NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (6/6)混迷の時代が始まった ポストSSの日本競馬
 「種牡馬の体調が悪い時期に交配すると、産駒の出来も悪くなるのか」――。昨年秋ごろ、社台グループでは、こんな声が聞かれていたという。今年の3歳世代は、大種牡馬サンデーサイレンス(以下SS)のラストクロップとして注目を浴びていた。だが、2歳の秋を迎えても、なかなか勝ち進まない。この世代の種付けが行われた2002年春、SSは後に致命傷となるフレグモーネを発症。5月初旬で種付けを中止した。同年の産駒は107頭にとどまり、200頭を優に超える種付けをしていた前年の6割以下に減少していた。

 06年春のクラシックは、こうした懸念を裏付ける形で終わった。SS産駒は皐月賞が3着、桜花賞とオークス、日本ダービーの2着が最高に終わり、4年ぶりに春の牡牝4冠を勝てなかった。SS産駒がクラシックに参戦し始めた1995年以降、1つも勝てなかったのは97年、02年に次いで3度目だが、過去2回と今年とでは全く意味が異なる。97年も02年も、牡の2冠を制したのはブライアンズタイム(以下BT)産駒だった。最大最強のライバルがまだ健在で、SSが見せたスキを突いていたのだ。だが、今春のBT産駒はSS以上に存在感が乏しく、5日の時点で3歳オープン馬はタガノバスティーユ(ファルコンS)、ブロンコーネの2頭。クラシックにもブロンコーネがオークス(16着)に顔を見せただけで終わった。

 SSの不振、BTの衰えが表面化した年に浮上したのは、オペラハウス産駒の2冠馬メイショウサムソンと、キングヘイロー産駒で無敗のままオークスを制したカワカミプリンセス。オペラハウスは今も日本軽種馬協会(JBBA)が供用している。キングヘイローはJBBA種牡馬だったダンシングブレーヴの唯一最良と言って良い後継種牡馬。ご丁寧にも、メイショウサムソンの母マイヴィヴィアンは、ダンシングブレーヴ産駒と来ている。2大種牡馬時代に自力で幕を引くような種牡馬は、民間牧場にいなかったのである。

 周知の通り、JBBAの種牡馬は毎年、JRAの購買担当者が国内外で買い付け、JBBAに寄贈している。JBBAは寄贈された種牡馬を市場価格より安い種付け料で供用し、プールした収入で5年に1頭のペースで自らも種牡馬を購入している。オペラハウスはJBBAが自ら導入した。現役時代の93年、エクリプスSや「キングジョージ」を勝ち、ジャパンC出走も有力視されたが、レース前に売買が成立。「勝負服はどうするのか?」という意地悪な声も上がり、そのせいではなかろうが、出走はさたやみとなった。JRA=JBBAの種牡馬事業に対しては、以前から「民業圧迫」の批判が絶えなかった。社台グループの創設者で今は亡き吉田善哉氏は、批判派を代表する存在だった。今春のSSの不振は社台グループを直撃。昨年はNHKマイルCを含め、春の3歳G15競走をノーザンファーム生産馬が全勝したが、一転して今年は勝ち星なし。SSが築いた社台グループの黄金時代に、JBBA種牡馬につながる馬たちが幕を引く。草場の陰の善哉氏はどんな思いで見ただろう?

 「社台対日高」の構図で見ても、今春はNHKマイルCを含め、日高の全勝だが、特徴はその点にとどまらない。今世紀に入ってから昨年まで、日高生産馬は3歳G1を10勝したが、3勝の下河辺牧場を始め、多くは有力馬主との関係が深い大手牧場で占められていた。ところが、今年は繁殖牝馬10頭前後の小規模牧場が気を吐いたのである。過去5年の日高産3歳G1馬の父を見ると、SSが3、BTが2で、他にトニービン、ホワイトマズル、ダンシングブレーヴ、タイキシャトル、ラストタイクーンが1頭ずつ。日高が社台の種牡馬に依存していた事実は、社台系種牡馬が半数を占めた点に現れている。社台系種牡馬は種付け料が高く、小規模牧場では手が出ない。「JBBA種牡馬でも勝てる」力関係であればこそ、小規模牧場が浮上したのだ。この事実は何を告げるか? 「混迷の時代の幕開け」「エース種牡馬不在の日本競馬の始まり」ではないか。

