NIKKEIデイリースポーツ サラブnet HorseRacing Info サラブnet
ホーム 重賞レース情報 重賞レース結果 最新競馬ニュース 競馬読み物
■ 競馬読み物
  ■藤沢和雄の「伯楽一顧」
  [藤沢和雄・中央競馬調教師]

  第6回 ポストサンデー

 大種牡馬サンデーサイレンスがこの世を去ってから、間もなく2年になる。今年生まれた世代には、サンデーの子はもういないが、コース上では遺児たちが相変わらず猛威を振るっている。

 サンデーサイレンスのレースを見たことはないが、種牡馬になりたての時期に目にする機会があった。ヒョロヒョロした印象で、パワーを要求される米国のダート路線で二冠を制した馬には見えなかった。今思えば、この辺に、芝中心の日本の競馬で活躍する素地があったのかもしれない。

 産駒を自分で扱って感じたことは、とにかく競走馬に仕上がる確率が高い。2歳のデビュー前には、育成場で調教されるのだが、育成場の方から「早く(美浦に)入きゅうさせてくれ」と言われることが多かった。調教の間に自分で身体をつくってしまうのである。

 サンデー自身は多少、気難しい面があり、三冠最後のベルモントステークスを落とした(2着)一因となったが、産駒も直線で内に内に寄っていくクセがある。ただ、それとて小さな欠点と言うべきで、性別を問わずエネルギッシュな性格の持ち主が多かった。

 自分で扱った中から、バブルガムフェローやスティンガー、最近のダンスインザムードといった素晴らしい馬が出た。彼らは「レースに行ってすごい」タイプだった。1頭で調教していても、勢い良く走り出すようなことはないが、実戦では激しい闘志を見せる。全体的に見ても1200メートルから3200メートル、ダートもこなす。まさに万能だ。

 これほどの大種牡馬が出ると、その後の馬産は非常に難しくなる。すでにサンデーの子で種牡馬入りした馬は50頭以上。繁殖牝馬も数多く、牧場に戻っている。近親交配が強くなり過ぎるので、サンデーの産駒同士を交配することは当然できない。スティンガーはキングマンボ(キングカメハメハの父)と交配するために米国に渡った。ダンスインザムードも、引退後の交配相手にどの種牡馬を選ぶかが難しい。

 12、13の両日行われた日本競走馬協会主催の「セレクトセール」では、ダンスインザダーク産駒にゼロ歳馬史上最高額の4億9000万円の値がつくなど高い評価を受けた。確かに、社台グループが支えていることもあって、結果を出していると思うが、近親交配をいかに避けるかという問題は今後もついて回る。

 そう考えると、やはり「ポストサンデー」は、サンデーとは別な系統から現れるだろう。それを探し、育てるのが、今後の生産界と現役の競走馬を扱う我々に共通の課題である。国内の限られた血統だけでなく、視野を広げて様々なタイプの馬を見ることが求められている。海外、特に芝中心の欧州にも、目を向けていく必要があると思う。


 藤沢 和雄(ふじさわ・かずお)
 1951年9月、北海道生まれ。52歳。88年3月開業。93年に初の全国最多勝。95年から9年連続全国最多勝を継続中。98年にタイキシャトルで仏GT制覇。シンボリクリスエスは一昨年から2年連続で年度代表馬に選出された。

[2004年07月27日/日本経済新聞 朝刊]



 
■コラム一覧
■藤沢和雄の「伯楽一顧」
■北海道牧場紀行
■初心者入門

  ■コラム一覧
   第1回 馬に個性、難しい調教
第2回 馬を育てる騎手
第3回 発祥の地の光と影
第4回 クラシックに向けて
第5回 勝敗、施設次第なのか
第6回 ポストサンデー
第7回 世界と戦うために
第8回 従業員と向き合う
第9回 敗戦をどう生かすか
第10回 馬の頑張りに声援を
   


著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者、およびデイリースポーツ社に帰属します。
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
Copyright 2006 Daily Sports, Inc., all rights reserved.