NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (12/6)曲がり角のジャパンC
 「カズ、俺はお前の国が大好きだよ」――。

 発言の主は英国の名伯楽、「サー」マイケル・スタウト調教師。「カズ」とは藤沢和雄調教師である。スタウト調教師はジャパンCと縁が深い。1996年のシングスピール、翌97年のピルサドスキーと連覇を飾った。20代の4年間を英国で過ごした藤沢調教師は、スタウト調教師とは旧知の間柄。両年とも、当時の看板馬だったバブルガムフェローを出走させたが、13着、3着に敗れている。冒頭の発言があったのは97年か。藤沢調教師の著書「競走馬私論」(クレスト出版)に、この辺の事情は詳しいが、当時のジャパンCは、日本のトップトレーナーに「世界の壁」の厚さを感じさせていたのだ。

 それから7年。24回目を迎えた今年のジャパンCは、藤沢調教師の管理するゼンノロブロイが3馬身差で圧勝した。レース後の会見では「いつも『日本はいい国』と思われていたので、勝てて良かった」。あのシンボリクリスエスが2年続けて逃したタイトル。喜んでいないはずはないが、どこか抑えた口調を見て、つい憶測したくなった。この人は「もっと倒しがいのある相手はいないのか」と思っているのでは…。2着を争っていたのは日本の3歳馬。およそ、「世界の壁」を破った実感とは程遠いに違いない。

 ジャパンCの外国招待馬の質は、日本馬が上位3頭を独占した98年を境に、年々落ちている実感がある。それでも、99年のモンジュー、2000年のファンタスティックライトあたりまでは「最悪でも目玉1頭」を確保できていた。2002年には伏兵のファルブラヴ、サラファンが1、2着を占めた。だが、東京で施行された2001年と昨年は、外国招待馬が着順掲示板から締め出された。今年も14番人気と前評判の低かったポリシーメイカーが4着に健闘したが、格上と思われたパワーズコートは10着、ウォーサンは15着と大敗した。かつては人気で惨敗する遠征馬の多さに、「本気でない関係者が多い」という批判が集まった。しかし、ホームの利がある日本馬の優位が固まった近年。外国勢がレース創設当初のような物見遊山気分で来ているとも思えない。「足りない」馬が来たと考えるほかない。

 今年の特殊事情を挙げると、まず欧州、北米とも2400メートル路線が全体に低調だった。欧州は上半期に活躍した3歳馬が好調を維持できず、凱旋門賞はクラシックを全休したバゴが優勝。凱旋門賞の上位陣でブリーダーズC(テキサス州ローンスターパーク)に転戦したのは3着のウィジャボード(フィリー&メアターフ優勝)だけで、例によって大半は休みに入った。BCの方もターフはわずか8頭立てで、勝ったのは伏兵のメリーランド州調教馬ベタートークナウ。結局、ジャパンCは5年ぶりに北米からの招待馬が不在だった。

 それにしても、招待馬5頭は過去最少である。96―98年が6頭ずつだったが、当時はまだ目玉がいた。「招待馬の質が低ければ、ジャパンCの存在意義はない」。JRAの番組担当者は言い切る。3連勝すれば最大2億円のボーナスが出る「天皇賞・秋→ジャパンC→有馬記念」の連戦は、「コンセプトの似たレースの連続」と言える。特に、ジャパンCと有馬記念はコースこそ違え、距離の差は100メートル。2006年以降は有馬記念も外国調教馬に開放される。ジャパンCのアイデンティティーは「招待レース」の一点となる。今年はJRA創立50周年で、ジャパンCとジャパンCダートの同日同場開催という新趣向もあり、例年以上に招待馬の質が問われる年だった。

 東京には12万人近い観衆が集まり、2日間の東京と京都の売り上げを見ても、新趣向自体は成功だろう。というより、「同日同場」効果で、外国馬の質の問題を覆い隠したというべきか。だが、馬の勧誘に関する限り、成功とは言い難い。なぜこうなったか? 後述する営業力や検疫の問題もあるが、指摘したいのは生産との関連である。少なくとも96年まで、ジャパンCは「種牡馬の展示会」だった。数え漏れもあり得るが、筆者が調べた限り、ジャパンCに出走して日本で種牡馬となった馬は27頭で、うち21頭は86―94年に集中している。第1号は86年2着のアレミロード。88年5着のトニービンは最大の成功例。バブル最盛期の89年にはアサティス、キャロルハウスなど4頭。93年も2着コタシャーン以下、スターオブコジーン、ミシル、ホワイトマズルと並ぶ。だが、エリシオとペンタイアの96年が転換点だった。97年優勝のピルサドスキー、98年4着のチーフベアハートはJRAの購入。民間が買ったのは99年3着のハイライズと、一昨年の優勝馬ファルブラヴの2頭にとどまる。

 輸入馬の中には、出走時に買われていたトニービンやキャロルハウスのような例もあれば、ファルブラヴのように勝った後で社台グループが購入し、服色を変えて走ったケースもある。輸入した馬の“顔見せ興行”はともかく、日本の生産者に売り込む狙いで出走した例もあったはず。だが、今の日本で高額の種牡馬を購入できるのは社台グループのみで、日高単独では無理。しかも、社台も以前のような勢いで種牡馬を買わなくなり、近年はサンデーサイレンスの第2世代の種牡馬を前面に押し出している。残るはJRAの購入という「裏技」だが、近年のJRAの種牡馬購入は生産界の意向を反映して、米国指向に傾いている。ここ4年で、欧州調教馬は昨年のアラムシャーだけで、あとはカリズマティック、キャプテンスティーヴ、シルヴァーチャームと米国の活躍馬が占める。