 隆盛を極める社台グループも、一皮めくればSSのワンマンチームだった。野球で言えばエースで4番。文字通りのフル回転でビッグマネーをもたらし、球場や練習場の整備も進んだ。だが、肝心の次代のエースは育っていない。SS2世種牡馬では、フジキセキの好調が目を引いた半面、一時は人気の中心だったダンスインザダークが、今年はトーホウアランを出した程度でほとんど不発。アグネスタキオンもロジックの活躍で面目を保ったが、フジキセキ同様、「仕上がり早のマイラーが多い」という特徴が明確になっている。キストゥヘヴンを出したアドマイヤベガは04年に死亡した。2歳戦が間もなく始まるが、現2歳世代が取引された一昨年の日本競走馬協会「セレクトセール」では、ダンスインザダーク産駒に途方もない高値が相次いだ。今春を見ていると人ごとながら心配になる。

 日高はと言えば、10年前のラムタラ導入を最後に、大型シンジケートは組まれていない。野球で言えば、ライバル球団の「エースで4番」に対抗するため、大枚をはたいて獲得した大物外国人が鳴かず飛ばず。今や補強費用にも事欠く窮状と言ったところか。こう考えると、JRA=JBBAの種牡馬事業は、野球で言えばコミッショナーが弱小球団に安値で選手をあっせんするようなもの。ここ数年、種牡馬の輸入数は毎年、5頭にも満たない。「SS二世がいるから輸入種牡馬は不要」という声もあったが、甘い見通しだったのではないか。多くのSS2世を抱える社台グループはここ10年、種牡馬輸入には一貫して積極的とは言い難かった。日高は買いたくてもカネがない。JBBA種牡馬の突然の爆発の背後には、SSの存在ゆえに表面化しなかった、輸入種牡馬「空白の10年」がある。

 2年連続で誕生した二冠馬を取り巻くのは、22年目の好漢・石橋守騎手、定年勇退まで9カ月を切った瀬戸口勉調教師、古き良きオーナーシップを感じさせる松本好雄オーナーといった人々である。そんな事情もあって、小規模牧場で生まれた二冠馬に対しては、どこか生暖かい祝福ムードが漂う。だが、宝塚記念のファン投票では1日現在14位。同世代で重賞未勝利のフサイチジャンクの約2/3の得票にとどまる。昨年、出走回避が確実でありながら、得票数で1位ゼンノロブロイに迫ったディープインパクトとは対照的である。全体の勢力図を見ると、三冠を達成する可能性は決して低くないが、その場合も、競馬界の外側の反応は、昨年とは相当違うだろう。

 筆者の周囲には、JRA=JBBAの種牡馬事業に絡んで生まれた馬を「旧ソ連・東欧のステートアマのようだ」と皮肉った人がいる。SSという至宝の時代が去った後、“親方JRA”の馬が活躍するのでは、生産面で時計の歯車が逆戻りするに等しい。生産地では、一時期、影の薄かったオペラハウスが再び人気上昇中という。02年には種付け料230万円だったが、今は50万円に落ちている。結果を後追いする形で種牡馬の人気が上下するのは、実はかなり恥ずかしい話である。オペラハウスはサドラーズウェルズ系でスピード優先の日本競馬にはもとより不向き。ポテンシャルは高いので大物は出るが、「三振9回で本塁打1本」というイメージ。多くの生産者は巨額の負債を抱え、生産継続の可否という厳しい設問を突きつけられている。「種付け料が安い」と、偶発的に結果を出した打率の低い種牡馬に飛びついても、傷口を広げる人の方が多かろう。

 ともあれ、混迷の時代の幕は開いた。1年後にどんなタイプの馬が脚光を浴びているか、想像もつかない。「予定調和が終わった」ことは間違いない。当コラムは3年前に、「予定調和は見て楽しいか」という問いを発した。「質が高ければ良し」が筆者の立場である。近年の競馬の流れの中で、ディープインパクトは「予定調和」の極北という存在だが、その走りは眼福である。加えて、こうした馬は海外遠征という形で予定調和の世界を脱していく。今春の「日高全勝」は、予定調和とは対極の結果だが、勝因は社台の戦力低下である。SS健在の間に力で勝ったのならともかく、「負け組に光が当たった」「これから面白くなる」といった語り口には違和感を感じる。日本の競馬が今後、ファンの注目を引く馬を送り、戦力を維持できるのか。砂をかむような厳しい時代が始まったようだ。



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (9/4)セリ市場の回復傾向と生産界の今後
(8/14)馬主登録申請はなぜ却下されたか ダーレー問題の波紋
(7/19)狂乱のマネーゲーム 第9回セレクトセールから
(7/3)曲がり角のクラブ法人 馬主制度の再構築
(6/23)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(2)
(6/16)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(1)
(6/6)混迷の時代が始まった ポストSSの日本競馬
(5/15)"名馬の墓場"の終焉(しゅうえん)?
(4/24)"反転攻勢"と番組改革
(2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.