NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■専門記者の競馬コラム
  [日経新聞運動部記者 野元賢一]

  (8/9)衰退産業の不気味な符合・パート2 失速した地域志向
 2月の当コラムで、プロ野球界と競馬界が共通に抱える問題点について取り上げた。当時はまだ、近鉄の命名権売却が他球団に却下された段階だったが、その後に事態が大きく動いたことはご承知の通りである。6月に近鉄がオリックスとの合併方針を打ち出し、7月7日に行われた最高議決機関のオーナー会議では、当事者も不明な「第二の合併」を前提に、1リーグ制移行が半ば既成事実化している。阪神の2リーグ維持に向けた巻き返しも不発に終わった。

 「第二の合併」は、オーナー会議で西武の堤義明オーナーが言及したが、どうもダイエーが当事者ではないかという観測が広がりつつある。球団自体は昨年の日本シリーズを制し、観客動員も好調が続いている。だが、肝心の本体は経営不振を脱し切れず、ついに産業再生機構送りが取りざたされ始めた。UFJを初めとする主力銀行3行が、ダイエー側に球団売却を求めるとの観測も出ている。これが「第二の合併」であるとすれば、福岡に根を下ろした球団が今後、どこを本拠地にするのかが問題になって来る。第二の合併の当事者に再三擬せられ、球団側も1リーグ移行に積極的とされるロッテも、千葉移転は否定している。ダイエーは現在の球界で最も「地域密着」を強く打ち出したチーム。ロッテも従来の応援団とはカラーの違う応援が注目を集めていた。両球団が合併するとすれば、球界の「ファン不在」ぶりもここに極まれり、と言うほかはない。

 ダイエーの現状を見ていて連想するのは、岩手県競馬である。2月のコラムで、筆者は地方競馬の各主催者をパ・リーグの各球団に見立てた。JRAは巨人とセ・リーグ、パ・リーグが地方競馬全国協会(NAR)、コミッショナーは農水省競馬監督課ということになろう。各主催者がどの球団のイメージに重なるかは難しいが、強いて言えば大井=西武、岩手=ダイエーが近いように思う。大井はJRAの府中や中山よりも都心に近いという立地が最大の武器。西武はクラウンライターを買収する際、福岡を捨てて首都圏に移った(西武球場は東京、埼玉の都県境に位置する)。一時は「球界の盟主」を目指して、潤沢な資金力を武器に巨人などと有力選手の争奪戦を展開した。一方のダイエーは南海を買収して大阪から福岡に移り、「地域密着」を前面に押し出して来た。岩手の馬事文化の継承者を自認する岩手県競馬は、ダイエーに最も近い存在だろう。

 実はダイエーと岩手県競馬は浅からぬ縁がある。ダイエーの高塚猛・前球団代表は岩手県内でホテル経営に携わっていた当時から、岩手競馬の「中興の祖」藤原正紀氏と親交がある。一時期浮上したが、結果的に幻に終わった福岡ドームの岩手・九州の共同場外発売所設置計画は、このコンビが旗振り役だった。両者に共通する問題は「投資」である。ダイエーが福岡に本拠地を置いたのは1989年のシーズンからだが、当時は戦力的にどん底。球団と親会社は器と人の両面で積極的な投資を進めた。「器」とは福岡ドームなどの「三事業」である。「人」は現在の主力選手たちで、今や球界有数の高給取り集団となった。こうした積極策は99年以降、5年で3度のリーグ優勝、2度の日本シリーズ制覇という形で結実した。興行的にも、主催ゲームはカードを問わず盛況が続いている。それなのに、今も球団は親会社から年間約10億円の赤字補てんを仰いでいる。

 岩手県競馬がたどった道も、ダイエーと重なる。現在は統一G1であるダービーグランプリや南部杯は、岩手独自に地方交流競走として育てられた経緯がある。当時の岩手としては「出血」というべき高額賞金で地方他地区から出走馬を集め、NARからは「(自場の馬が勝てないのに)バカなことを…」とたしなめられたという。だが、この投資が後々、スイフトセイダイやトウケイニセイからメイセイオペラに至る有力馬出現に道を開いた(JRAのように、下級条件からのべつ高額賞金を出すのでは「投資」というより「バラまき」だが)。「器」は96年開場のオーロパーク(新盛岡)だが、東北各地への場外発売網の展開も見逃せず、「東北のミニJRA」とまで言われたほどだった。だが、投資を回収する時期がバブル後の長期不況と金融危機に重なったことで、事態は暗転した。404億円に及んだオーロパーク建設費の大半は借金で、膨大な利払いと売り上げの低迷で赤字に転落。2003年度末時点での累積赤字は100億円を超えた。昨年5月に県が設置した「岩手競馬のあり方懇談会」は、競馬存続への厳しいトーンが支配的で、今年3月にとりまとめられた報告書も、「期限を定めての廃止決断」を打ち出した。

