おかわり 信州のしあわせを共有〜銀座NAGANO



銀座NAGANO
<写真を拡大>

銀座NAGANO

 これまで東京にアンテナショップがなかった長野県。長野県編には間に合いませんでしたが、10月26日、東京・銀座に「銀座NAGANO〜しあわせ信州シェアスペース」がオープンしたので、早速行ってきました。

 長野県は都道府県別平均余命ナンバーワンの「長寿県」。そんな健康な長野県のライフスタイルをお客さんにも共有してもらおうというのが同店のねらいです。

・「フェア」ではなく、「シェア」〜単なるアンテナショップではなく、信州のシアワセをシェアする場に

エントランスのカウンターでワインを
<写真を拡大>

エントランスのカウンターでワインを

・「伝える」ではなく、「つながる」=信州と首都圏、信州と世界がつながっていくきっかけを生み出す場に

・「観光地」ではなく、「関係地」〜ヒト・コト・モノを通じて、何度でも訪れたくなる目的地に

 この3つが同店のコンセプト。単なる物販の場ではなく、情報発信を通じて、長野県のファンを増やしていこうという明確なビジョンを持っています。

 それはフロア構成にも表れています。

朝昼夜の和食が並ぶ
<写真を拡大>

朝昼夜の和食が並ぶ

 1階は、エントランスに家族が集う囲炉裏をイメージした四角いカウンターを設置。ここで、軽食と信州ワインなどを楽しむことができます。アンテナショップでは珍しく、物販と並んでカウンターで飲むグラスワインが売り上げ上位、10位に入っています。

 カウンターの両サイドには、朝昼夜の3食のメニューが和食、洋食に分けられて壁にディスプレーされています。長寿をもたらす長野の健康食をアピールする狙いです。

 カウンター奥の売り場は一段高くなっています。

日本酒はもちろんワインの品揃えも充実
<写真を拡大>

日本酒はもちろんワインの品揃えも充実

 これは、エントランスは土間で、そこから座敷に上がるイメージだとか。奥は棚がしつらえられ、長野県産の食品類がずらり並びます。

 イートインを通り抜けてから物販コーナーがあるというのは、数あるアンテナショップの中でも非常に珍しい。凝ったつくりです。

 ここで長野県が気に入ったら、さらに階段を上ってもらう。そこはカフェとオープンスペースになっていて、長野県にさらに親しんでもらうしつらえがしてあります。

カフェの奥には観光情報コーナー
<写真を拡大>

カフェの奥には観光情報コーナー

 カフェのとなりは観光情報コーナー。お茶を飲みながら、ゆっくり長野県の魅力を知ることができます。

 オープンスペースは催事場を兼ねています専用のキッチンもあって、試食イベントにも対応すでにイベントの予定がびっしり詰まっているとのことです

 テーブル脇には、来店者による御嶽山噴火を見舞う手書きのメッセージが貼られたボードもありました。いずれ、被災地に届けられるとのこと。まさに信州と「つながる」仕掛けです。

左が「八幡屋礒五郎七味唐がらし銀缶」
<写真を拡大>

左が「八幡屋礒五郎七味唐がらし銀缶」

 ここで長野にどっぷり浸ってしまったら、エレベーターで4階へ。そこには、就職・移住相談コーナーが待っています。

 みなさん関心があるグルメの物販ですが、売れ筋ナンバーワンは「八幡屋礒五郎七味唐がらし銀缶」。パッケージを銀座の「銀」をイメージした缶に替えた同店オリジナルの製品です。銀座と長野にある八幡屋礒五郎本店でのみの販売です。

 銀座NAGANOのオリジナル商品では、他にも人気パティシエ・鎧塚俊彦氏とエッセイスト・玉村豊男氏がコラボしたパウンドケーキや、八ヶ岳ジャージー牛乳と小布施栗がコラボした「小布施栗ミルクジャム」などがあります。

シナノゴールドとサンふじ
<写真を拡大>

シナノゴールドとサンふじ

 2位は、首都圏の人にとっては長野県のもっとも親しみやすい食べ物かもしれませんね。リンゴ。さすがにイートインの手前、お店で一番目立つ場所に置かれています。

 ちょうどシナノゴールドとサンふじが並んで販売されていました。いろどりが美しい。

 3位はおやき「小川の庄 縄文おやき 野沢菜」。じろまるいずみさんが指摘した「小麦粉消費支出額日本一」を証明するかのように、この後5位、6位、8位、9位と売り上げベストテンの実に5つがおやきの中身違いです。

長野県の味・おやき
<写真を拡大>

長野県の味・おやき

 やはりおやきは長野を代表する味なんですね。

 4位は「ヌーベル梅林堂」の「くるみやまびこハーフ」。山羊の乳と砂糖を時間をかけて煮て、そこに縁側で干したくるみを入れた岡谷のお菓子です。1個120円の手軽さがうれしい。

 7位は「就一郎漬本舗の本漬野沢菜」。本漬というのは、野沢菜の旬である秋に収穫して漬け込み越冬する、昔ながらの漬物に近い製法で作る野沢菜漬です。一度醗酵させるため、浅漬けとはまた違った味わいがあります。

「就一郎漬本舗の本漬野沢菜」
<写真を拡大>

「就一郎漬本舗の本漬野沢菜」

 北陸新幹線伸延による「素通り対策」、2020年の東京オリンピックに向けてオリンピック開催地である長野をアピールするなど様々な役割を担って誕生した銀座NAGANO。他県のアンテナショップとは一味違う店づくりは、ミュージアム的な要素も多分にあり、お店の中を巡るだけでもけっこう楽しくなります。

 場所は銀座4丁目交差点のすぐ近く。週末の買い物帰りにちょっと立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

 カウンターでワイングラスでも傾けながら。

(デスク)

11月21日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について