NIKKEI NET
トップページ プログラム 講師紹介 協賛・後援 速報 初日の模様 2日目の模様 NIKKEI NET
世界経営者会議 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 ENGLISH
 講師紹介
 
オリペッカ・カラスブオ 氏 ノキア 社長兼CEO

オリペッカ・カラスブオ  氏

不採算事業撤退に手腕発揮

 世界市場が急速に拡大する携帯電話機の“巨人”と呼ばれるフィンランドのノキア。今年4―6月期の世界シェアは前年同期比3.6ポイント増の37.0%に達した。前年同期に比べ、市場規模が16.2%も伸びたのに、ノキアの販売台数は、市場の伸びを上回る28.6%もの拡大を実現している。世界2―4位メーカーのシェアを合計してもノキアには届かない水準にまで引き離した。

 もともとは金融マン。1980年、当時は紙・パルプ、重電なども手掛けるコングロマリットだったノキアの相談役として入社し、法務や財務部門で頭角を現した。

  90年代に通信部門以外の不採算事業からの撤退に手腕を発揮。トップ就任後も財務面からの厳しい目で方向性を決め、ノキアを成長させた。

米国などで主力だったCDMA規格の携帯電話機から採算悪化を理由に撤退。一方で、新興市場で製造、販売、研究開発拠点をつくり大きな成果を上げた。音楽配信事業を強化するなど各種サービスも自ら手掛ける投資を惜しまない。54歳。

[9月3日/日本経済新聞 朝刊]


略歴

オリペッカ・カラスブオは、2006年6月1日よりノキアの社長兼CEOを務める。

カラスブオは1980年、コーポレートカウンセル(企業内弁護士)としてノキアに加わり、以来、新たな役職に就くごとに責任ある職務を全うしてきた。1987年には法務部門のアシスタント副社長に任命され、1988年には財務担当アシスタント副社長に任命された。1990年には、財務担当上級副社長に昇格。

1992年、取締役副社長兼CFOに任命される。1997年から1998年の間はノキア・アメリカのコーポレート上級副社長を務め、南北アメリカでのノキアの全事業を統括。1999年初めには、米国転勤以前に務めていたCFOに復帰。2004年から2005年までは、モバイル・フォン事業部の上級副社長兼ジェネラル・マネジャーを務める。2005年10月1日には社長兼COOに任命され、その後現在の役職に就任。

1990年以来、ノキアのグループ取締役会メンバーも務めている。

ノキア入社前には、Union Bank of Finlandでさまざまな役職を経験。

現在は、米国の情報ストレージ/管理企業として世界をリードするEMCコーポレーションの取締役も務める。

ヘルシンキ大学の法学修士号を取得。
フィンランドのラビア出身。1953年7月13日生まれ。
余暇はゴルフ、テニス、政治史の読書を楽しむ。

 

  NIKKEI NET ▲ 上へ 
日本経済新聞社案内採用日経グループ
/ NIKKEI NETについて / 著作権について / プライバシーポリシー / セキュリティーポリシー / リンクポリシー /
 NIKKEI NET 広告ガイド新聞広告ガイドNIKKEI4946.com (新聞購読のご案内) 
 
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.
ニュース 株や為替、預貯金、投信の最新情報。持ち株チェックも ニュースや専門情報などITに関する最新動向 住宅サーチ 新築・リゾートの住宅情報を検索。資料請求可能 学生の就職活動を完全サポート。マイページ利用も可能 Bizキャリアは転職やキャリアアップに役立つ情報を満載 BizPlus 実務に役立つニュース&連載企画。外注先検索も 健康に役立つ最新ニュース、連載のほか病院検索や薬検索も 働く女性向けのニュースや生活情報、参加型コンテンツ満載 大人の趣味を楽しむ・・映画/クルマ/酒など30代以降に向けたライフスタイルマガジン 「B2O NIKKEI NET for 20's」は20代のヤングビジネスマン、ビジネスウーマンを対象に、ビジネスタイムからオフビジネスまで幅広く役立つ情報やユーティリティーを提供する総合サイト スポーツの総合サイト・・大リーグ/サッカー/ゴルフ/競馬など 「BB Channel」は、NIKKEINETが贈るビジネスパーソンに向けた本格的なブロードバンド・インターネット放送です。