おかわり 三河の大地が育んだ調味料と海の幸〜デスク版愛知県実食編



リニア・鉄道館
<写真を拡大>

リニア・鉄道館

 今回、僕のテーマは「なごやめしだけじゃない愛知県」。知多半島をメインに、少しだけ渥美半島を旅してきました。

 朝早い新幹線で名古屋へ。本編でも大活躍してくれた名古屋のす〜さんが案内人を買って出てくれました。合流してまず向かったのは、JR東海の企業ミュージアム「リニア・鉄道館」です。

 鉄道関連のミュージアムでは、JR東日本の「鉄道博物館」が有名ですが、新幹線なら、やはり東海道新幹線を有するJR東海ですよね。リニアもJR東海です。

「好陽軒」の「メンマ竹」
<写真を拡大>

「好陽軒」の「メンマ竹」

 詳しくは上の写真をクリックして見ていただくとして、オトコノコならわくわくする展示が盛りだくさんでした。

 昼どきになったら市内中心部の「好陽軒」へ。名古屋のす〜さん「愛知食べ物図鑑」に登場した、好来系ラーメンを食べます。

 す〜さんご推奨の「メンマだらけラーメン」こと「メンマ 竹」を食べます。どうです、このメンマの量。麺が全く見えません。す〜さんの「チャーシュー麺 松」と見比べてみてください。

メンマが太い
<写真を拡大>

メンマが太い

 量が多いというだけでなく、非常に太い。歯ごたえもすごいんです。なので、食べるときの麺とのバランスが難しい。

 当初はメンマ1本にひと箸の麺で食べいたのですが、いくら食べてもメンマが減らない。そのうち、残ったメンマだけを食べる事態を避けるため、数本一緒に食べるようになりました。

 タマネギやニンジン、ニンニク、昆布、豚骨、鶏ガラなど多くの出しが入ったスープは、きわめてあっさり。そこに自家製の「辛油」や酢を加えて、自分好みの味に仕立てていきます。

銀紙に包まれたお好み焼き
<写真を拡大>

銀紙に包まれたお好み焼き

 れんげにひとすくいスープをとっては調味料を加えて…、様々に変化していく味を楽しみました

 続いて、銀紙に包まれたお好み焼き。学校そばのテイクアウト専門のお好み焼き屋で「ニク玉」105円をゲットしました。

なんだ銀紙じゃなくて白い紙じゃない」と思ったら、それは銀紙の裏側でした。中はしっかり銀紙。

 手づかみで食べるのですが、非常に柔らかい。お好み焼きというよりもんじゃ焼きに近い柔らかさ、というかゆるさです

吉浜は人形のまち
<写真を拡大>

吉浜は人形のまち

 その後、す〜さんに薦められるままに、元祖店といわれるお店でカレーうどんまで食べてしまいました。コナモン3連食…。

 ぱんぱんになったお腹を抱えて名古屋を離れます。向かった先は知多半島の根元にある高浜。B−1グランプリでもおなじみ「高浜とりめし学会」のお膝元です。

 コナモン3連食の消化を促すべく、まちを散策します。まずは吉浜地区の「人形小路」。吉浜は人形のまち。「吉浜細工人形」は、愛知県無形文化財です。愛知県では、ひな人形や五月人形など人形といえば「吉浜人形」なのだそうです。

瓦のまち・高浜 土留めも瓦
<写真を拡大>

瓦のまち・高浜 土留めも瓦

 細い路地のあちこちに小屋があって、そこで人形を展示しています。とりめしの人形もありました。

 続いて名鉄で二駅、高浜港で降りて「鬼みち」を歩きます。

 高浜市は、生産量日本一を誇る三州瓦の産地です。日本で唯一瓦をテーマにした「高浜市やきものの里かわら美術館」はじめ、飾り瓦や鬼瓦を見ながら約5キロの道のりを歩けば「瓦のまち・高浜」を実感できます。

 斜面の土留めも瓦なら観音様も瓦、市役所庁舎も鬼瓦付きの瓦屋根です。

前菜は3品
<写真を拡大>

前菜は3品

 夜は、高浜の隣、碧南へ。

 高浜とりめし学会代表の石川伸さんと同事務局の中川豊文さんが南三河ならではの食を一堂に集めてくださいました。石川さんとともに「南三河食文化研究会」を主宰する長田勇久さんが総料理長を勤める「小伴天(こばんてん)」にお邪魔しました。

