【2013インターンシップレポート】日本経済新聞社では、2013年9月9日(月)から9月13日(金)の5日間、「電子版コース」のインターンシップを実施しました。日本経済新聞社の電子版をはじめとするデジタル事業部門が担う開発業務やビジネス企画業務への理解を深めました。このページでは、インターンシップの様子をダイジェストで紹介いたします。

  • インターンシップレポート
  • インターンシップを終えて

電子版コースでは、日本経済新聞社の電子版をはじめとするデジタル事業部門が担う開発業務やビジネス企画業務について学びました。
1日目はデジタル部門の幹部講演や業務説明を行いました。
2日目は、午前中にユーザー調査について実習を通じて学び、午後から「電子版サービスの企画をする」をテーマにグループワークに入りました。
最終日にグループワークの発表を行い、発表終了後は他コースのインターンシップ生と合流し、懇親会でインターンの思い出を語らいました。

Schedule

1日目
 
9:30
集合、オリエンテーション
幹部講演、業務説明
15:30
新聞制作実習
17:30
解散
2日目
 
10:00
電子版説明
10:30
ユーザー調査体験
13:30
ブレスト・グループワーク
17:00
社員との懇談
18:00
解散
3日目
 
10:00
グループワーク(途中短時間の講義)
18:00
解散
4日目
 
10:00
グループワーク
18:00
解散
5日目
 
10:00
グループワーク
15:00
発表会
17:00
懇親会

  • 多くの人がイメージするような新聞社の仕事とは異なる、新規事業開発やプログラミングを使ったサービス実装など、面白い就業体験ができた。ユーザインタビュー、ブレインライティング、リーンキャンバスの作成などはこれまでに何度か経験したことがあったが、まさか新聞社のインターンシップで行うとは予想していなかった。(男性)
  • 社員の方が、自らの創意工夫で日々サービスを開発し修正を繰り返しながらローンチしていく、その一端を垣間見ることができました。激変するメディアの最前線で、日々新しい価値を生み出し続ける職場に、大変魅力を感じました。(男性)
  • 伝統ある日本企業とベンチャーの雰囲気を合わせたようなところ。そんなイメージを日本経済新聞社のデジタル部門に持っていた。実際、参加してみてどうだったか。まさにイメージ通りだった。そして、その雰囲気が心地よかった。(女性)

このサイトについて

日本経済新聞社について