番外編 B−1グランプリの人気メニューがお台場に(デスク)


B−1グランプリに「ラヴィアンローズ!」
<写真を拡大>

B−1グランプリに「ラヴィアンローズ!」

 7月16日から東京・台場で開催中のイベント「お台場合衆国」に、B−1グランプリでおなじみのまちおこし団体が週替わりで出展、人気のB級ご当地グルメを提供しています。

 お台場合衆国の今年のスローガンは「お台場からこの国を元気にしたい!」というもの。「B級ご当地グルメで日本を元気にしたい」というB−1グランプリの趣旨とも合致することから、B−1グランプリを主催するB級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(愛Bリーグ)が協力、東北の加盟団体を中心に、全国から人気の7団体が参加することになりました。

十和田バラ焼き
<写真を拡大>

十和田バラ焼き

 その先陣を切って登場したのは、青森県十和田市の十和田バラ焼きゼミナールです。十和田バラ焼きは、牛バラ肉と大量のタマネギを、しょうゆベースの甘辛いタレで味をつけ、鉄板で焼く料理です。ビールにはもちろん、白いご飯によく合うのが特徴です。

 今回もB−1グランプリ同様、白いご飯とセットでの販売です。一味トウガラシをちょっとふりかけると抜群に美味しくなります。

 バラ焼きによるまちおこしの市民運動を市民革命になぞらえ「ベルサイユのばら」風の衣装で行うパフォーマンスも有名になりましたよね。今回も「ラヴィアンローズ〜バラ焼きでバラ色の人生を」というかけ声とともに、夏の台場をにぎわせています。

白いご飯とよく合う
<写真を拡大>

白いご飯とよく合う

 B−1グランプリに参加する団体は、基本的に飲食業者ではなく自分が住むまちを愛する市民の集まりです。メンバーも調理やその販売が本業ではないわけで、B−1グランプリも週末2日間の開催が基本です。今回も何人かのメンバーが交代で仕事を休み、十和田から東京にやってきています。夏休みとはいえ会場と同じメニューを1週間通して食べられるというのは、実は異例のことなのです。

 東北復興、被災した仲間への強い思いが今回、その高いハードルを越えさせたのです。

 オープニングとなった3連休は好天にも恵まれ、多くの来場者が本場の十和田バラ焼きを味わっていました。もちろんパフォーマンスも本物です。

お客様にも「ラヴィアンローズ!」
<写真を拡大>

お客様にも「ラヴィアンローズ!」

 そろいのバラをあしらったTシャツのスタッフとおなじみのタキシードを着た畑中宏之・十和田バラ焼きゼミナール代表らが来場者を迎えます。バラ焼きを買ってくれたお客さんには声を枯らせて「ラヴィアンローズ」を連呼。このパフォーマンスを見たかった、いつもテレビで見て応援していますよ、との声も聞かれました。

 十和田バラ焼きゼミナールの出展は22日(金)まで。その後は、23日(土)〜29日(金)横手やきそば暖簾会、30日(土)〜8月5日(金)ひるぜん焼そば好いとん会、6日(土)〜12日(金)甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊、13日(土)〜19日(金)浪江焼麺太国、20日(土)〜26日(金)石巻茶色い焼きそばアカデミー、27日(土)〜31日(水)やきそばのまち黒石会の出展が続きます。

バラ焼き、おいちいよ
<写真を拡大>

バラ焼き、おいちいよ

 津波被害が激しかった石巻と原発事故の影響で住民の避難が続く浪江の出展は特に注目です。もちろん、人気のB級ご当地グルメを長時間の行列なしに食べられるというのも魅力です。

 11月12日(土)13日(日)に兵庫県姫路市で開催予定の第6回B−1グランプリに向けて、9月には10日(土)11日(日)関東B−1グランプリが埼玉県行田市で、17日(土)18日(日)北海道・東北B−1グランプリが青森市で、24日(土)25日(日)中日本・東海B−1グランプリが愛知県豊川市で開催される予定です。被災地への思いとともに、B級ご当地グルメによるまちおこしが全国各地に広がりそうです。

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について