IFRS導入こそ「連結経営化」を図るチャンス

シグマクシス パートナー
太田 寛

(1/4ページ)

日本企業の国際競争力の低下を招いている一因は、連結経営モデルの未成熟にあるといわれています。そんな中、IFRSへの対応は、企業が連結経営モデルへの転換を図り、国際競争力を再び高めるためのきっかけになると考えられます。今回はIFRS導入に向けての全社の経営管理のあり方やオペレーション全体、改革におけるリーダーシップの重要性について考察していきます。

IFRS導入によってグループ企業経営そのものが変わる

 

1

2

3

4

次へ

最新のコラム「国際会計基準」 記事一覧

ページトップへ

コラム「国際会計基準」

これだけは押さえておきたい「国際会計基準」キーワード

ピックアップ [PR]

このサイトについて

日本経済新聞社について