 一見して、ダイエーの現状も岩手の失速も、「過剰投資のツケ」と映るかも知れない。だが、より問題なのは、努力が逆に首を絞める業界の構造である。ダイエーは戦力強化と集客には成功したが、いくら勝ってもテレビ放映権料が大きく増えた形跡はない。視聴率の長期低落が続いているのに、地上波テレビの中継は相変わらず巨人一辺倒。1試合1億円といわれる巨人戦の放映権料をぶら下げられた他球団にとって、「1リーグか2リーグか」は、「主催の巨人戦を何試合組めるか」の綱引きである。1リーグなら年間9試合がやっとで、セの各球団は現在より5試合(=5億円)減となる。こんな状況では、「下手な営業努力より、巨人にぶら下がる方が得」というシニシズムが業界を支配することは避けられないだろう。

 岩手の場合も、同じ事象を営業努力と見るか、過剰投資と見るかは難しい。ただ、野球も競馬も「営業努力」が経営規模の肥大化を招き、逆に地域性を重視した生き残りを難しくするという矛盾を抱える。東北の北半分という限られた地域でJRAを模倣しても、地域の経済力=購買力が天井になる。カネのない球団が、巨人と同じことをして疲弊して行くのと同じ図式である。しかも、岩手がその波に乗ろうとした「オフトラック化」(場外、在宅投票への移行)は、競馬自体のヴァーチャル化にほかならない。生の競馬を見るのではなく、情報を頼りに馬券を買うのなら、買う場所と競馬場が何100キロ離れていても関係ない。多くの人は、情報量がふんだんな中央競馬を選ぶに決まっている。都市型(南関東など)でない地方競馬の命運は、オフトラック化で既に尽きていたのかもしれない。

 野球であれ競馬であれ、地域性をベースにして生き残るには、身の丈に合った経営をするしかない。「身の丈」とは、Jリーグの小規模クラブのように、自分が稼ぐ以上の投資をしないことだ。しかし、年俸が上がりすぎた野球はもう遅い気がする。1、2軍込みの平均年俸が約3512万円で、J1とJ2の平均年俸の4倍近い。1球団が「身の丈にあった水準」を追求すれば、即座に選手が他球団に流失するだろう。一蓮托生で自壊への道を突き進んでいるのだ。

 地方競馬では、選手の年俸に当たる賞金、諸手当の削減が進んだ結果、馬主は競馬から離れ、一部の有力騎手はJRAに流失した。きゅう舎関係者は身の丈どころか、最低水準の生活を営むのも難しくなった。前記したオフトラック化の進展により、日本の競馬、いや公営競技は慢性的な開催過剰に陥った。言い換えれば、「プロ選手」が多すぎるのだ。Jリーグ発足当初、一部のクラブがプロ選手を増やしすぎて経営を圧迫したため、リーグ側がプロ契約者の抑制を指導したことがある。日本の競馬も自場完結型の運営を改めなかったため、産業全体で支え切れない専業者を抱えている。いかに努力しても、カネを稼げない組織(とその構成員)がプロで居続けることはできない。プロとして立ち行かない以上、どうしても競馬を続けるのなら、半ば趣味という形で行くしかない。現に、J2やJFLの小規模クラブの運営は、プロとアマの境界線上にある。

 だが、野球や競馬がそういう形で生き残れるかは極めて疑問だ。しょせんは興行で、野球は親会社の私物、競馬は国や地方自治体のヘソクリ稼ぎに過ぎなかった。稼げないか、宣伝効果が薄れれば、瞬時にお払い箱である。どちらも「文化」と言われたが、文化にふさわしい内実を欠いた状況を関係者は平然と放置し、顧客の多数派(ここが重要だが)も容認した。日本では野球も競馬も、一瞬たりとも「文化的公共財」ではなかったのだ。消えゆく球団や競馬場に思いを寄せていた人々は、失敗した当事者たち以上に、多様性という価値を認めなかった「多数派」を恨むべきなのかも知れない。



