立しただろうか? 以前の当コラムでも触れたが、諸外国のような緩やかな馬主制度なら、クラブが担う役割は、「共有コーディネーター」のような形で代行されるだろう。人脈と情報さえあれば誰でも参入できるから、競争も激しくなる。業者の数も19では済まない。種牡馬入りの際、業者側が4割も抜くなど論外だ。個人的なことを言えば、筆者は過去に、クラブ法人に1円も出資したことはない。出資者の立場が余りに不利に思えたからである。競馬界への貢献は認めるが、クラブ法人が、日本独特の馬主制度のすき間を突いた過渡的存在であることは、押さえておく必要がある。

 〔共有制度の使い勝手〕“大衆競馬”の日本では、馬の所有形態にも「薄く広く」というスタイルが欠かせない。だが、JRAの共有制度は使い勝手が悪く、クラブ法人の成長をアシストした面がある。JRAでは個人で馬主登録のある人が、10人を上限(地方は20人)に共有できる。海外では大人数の共有が珍しくないが、背後関係の調査を避けて通れないため、JRAは共有者の人数を増やすことには消極的と映る。すき間を埋めるのは01年にスタートした組合馬主制度だが、今年当初の登録数は34件にとどまる。組合馬主は経済的要件のハードルを下げた上で、「3―10人」で登録を受け付けているが、大半の組合は3―5人で構成される。10人ともなると、「仲間内」の範囲を超えてしまうようだ。その意味では、社台グループなどが展開している10人の共有は大型ファンドと言えなくもない。組合馬主が十分に機能していない一因には、個人馬主が参加できないこともある。「1人1名義」がJRAの建前だが、こだわるほどの問題でもないだろう。また、個人馬主が「馬秘書」を置く例があるが、共有や組合についても、免許制や契約内容の開示を前提に、専門的な業務代行者を認めるのも一つの選択肢ではないか。

 〔揺らぐ現行制度の前提〕JRAの馬主制度を論じる上で、「公正確保」の4文字を避けては通れない。少なくともJRAは、現在の制度こそ公正の基盤であると思っている。だが、実はこの部分、突っ込みどころが満載なのだ。例えば、登録の際の交遊関係のチェックだが、ひとたび通ってしまえば、フォローはない。極端な話、登録の翌日にその筋の人と兄弟の盃を交わしても、何の手出しもできない。近年は個人情報保護という難題も持ち上がっているため、この種のセンシティヴ情報の収集自体が難しくなった。また、現行制度が確立されたのは1966年で、それ以前には問題のある人も相当数、入り込んでいたとされる。ともかく、強制捜査権のないJRAの審査には限界があり、自己満足に終わっている面も否めない。

 経済的要件にしても同じ問題がある。早い話、昨秋に登録された人の資産目録に「ライブドア株」が入っていたら…。持ち株数次第で、瞬時に要件を満たさなくなる。当コラムでも再三触れたが、経済的要件の真の意味は、預託料の焦げ付きを防ぎ、厩舎経営を安定させることで、不正への誘因を減らすことである。買い手の信用力の見極めは、物やサービスを売る側の責任であり、いかに現在の制度が厩舎側に過保護なものかがわかる。だが、まだ美浦だけとは言え、複数の厩舎が自主廃業する時代である。どういう馬主を選ぶかは、厩舎にとって死活問題で、「大丈夫」と踏んだ相手には、馬を持たせても良さそうなものだ。あるクラブ関係者は「(馬主が増加傾向にあった)バブル期には、経済的要件は段階的に厳しくなっていた」と明かす。どうも、競争相手の増加を嫌った馬主団体の意向も働いていたようだ。不況期には「馬主登録数が減っている」と窮状を訴えていたはずだが…。結局、公正確保策の一環であるはずの経済的要件は、馬主の既得権を守る防波堤になっていたのだ。

 〔議論の場の構築〕クラブの問題とは直接、関係しないが、馬主制度全体が、曲がり角に来ている。「公正」を看板にしつつ、安定(=既得権の保護)に傾いていた現在の制度は、馬主数の減少や国際化で揺さぶられている。今後は「プレーヤーの確保」と「競争」がテーマとなる。転換期に即した新しい枠組みを構築するには、まず議論の土俵を整えることが欠かせない。現在の馬主登録基準は、JRA審査会が馬主登録審査委員会の意見を聴いた上で設定する。だが、登録審査委員会には弁護士や税理士、JRA役職員経験者などの学識経験者(9人)とともに、馬主団体代表(6人)が加わっている。登録審査のみに限っても、基準は外形的なものであり、あえて馬主代表を加える必要性は説明不可能だ。むしろ、潜在的な競争相手の参入の可否を審議する場に、利害関係者が入っていては、「不公正」との批判を招くだろう。各団体が気にくわない人を排除するのは自治権であるが、登録審査自体に介在すべきではない。

 7月4日の登録審査委員会では、ダーレージャパン(DJ)の申請が俎上(そじょう)に上る。日本競走馬協会(会長・河野太郎衆院議員)が昨年6月、JRAに文書で「慎重な対応」を求めたいわくつきの案件である。結果は当日を待つほかないが、こうした政治問題化した案件を現在の審査委員会で扱うのも問題がある。JRAが方向性を示さない限り、学識経験者選出の9委員がこの重要課題のキャスティングボートを握ることになる。昨年の申請の際は、JRA側が「書類の不備」を指摘したという。判断を先送りする策とも取れるが、いつまでも小手先の対応を続けることは出来ない。

 現在の馬主制度の大枠が整備されて、今年で40年になる。この体制の問題点は、競馬施行者が行いうる公正確保策の限界を直視していないことだ。国際化の進展や、多様なプレーヤーの参入を促す観点から、枠組みの改革に向けた議論を進めるべきである。極力、利害関係者から距離を置いた土俵を、早期に立ち上げる必要がある。(この項終わり)



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (9/4)セリ市場の回復傾向と生産界の今後
(8/14)馬主登録申請はなぜ却下されたか ダーレー問題の波紋
(7/19)狂乱のマネーゲーム 第9回セレクトセールから
(7/3)曲がり角のクラブ法人 馬主制度の再構築
(6/23)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(2)
(6/16)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(1)
(6/6)混迷の時代が始まった ポストSSの日本競馬
(5/15)"名馬の墓場"の終焉(しゅうえん)?
(4/24)"反転攻勢"と番組改革
(2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.