 三河は醸造が盛んなところ。ミツカンの中埜酢店は半田市発祥ですし、ソニーの盛田昭夫氏の実家として知られる盛田は常滑発祥で、味噌や醤油など調味料を総合的に手がけます。みりんも業者数全国一を誇ります。

三河の押し寿司
<写真を拡大>

三河の押し寿司

 木曽山脈を源流とする矢作川をはじめ豊富な水が、醸造の原料となるだけでなく、調味料づくりに欠かせない穀物を育み、できあがった製品の運搬にも使われました。この醸造文化が、三河の豊かな食文化の礎になっています。

 前菜はまず、三河の押し寿司。具はメジロ、あみ海老、たまご、青菜、椎茸です。「箱ずし」ともいってハレの日に欠かせないメニューだそうです。

 瀧豆腐とホタルイカの辛子酢味噌。刻みわかめと小女子(こうなご)の生姜酢。内海で小魚が豊富な伊勢湾・三河湾では小女子漁が盛んです。小女子は、兵庫県の「いかなごの釘煮」同様、愛知県の春を呼ぶ味として愛されています。

刺身 地物のサワラを焼霜造りに
<写真を拡大>

刺身 地物のサワラを焼霜造りに

 刺身はマグロ、サワラの焼霜造り、桜鯛、ワラビ。サワラも伊勢湾・三河湾特産です。全国各地で、高級魚として扱われます。

 焼き物はうなぎの蒲焼き。「小伴天」の看板料理です。関西風の背開き、蒸さない地焼きです。蒸していないとは思えないほど柔らかい。

 酢の物は碧南の新タマネギサラダ、コノシロの酢〆、シャコ、青柳、梅酢ゼリー。コノシロもシャコも青柳も三河の海が育んだ味です。

地元の食材がいっぱい
<写真を拡大>

地元の食材がいっぱい

 碧南は野菜の産地。特に根菜類が特産です。みずみずしく辛味が少ない碧南のタマネギは、サラダにジャストフィットでした。

 そして醸造の三河ならではの赤味噌おでん。味噌煮込みではなく、添えられた味噌をつけて食べます。

 蒸し物は白醤油の茶わん蒸し。醤油は一般に大豆と小麦を半々の割合で作りますが、三河の白醤油は原料のほとんどが小麦です。色が淡く、ほんのりと甘い味わいが特徴です。

白醤油の茶わん蒸し
<写真を拡大>

白醤油の茶わん蒸し

 愛知では、こうした淡い色、淡い味も好むのだとか。あえて出しを使わずに、例えば干しシイタケの戻し汁と白醤油だけで煮物を味付けることもあるのだそうです。

 そしてご飯は、真打ち登場、高浜とりめしです。

 高浜は養鶏が盛んです。日露戦争の際に鶏のふ化技術が大陸から導入され、採卵のための養鶏が産業として根付きます。と同時に、卵を産まなくなった廃鶏(おやどり)を食べる文化が始まりました。

高浜とりめし
<写真を拡大>

高浜とりめし

 おやどりは肉が硬いため、薄くスライスする、たまりと砂糖で水を使わず具を炊く、具材をとり脂で炒める、炊き込みではなく混ぜご飯にする…などが特徴です。

 根菜の産地・碧南ではタマネギだけでなくニンジンも美味しい。なので、ニンジンちょっと多めのとりめしです。

 2日目は知多半島を巡ります。

 愛知といえばえびせんべい。まずは美浜の「えびせんべいの里美浜本店」で、えびせんべいづくりの工場見学です。

「INAXライブミュージアム」
<写真を拡大>

「INAXライブミュージアム」

 えびをすりつぶしてでんぷんなどを加え、それを成形して焼く。袋詰めまで流れ作業で進む行程をガラス越しに見学することができます。

 続いて、やきもののまち・常滑へ。衛生陶器大手・INAX(現LIXIL)の創業地です。ここでも、INAXの企業ミュージアム「INAXライブミュージアム」を見学しました。

 土管から始まり、便器、タイルと、生活に欠かせないやきものがずらり並びます。特にトイレの歴史には興味津々。壁一面に並ぶカラフルな便器は圧巻です。詳細は、右の写真をクリックしてご覧ください。