■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   (2/13)"馬房返上"は何を映すか
(1/23)2つの"条件付き存続" 生き残りに何が必要か?
(12/27)不敗神話が終わって…
(12/5)NAR"改革の"虚実
(11/14)JBCはどこへ行くか
(10/31)想定外と予定調和 三冠達成で見えたもの
(10/17)公営競技関係法人"改革"の行方
(9/26)3期目に入った高橋体制
(8/29)改正競馬法は機能するか? 連携事業を巡って
(8/1)脅威か福音か ダーレー・ジャパンと日本競馬
(7/16)全員参加の消耗戦 第8回セレクトセールから
(7/4)ネットバンキングと電話投票新時代
(6/13)アジア競馬と日本
(5/9)基盤を失った長距離G1
(5/1)生産地も形無しの盛況・JRAブリーズアップセール
(4/19)活躍する高齢馬の影で
(4/4)コスモバルクの失速に思う
(2/21)免許制度のパラダイム転換
(1/11)“競馬存続”のダシにされる馬たち
<2004年>
(12/20)「優等生」の蹉跌 危機を迎えた岩手競馬
(12/6)曲がり角のジャパンC
(11/22)「民間委託」という幻想
(11/15)リストラ不可避なダートグレード競走
(11/4)重ならなかった軌跡
(10/18)先の見えない騎手育成問題
(9/21)祭りは終わった ハルウララの移送を巡って
(9/13)“配分の競馬”が迎えた隘路
(8/9)衰退産業の不気味な符合・パート2 失速した地域志向
(7/18)予想覆した大相場 第7回セレクトセールから
(6/14)敗者の作法を巡って コスモバルクのダービー
(5/31)迷走するパート1入り
(5/17)ねじれたホームとアウェイ コスモバルクの挑戦の行方
(5/10)退屈な198秒の後で
(4/19)底流にあるものは何か? 春闘、皐月賞…
(4/5)停滞期に入った?ダート路線 第9回ドバイW杯から
(3/22)検証・競馬法改正(3) 目玉は現状追認
(3/16)検証・競馬法改正(2) 具体性欠く地方競馬対策
(3/8)検証・競馬法改正(1) 迷走2年の果てに…
(2/23)硬直した馬房配分――メリット制は始まったが……
(2/9)衰退産業の不気味な符合
(1/26)「民営的手法」の虚実――JRAの"ガラスの天井"
(1/13)クラブ法人――我が世の春?
<2002年>
(12/24)2002年の終わりに―「会議は踊り、危機は深まる?」
(12/9)早田牧場の破たん――生産界の危うさを露呈
(11/25)官と民のはざまで――問われるJRAの自浄能力
(11/11)祝祭から遠く離れて――日常に埋没するニッポン競馬
(10/28)ポスト三大種牡馬の模索
(10/15)ダブル免許問題とJRA
(9/30)第二期高橋理事長体制の課題
(9/9)有馬記念日程問題が決着――JBCの行方は不透明
(8/26)ポストサンデーの日本競馬――名種牡馬の死は何をもたらすのか?
(8/19)失われた?競馬の発信力――市場の開放性高め、スターを生む環境を
(8/5)騎手、ダブルライセンスの行方――公正な競争の実現を
(7/22)活況の背後に迫る危機?――セレクトセールから
(7/8)高齢化するオープン馬――進まぬ世代交代
(6/24)供給過剰とダウンサイジング・「冬の時代」の公営競技のあり方
(6/11)番組の再検討――宝塚記念をどうするか?
(5/27)新種馬券導入とファンの変容・浸透するか馬単と3連複
(5/13)2002年ダービープレヴュー・90年代の変容を映す
(4/29)JBC発売問題――中央・地方協調時代に幕?
(4/15)馬主登録という迷宮・調教師の馬所有の是非
(4/1)内国産種牡馬の新たな波・活力見せる在来血統
(3/18)“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方
(2/25)ダート競馬の成長・変容するニッポン競馬
(2/12)総務省勧告とウインズの行方
(1/28)高まるきゅう舎制度への風圧――預託料自由化の波紋
(1/17)伸び悩む若手騎手――背後に競馬界の構造変化
<2001年>
