おかわり 集まれ酔っ払い〜はちのへ横丁ウイーク2012(デスク)


横丁ウイークのパンフレット
<写真を拡大>

横丁ウイークのパンフレット

 当サイトでは八戸せんべい汁ですっかりおなじみの青森県八戸市で今週末から1週間、のんべえのためのイベント「はちのへ横丁ウイーク2012」が開催されます。

 八戸市の中心商店街には、現在8つの横丁があります。「たぬき小路」と「五番街」、「長横町れんさ街」と「ロー丁れんさ街」は隣り合っています。「八戸昭和通り」と「ハーモニカ横丁」は地元の人が多く集う横丁です。「花小路」をまたいで三日町と六日町を結ぶ「みろく横丁」には常設屋台が並んでいます。

 どの横丁も八戸せんべい汁などの郷土料理や八戸ならではのイカや鯖など新鮮な魚介類を手ごろな値段で楽しむことができます。また、狭い路地の小さなお店は、隣に座ったお客さんと気軽に話せる社交の場でもあります。

八戸の横丁
<写真を拡大>

八戸の横丁

 この手軽でおいしい八戸ならでは横丁を、地元の人はもちろん、旅行者やビジネス客などにも積極的に楽しんでもらう機会を作ろうというのが今回のイベントです。

 開催期間は、明日9月1日(土)から9月9日(日)までの9日間。この間が「はちのへ横丁ウイーク2012」となります。

 開催地は八戸市中心街の8つの横丁と八戸ポータルミュージアム「はっち」、そして八戸の飲食店ビル「ムーンプラザ」です。

観光客にも人気のみろく横丁
<写真を拡大>

観光客にも人気のみろく横丁

 ダンスなどのパフォーマンスやコンベンション、ブルースライブなどイベントが盛りだくさんですが、のんべえが惹かれるのはやはりお店めぐりです。まずは期間を超えて9月30日(日)まで使える「のんべえクーポン」。中心街の約50店舗で2000円分の飲食ができるクーポン券を、市内のホテル宿泊者限定、1500円で販売します。500円あればもう2杯飲める?

 3日(月)、5日(水)、7日(金)の3日間は1日10人限定で、8つの横丁を回るガイドツアーが開催されます。これに参加すれば、すぐに八戸の横丁通になれる? 美味しい店もこっそり教えてくれるのかなぁ。

マスタードとおでんのカクテル「マスター・ドッグ」
<写真を拡大>

マスタードとおでんのカクテル「マスター・ドッグ」

 6日(木)は「八戸横丁連合 飲みだおれラリー」。8つの横丁のお店8軒を次々めぐるラリー形式のイベントです。最後まで倒れずに制覇できるのか? 食べ切れるのか?

 同じく6日(木)は「八戸カクテルツアーズ」。バーテンダー全国大会チャンピオンのお店を4軒まわり、それぞれ自慢の一杯を味わうものです。カクテルって意外と強いですからね。足にこないかなぁ。そうそう、八戸せんべい汁研究所の木村さんが考案した伝説のオリジナル・カクテル「マスター・ドッグ」は飲めないのかなぁ…。

鯖串。鯖の様々な部位がひと串で味わえる
<写真を拡大>

鯖串。鯖の様々な部位がひと串で味わえる

 こうして見てみるとずいぶんと楽しそうなイベントですが、実はこのイベント、開催によって八戸の「全国的な評価を高めると同時に、八戸市民の横丁文化への誇りを育て、次の世紀に引き継げる八戸ならではの文化として定着させることが目的」なのだとか。おいしくて楽しい、それでいてまちおこしにつながるB−1グランプリ発祥の地らしい取り組みですね。

 僕もつい先日、八戸に遊びに行ったばかり。

種差海岸、芝生と海のコントラストが美しい
<写真を拡大>

種差海岸、芝生と海のコントラストが美しい

 夜におじゃましたのも、みろく横丁にお店があったときに何度か行ったお店です。八戸ならではの鯖を、ほんとうに美味しく食べさせてくれるお店で「八戸の味」に対する自信と誇りがあふれていたように思います。

 一般的には観光地というよりは南部地方の中心都市として見られがちな八戸ですが、ウミネコの繁殖地・蕪島や陸奥湊や館鼻岸壁なの朝市、景勝地である種差海岸など観光的な要素もたくさんあります。ちょっと足を伸ばせば十和田湖や奥入瀬渓流にもほど近い。この機会に一度、八戸を訪れてみてはいかがでしょうか。

2012年8月31日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について