活造りコース 2人前
<写真を拡大>

活造りコース 2人前

 さぁ、知多半島といえば鮮魚です。本編にも登場した、知多半島の先端にある「まるは食堂本店」で活造りコースをいただきます。

 店に入ると、いきなり「自動行列制御システム」が待っていました。人数などを画面にタッチしながら入力すると、何分待ちかが表示され、番号札が出てきます。

 この日の活造りはタイ。入り口そばにある見学自由の生け簀から鮮度抜群のタイを揚げ、刺身にします。コリっコリの食感がたまりません。

タイのお造り
<写真を拡大>

タイのお造り

 三河湾名物の焼き大アサリも。ウチムラサキという大きな貝で、焼いて食べるのがいちばん美味しいのだとか。貝殻にたまったつゆももちろん飲み干します。

 ゆでたシャコは、殻をぴりぴりと剥いて、酢を付けていただきます。煮魚はムツ。まるは食堂の名物、でっかいエビフライも。

 満腹で知多半島を後にして、次は豊川を目指します。

「『豊川いなり寿司』で豊川市をもりあげ隊」の平賀菜由美副隊長と合流して「コバノミツバツツジまつり」が開催されている善住禅寺へ向かいます。

善住禅寺
<写真を拡大>

善住禅寺

 コバノミツバツツジは、淡い色から濃い紅紫まで、春先に美しい花を咲かせます。冨士神社から善住禅寺にかけて、数万本のコバノミツバツツジが群生していて、それはそれは美しい眺めです。

 境内にある高台には、住職手作りという展望台も設置されていました。

 本堂の裏にある山の斜面には、やはり住職こだわりの日本庭園も。常滑焼の大きな壺を地中に埋めて造った水琴窟など、心洗われるしかけがあちこちに用意されていました。

「京楽軒」のうなぎ丼
<写真を拡大>

「京楽軒」のうなぎ丼

 日も暮れてきました。豊川稲荷へと向かいましょう。

 ここで野瀬と合流、地元で愛される「京楽軒」で、うなぎの夕食です。

 やはり、腹開き、地焼きで、備長炭を使ってぱりぱりに焼き上げます。客の顔を見てうなぎを割くというこだわりは、きも焼にも現れていました。

 しっかり歯ごたえのあるきもです。そして、変な苦みがない。鮮度の良さなんでしょうね。蒸さない身と新鮮なきもの絶妙の歯触りが魅力的でした。

手筒花火
<写真を拡大>

手筒花火

 早めの夕食は、花火見物のため。菟足(うたり)神社の風祭は、毎年4月の第2土日に開催され、豊川に春を告げるお祭です。

 仕掛け花火打ち上げ花火、そして手筒花火が奉納されます。

 手筒花火は、東三河地方や遠州地方西部特有の花火で、孟宗竹に荒縄を巻いた筒に火薬を詰め、手に持ったまま点火するもの。大筒を脇に構えたら、めくるめく光の世界が広がります。

手筒花火のフィナーレ
<写真を拡大>

手筒花火のフィナーレ

 最後に底から「ボンっ」と小さく爆発して、花火の終わりを告げます

 かつて男性は、手筒花火を経験して初めて、成人としてみなされたというほど。勇壮な花火です。

 最終日は、豊川から豊橋を抜けて渥美半島へ。このあたりは、日本のゼリー菓子発祥の地にして一大産地です。

 田原市の「道の駅田原めっくんはうす」には、寒天ゼリーを発明した鈴木菊次郎の写真を掲げた寒天ゼリーのコーナーがありました。

発祥の地のゼリー菓子
<写真を拡大>

発祥の地のゼリー菓子

 渥美半島はメロンの一大産地でもあります。ミックスゼリーなどに混じってメロンのゼリーも売られていました。

 そして渥美半島の先端・伊良湖岬へ。灯台の脇に立つと志摩半島の鳥羽は目と鼻の先です。対岸がはっきり目視できるほど近い。

 最後は豊橋で菜めし田楽を食べました。

 豊橋は、旧東海道の宿場町。「きく宋」は、江戸時代から約200年にわたり、豊橋の吉田宿で続く老舗です。こんがり焼いた自家製豆腐に秘伝の味噌を塗った田楽細かく刻んだ大根の葉を混ぜ合わせた菜めしが看板メニューです。

菜めし田楽
<写真を拡大>

菜めし田楽

 最後の最後にとってもヘルシー。明治以前の、いかにも日本人らしい食事。豆腐と味噌のハーモニーで、低カロリーでありながら、とても満足いく食べ応えでした。

 いや、奥が深いぞ、愛知県の食。

 ちょっとだけ、味噌かつや台湾ラーメン、手羽先にも後ろ髪を引かれつつ、東京行きの新幹線に乗ったのでした。

*映像はflashビデオです。一部機種では再生できないことがあります。ご容赦ください。

(デスク)

5月8日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について