(12/31)競馬この1年(下)あえぐ地方競馬――経費削減いばらの道
(12/30)競馬この1年(中)若手伸び悩み――「結果第一」かからぬ声
(12/29)競馬この1年(上)海外躍進の陰で――カネかけぬ育成法探る
(12/28)地方競馬は生き残れるか?――模索すべき中央と地方の新たな関係
(12/17)“居場所”がない競馬・見送られた独立行政法人化
(12/3)世界の技量に最強馬が沈黙――固定的な騎手選びに一石
(11/19)芝・ダートの“クロスオーバー”進む
(11/5)“凡戦”菊花賞と長距離戦の行方
(10/22)田原調教師逮捕――管理競馬の限界が見えた
(10/9)待ったなしの賞金削減・主催者の裁量権行使で改革実現へ
(9/25)競走馬の耳に発信機、田原調教師の処分・管理競馬のゆがみ映す
(9/10)JRAのリストラと生産界・自立の道は遠く
(8/27)危機深まる地方競馬・自治体の責任を問う
(8/13)“ミスター競馬”の遺したもの
(7/29)横浜新税、国地方係争処理委員会の責任回避
(7/16)セレクトセールの3年・影落とす日本競馬の先行き
(7/2)宝塚記念などが国際格付けへ
(6/18)再論―馬主団体のあり方を問う
(6/4)“三冠セット論”を卒業しよう
(5/21)農水省とJRAの不可解な関係・口蹄疫問題で表面化、国際化の妨げに
(5/9)きゅう舎制度改革の行方
(4/19)東西格差ときゅう舎制度改革
(4/2)横浜新税問題、第2ラウンドへ
(3/19)サッカーくじ発売と日本のギャンブル
(3/13)危険な“血の飽和”・サンデー産駒増殖で深刻な活力低下の恐れ
(3/7)馬券と税・英は控除金廃止へ、日本では引き上げの懸念も
(3/7)際立つ欧州騎手の活躍・短期免許で日本競馬が“草刈り場”に
(2/26)「組合馬主制度」は機能するか?
(2/19)「狭き門」調教師試験・進まぬ新陳代謝、求められる“荒療治”
(2/12)芝から砂へ―日本のダート競馬の可能性
(2/8)ダート戦、マイナー扱いは時代遅れ
(2/8)日本で少ない競走馬のトレード・調教師確保がハードル
(1/31)新種馬券をめぐって―“制限”の根拠を問う
(1/22)「1歳の差」――タイムリーな満年齢表記
(1/16)問われる馬主団体のあり方・運営ゆがめるJRAの“過剰サービス”
(1/16)競馬界の「西高東低」――従業員の仕事に質の差?
(1/1)ファン不在、財政のための競馬――問題はギャンブルをめぐる不条理
<2000年>
(12/18)課税の根拠は矛盾だらけ――JRA“狙い撃ち”の「横浜新税」
(12/4)最強馬の2001年は? テイエムオペラオーの今後
(11/20)JRA“総見直し”の限界
(10/30)オペラオーと和田騎手、難コースを強気の攻略・1番人気連敗「12」で止める
(10/23)クローン名馬は夢のまた夢
<参考>国際ルール「自然交配だけ」・希少だから高額取引される種牡馬
(10/10)横浜市長の“ローブロー”・横浜場外の課税問題
(9/25)「予備登録枠」拡大は、きゅう舎間競争の促進につながるか
(9/10)名伯楽逝く・地方から中央に挑戦
(9/4)大量種付け時代の到来、人気種牡馬の経済的価値急騰・強い馬の引退などの弊害も
(5/15)世紀末に神様が与えてくれた2頭の傑物
(8/21)関東のメーン開催、低調な夏・各競馬場で高額条件馬の綱引き、北海道に資源の集約を
(8/10)女性騎手、懸命の手綱・中央競馬にわずか5人
<参考>女性騎手、偏見との戦い・「地方」では延べ43人
(8/7)出走馬選定ルールが一部変更・日常的な「除外」、「機会均等」ルールの見直しを
(7/24)実感される層の薄さ・見直すべき騎手育成のあり方
(7/11)4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市
(7/10)ジョセフ・リーさん・ドバイの名馬を手がけた調教手腕を「育成牧場」で
(6/26)故障に泣いた「未完の大器」グラスワンダー
(6/12)香港発の黒船・安田記念から
(5/29)最強の騎手と調教師が連携・世界を見据える藤沢=武豊タッグ
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.