NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (2/13)"馬房返上"は何を映すか
 2月11日の東京競馬で、注目すべき現象があった。第8競走(4歳上500万条件、芝1600メートル)の出走馬16頭中、13頭が2カ月以上の休養明けだったのである。500万条件の出走馬決定方法は、2004年10月から改定され、原則として(1)前4節以内にJRAの平地競走で3着以内入着(2)地方、海外から転入した際の初戦(3)出走間隔の長い馬――という優先順位となっている。問題のレースには20頭の出馬投票があり、(1)に該当する馬が3頭。残る17頭は出走間隔が長い順に拾われ、前回が昨年の12月第1週までの11頭は無条件でセーフ。だが、第2週以来の出走となる馬が3頭いて、抽選の結果オイワケウコンが除外。シルキーオメガ、レキシントンルビーが入った。

 この優先順位は、未勝利でもほぼ同じ形で適用されている。一時の除外ラッシュに対応して、“計画的出走”を促す狙いでJRAが取り入れた。季節的な要素で変動はあるが、未勝利も500万条件もほぼ、タイムオーバーや「3走9着以下」といった出走制限の対象とならない限り、間隔を4週開ければ出走できるのが通常だった。ところが、1―2月の関東はローカル開催がない上、今年は05年末との間隔が2週近くあり、年明けに出走態勢の馬が増えて、週を追うごとに積み残しが増えた。しかも、東京で500万条件の芝の競走は毎週1つだけの狭き門。これらが重なっての珍現象となった。

 もともと、関東の古馬500万条件は、在籍馬・在厩馬の数と競走数がミスマッチになっている。今年1月23日現在、美浦の3歳未勝利と4歳500万条件の在厩頭数は604頭で全く同じ。ところが、1回東京の未勝利は29競走に対し、古馬500万は12競走しかない。小倉では古馬500万が47競走(うち芝23)組まれているが、輸送距離の長さを嫌って、美浦の厩舎は小倉にはあまり行かない。結局、芝とダートの短距離に馬が集中し、前回入着馬以外は2カ月待ちとなる。こうした事態は、馬主にとって文字通りの消耗戦である。中央競馬の月々の預託料は、2戦分の出走手当にほぼ相当する。月2戦で、最低限の“自転車操業”は可能だが、出走間隔が長ければ長いほど、馬主の持ち出しは多くなる。レース数増加は馬主団体の積年の要求だが、競馬法には年間3456競走の上限があり、費用対効果の悪さから、JRAも増やす意思は全くない。出口のない状況の中、ギミーシェルターなどを所有する馬主の池谷誠一氏は、自身のブログで2月、「関東の調教師は馬を預かり過ぎ」と問題提起した。

 一般に、調教師が1頭でも多く預託を受けようとするのは、当然の営業努力である。だが、JRAの調教師が置かれた状況を考えると、話はそう単純でない。「馬房を埋めなくては」という強迫観念で馬を集めているのでは。そう疑いたくなる例が少なくない。例えば、南関東で中級クラスの高齢馬が美浦の下位厩舎に移籍し、1600万条件に編入される場合である。ある程度の経験を積んだファンなら、走る前から「通用しない」と見通せる馬を、プロのはずの調教師が移籍させる。ほとんどは2ケタ着順を数回続けて障害入り。練習で資質がなければ消えていく。また、JRAの未勝利で苦戦していた馬が、地方の小規模場で勝って戻る。無論、ほとんどは苦戦続きだが、こうした馬が500万条件の在籍頭数を押し上げている。

 勝ち目のない馬でも預からざるを得ない背後には、メリット制の重圧がある。美浦、栗東の両トレセンで成績上位厩舎の定期貸し付け馬房数を増やし、下位の馬房を減らすシステムは、今年3月で馬房の増減が3度目を迎える。メリット制の査定項目には、1馬房当たりの勝利数、獲得賞金のほか、出走回数や出走実頭数(多くの馬を走らせた方がポイントが高い)も含まれる。勝敗に絡むのはハードルが高いが、取りあえず出すだけなら、というわけだ。一方で、メリット制に先立って、01年からは各厩舎の預託頭数制限が緩和された。上限が馬房数の3倍に増えたことで、有力厩舎に馬が集まる傾向が強まり、不成績の厩舎は馬集めが難しくなっていた。馬房が空くことは、通常は2頭を担当する厩務員の一部が、0―1頭となることを意味する。厩務員の給与は、各馬の預託料に含まれるが、仮に空き馬房となれば、1―2頭分の給与が入って来なくなる。