 こうなると、レース自体の吸引力の勝負になってくる。日本と最も競合が厳しい香港国際競走は、以下の点が強みだ。(1)英語が通じる(2)畜産国でなく、検疫の負担が小さい(3)香港Cは2000メートルで、世界の競馬界の2000メートル指向に沿っている(4)4つの国際G1を擁し、複数の馬を遠征させやすい――。香港やBC、ドバイW杯は、ジャパンCと比べても後発で、その分、馬の集まりやすい条件設定という点で有利だ。こうした環境下、2400メートルに馬を集めるのは容易でない。

 金銭の絡まない部分での配慮も重要になってくる。11月25日の歓迎夕食会で、JRAの高橋政行理事長は通訳を挟んで30分近い大演説をぶった。違法ネット賭事の規制問題など、遠来の馬主やきゅう舎関係者に聞かせるべき話だったか、極めて疑問だ。聞いた人が「また日本に来たい」と思うだろうか? 理事長自身が英語で話す設定なら、もっと短かくて済んだはず。母国語以外で15分スピーチするのは、相当な重労働である。小さなことが「営業力」を損ねる。

 「営業」に関しては、考え方を整理する必要がある。以前は「アゴアシ接待」が批判の的になったが、これは登録料が1万円の時代だった。リスクなしに出走できるから、ファンも「物見遊山」ではないかと疑念を抱くのだ。日本馬の実力もついた今、外国の関係者も「楽に勝てない」のは承知の上。コストをかけてビッグネームを呼んでも、馬券の売り上げが伸びれば有意義な投資になる。その代わりに、登録料は競馬法の上限の200万円程度にしてはどうか。香港もドバイW杯も、関係者に対するホスピタリティーの質は今や、日本をはるかにしのぐが、登録料もその分、高く設定されている。ダートは米国に絞ってもよいと思う。今回のオミクロンとヴォルテクスの醜態を見ても、欧州馬で員数合わせをする必要は全くない。

 ジャパンC翌日の11月29日、東京大学農学部でJRA競走馬総合研究所主催の公開シンポジウムが開かれた。興味深かったのは、1人の報告者が紹介した83年、84年のデータである。レースや追い切りの後のクールダウンにかける時間が、日本馬は圧倒的に短かったのだ。83年の場合、追い切り後は「外国馬48分、日本馬15分」。84年はレース後の数字で「外国馬47分、日本馬22分」だった。今日では、多くのきゅう舎がクールダウンに着目し、レース後も30分が普通になった。藤沢調教師は「習慣が広がったのはジャパンCのおかげ」と話す。日本の競馬界が海外から学ぶべき点はまだまだ多い。今回は来日しなかったが、「天才」エイダン・オブライエン調教師(アイルランド)の仕事ぶりを見るのは、間違いなく有意義だ。世界への窓としての意味が薄れないよう、一層の努力を望みたい。



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
(12/27)不敗神話が終わって…
(12/5)NAR"改革の"虚実
(11/14)JBCはどこへ行くか
(10/31)想定外と予定調和 三冠達成で見えたもの
(10/17)公営競技関係法人"改革"の行方
(9/26)3期目に入った高橋体制
(8/29)改正競馬法は機能するか? 連携事業を巡って
(8/1)脅威か福音か ダーレー・ジャパンと日本競馬
(7/16)全員参加の消耗戦 第8回セレクトセールから
(7/4)ネットバンキングと電話投票新時代
(6/13)アジア競馬と日本
(5/9)基盤を失った長距離G1
(5/1)生産地も形無しの盛況・JRAブリーズアップセール
(4/19)活躍する高齢馬の影で
(4/4)コスモバルクの失速に思う
(2/21)免許制度のパラダイム転換
(1/11)“競馬存続”のダシにされる馬たち
<2004年>
(12/20)「優等生」の蹉跌 危機を迎えた岩手競馬
(12/6)曲がり角のジャパンC
(11/22)「民間委託」という幻想
(11/15)リストラ不可避なダートグレード競走
(11/4)重ならなかった軌跡
(10/18)先の見えない騎手育成問題
(9/21)祭りは終わった ハルウララの移送を巡って
(9/13)“配分の競馬”が迎えた隘路
(8/9)衰退産業の不気味な符合・パート2 失速した地域志向
(7/18)予想覆した大相場 第7回セレクトセールから
(6/14)敗者の作法を巡って コスモバルクのダービー
(5/31)迷走するパート1入り
(5/17)ねじれたホームとアウェイ コスモバルクの挑戦の行方
(5/10)退屈な198秒の後で
(4/19)底流にあるものは何か? 春闘、皐月賞…
(4/5)停滞期に入った?ダート路線 第9回ドバイW杯から
(3/22)検証・競馬法改正(3) 目玉は現状追認
(3/16)検証・競馬法改正(2) 具体性欠く地方競馬対策
(3/8)検証・競馬法改正(1) 迷走2年の果てに…
(2/23)硬直した馬房配分――メリット制は始まったが……
(2/9)衰退産業の不気味な符合
(1/26)「民営的手法」の虚実――JRAの"ガラスの天井"
(1/13)クラブ法人――我が世の春?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.