 信じ難い話だが、従来は馬房が空いた分の人件費は、他の在厩馬の馬主が均等割りで補てんしていた。調教師は全くリスクがなかったが、さすがにこんなことが続くはずもなく、一昨年秋から慣行は廃止。空き馬房分の人件費は調教師負担となった。こうなると、調教師側の選択肢は2つ。必死で馬を集めるか、馬房を返上するしかない。多くの調教師は前者を選ぶが、ここで問題となるのが東西格差。好資質馬を集めたくても、美浦の成績不振の厩舎には無理な相談である。勢い、下級条件の馬ばかり増え、ローカル開催のない冬場は出走機会が回らず、消耗戦が展開される。ただ、いかに調教師が馬を集めたくても、馬主が買わなければ事は動かない。第三者的な立場で見ていると、「こんな馬がなぜ、よりによって中央に…」と不思議に思うことが少なくない。過剰生産の揚げ句、生産者が捨て値で放出した馬でも、月額約60万円の預託料負担は同じである。地方の小規模場では、在籍馬の相当な比率が実は調教師の持ち馬と言われる。まさか中央で同じことが起きているはずはないが…。

 強迫観念に駆られて馬を集めるのに比べれば、馬房返上の方がはるかに合理的である。自分の営業力に見合った経営規模を設定するのは当然のことだが、従来はJRAも日本調教師会も、貸し付け馬房を「ノーリスクの経営資源」と見る考え方に捕らわれていた。メリット制の導入は、1990年代半ばから議論が続いた“10年仕事”だったが、この間、調教師会側は一貫して「開業から5年で20馬房」という定年制協定(91年)の完全実施にこだわった。昨年のJRAで、調教師が得た進上金の総額は80億8713万円。地方・海外勢が得たのはわずか1.1%で、1馬房当たりの獲得額は1828万円に上る。こんな経営資源を自分から手放す人はいるはずがない――。すべての制度設計が、この前提に立っている。メリット制も、誰も手放さないことを前提に、下位組から召し上げた馬房を上位者へのインセンティブの原資とした。だが、人件費問題はこの前提を崩した。

 馬房返上の動きは、04年に佐藤征助・元調教師が、「健康上の理由」で自主廃業したのが事実上の始まりだった。昨年は定年を間近に控えた古賀一隆調教師が18馬房中6馬房を返上した。JRAの建前は「馬房は調教師の申請で貸している。年度途中で返上されては困る」。ただ、裏を返せば「事後処理しやすい形なら構わない」。むしろ、混乱したのは調教師会である。「全員に20馬房を」という長年の主張を根底から崩す動きに、顔をしかめたのは言うまでもない。だが、既にアリの一穴はうがたれた。馬房返上は従業員の移動を伴うため、JRAも「3月の免許更新前に、きちんと申告して下さい」という方針に転換。今後は自主返上がさらに増えそうだ。

 今年はメリット制の運用見直しの年でもある。馬房返上の流れを踏まえれば、成績下位者の自主的縮小・撤退を後押しし、活用されていない馬房を確保すべきだろう。これを原資に、成績上位者に加増する上限を30馬房前後に拡大し、自己申告制にする。原資が不足したら、成績に応じて査定すれば良い。加えて、今年の美浦の新規開業者2人は、いきなり20馬房でスタートする。これは相当に無理な話で、今後は新規開業者の馬房数も申告制を取るべきだろう。

 経営能力のない調教師にも20馬房を抱えさせてきた従来のやり方は、調教師会という組織の論理のために、個人を犠牲にする残酷な話だった。これと同じことが、厩務員の領域にもある。20代の若者と定年間近で体力の落ちた60代が同じ2頭持ちというのも、残酷な話である。厩務員の勤務形態も担当馬のいない形や1―3頭持ち、美浦での持ち乗り助手の解禁も含め、より多様化する必要がある。勤務形態に応じた合理的な給与体系を設定すれば、各厩舎もより柔軟に、経営方針を立てられるだろう。横並びを捨てることで、今より楽になれる人は、どこの領域にも少なからず存在している。



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (9/4)セリ市場の回復傾向と生産界の今後
(8/14)馬主登録申請はなぜ却下されたか ダーレー問題の波紋
(7/19)狂乱のマネーゲーム 第9回セレクトセールから
(7/3)曲がり角のクラブ法人 馬主制度の再構築
(6/23)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(2)
(6/16)曲がり角のクラブ法人 国税庁「指導」の波紋(1)
(6/6)混迷の時代が始まった ポストSSの日本競馬
(5/15)"名馬の墓場"の終焉(しゅうえん)?
(4/24)"反転攻勢"と番組改革
(2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.