おかわり 広島ラーメン、激辛つけ麺、暴れ食い



「広島県実食編 タコ足が『朝日養素』に敬礼す」はこちら

盛り合わせにホルモン汁、めし(中)
<写真を拡大>

盛り合わせにホルモン汁、めし(中)

 やって来ました広島実食編。今回も野瀬とは別行動で、広島市と呉市を中心に回ってきました。

 広島空港に降りたってまず食べに向かったのは、本編でも大いに話題になったホルモンの天ぷらです。

 訪れたのは、みんみん(♂)さん=以下、みんみんさん=に教えていただいた「たかま」です。

 場所は広島市西区の都町。市内電車の観音町電停に近い住宅地です。

衣がカリカリ
<写真を拡大>

衣がカリカリ

 のれんをくぐると、壁にずらりとメニューが並んでいます。しかし何せ東京モン、ホルモン天ぷらは初めてですので注文の仕方すら分かりません。お店の方に教えを請うと、盛り合わせが良かろうとのことで、ホルモン、白肉と野菜の盛り合わせ、ホルモン汁、めし(中)を注文しました。

 ちなみに白肉とはミノのこと。牛の第一胃袋です。白「肉」という文字から正肉をイメージしたのですが、白肉も内臓肉でした。

 白モツだけでなく、けっこういろいろな部位が天ぷらになっています。

ポン酢とトウガラシで食べる
<写真を拡大>

ポン酢とトウガラシで食べる

 全体的に揚げ油の温度が高めで、衣のカリカリが立った揚げ方です。そして、皿に盛られるときにはホルモン天、野菜天に限らず、細かく切って出されます。

 食べ方は、ポン酢と大量のトウガラシをつけて。カリカリが強いので、少し浸さないとポン酢が染みません。また、トウガラシは韓国のものでしょう、辛みが非常に弱いので、大量にかけます。

 食べた感覚は、ホルモン焼きと天ぷらの融合。そのまんまですが。一見不釣り合いなカップルが、実はいい夫婦、みたいな感じなのです。白いご飯によく合います。

染みる味
<写真を拡大>

染みる味

 脂っこいホルモンに衣をつけて揚げるのですから、事前にはくどいイメージがあったのですが、ホルモンの脂はよく掃除されていて、またタレがポン酢のため意外にさっぱりと食べられました。

 そしてホルモン汁が実にいい味です。染みる感じ。魚介の天ぷらにお味噌汁が添えられた天ぷら定食のような、お似合いの2皿です。

 本編で話題になった「刃渡り12センチ」に出合えなかったことが唯一の心残りでしたが「午後ももういっちょ頑張るか」って気になれるお昼ご飯でした。

造船のまち、呉
<写真を拡大>

造船のまち、呉

 さて、腹も膨らんだら、呉へと向かいます。

 今回はあえて、原爆ドームに平和記念資料館、夜が更けたらお好み焼き、というパターンを外しました。日本人として生まれたからには一度は見ておかなければならない、食べておかなければならないものであることは疑いないのですが、典型的なガイドブックの観光ルートでもあり、食べBらしくないと考えたからです。

 現在の広島繁栄の礎になったのは「軍」です。日清戦争の拠点として、急速に都市インフラが整備され、明治27年には大本営が広島に移され、議会も広島で開かれるなど「臨時首都」化したほどです。その後の日露戦争、第1次世界大戦を経て、広島は軍都として大きく発展しました。

大和ミュージアム
<写真を拡大>

大和ミュージアム

 その軍都の側面を確かめるべく、呉と江田島を今回の旅の中心に据えました。

 呉は、県内では広島市、福山市に次ぐ人口第3のまちです。明治22年に海軍呉鎮守府が設置されて「海軍のまち・呉」の歴史が始まります。単なる軍事拠点としてだけでなく、艦船の建造も大規模に行われ、工業都市としても発展しました。

 そんな呉の造船技術の象徴といえるのが世界最大の戦艦・大和です。その大和と大和を生んだ呉の歴史と、造船、製鋼をはじめとした各種の「科学技術」を展示しているのが、呉市海事歴史科学館(愛称:大和ミュージアム)です。

10分の1サイズの戦艦大和
<写真を拡大>

10分の1サイズの戦艦大和

 ミュージアム内に展示された、10分の1サイズの大和のでかいことでかいこと。広い吹き抜けの展示室いっぱいに大和が鎮座し、見学者が小さく見えるほどです。10分の1にも関わらず。

 もっとも興味深かったのが、大和建造の過程で培われた技術が、大型タンカーをはじめとする戦後日本の造船業に生かされたというエピソードです。排水量こそ世界最大ではありますが、戦艦としての機動性を確保するため、大和の船体は排水量ほどに大きくなく、部品の一つひとつが精緻に設計・製造されているのだそうです。

歴史の見える丘公園から見た「大和のふるさと」
<写真を拡大>

歴史の見える丘公園から見た「大和のふるさと」

 大和を建造したドックは埋め立てられて現存していませんが、周辺一帯は現在でも造船工場として稼働中です。

 市内にある歴史の見える丘公園に行けば、工場の巨大さを一望できます。

 大和ミュージアムの道路を挟んだ向かいには、海上自衛隊呉史料館(愛称:てつのくじら館)もあります。

 かつて実際に使われていた大型潜水艦を陸上に引き上げ、そのまま博物館にしたものです。これまたでかい。

てつのくじら館
<写真を拡大>

てつのくじら館

 展示のテーマは、潜水艦そのものと海に敷設された機雷を潜水艦などで除去する「掃海」なのですが、食べBデスクとして最も興味深かったのは、潜水艦の中での食事です。

 潜行中は昼夜の区別が付きにくくなるため、食事が「体内時計」の「標準時」になるのだそうです。1日4回、朝昼夕に夜食を加えた4回の食事で1日の流れを形作ります

 カレーなどの「海軍グルメ」をはじめとして、実に美味しそうなメニューが展示してありました。肉体労働ですから、量もたっぷりです。

珍来軒
<写真を拡大>

珍来軒

 カレーだけでなく、呉が発祥の地といわれる肉じゃがや細うどんなど、様々なご当地グルメがひしめく呉ですが、その中で、ターゲットとして選んだのは冷麺ととり皮のみそ煮でした。

 てつのくじら館を後にして商店街にある、呉冷麺の元祖店にして超人気店という「珍来軒」を目指します。夕食前の軽いおやつのつもりで足を運んだのですが、なんと「売り切れ、営業終了」の看板。

 あちゃぁ…。

がんす
<写真を拡大>

がんす

 がっくりと肩を落として引き返そうとしたその瞬間、看板に貼り付けたられた紙切れが目に入りました。近くにあるビアホールのメニューに冷麺があるのだそうです。今宵のお店がケッテイしました。

 開店を待ち構えるようにして入った「海軍さんの麦酒館」。何せ麦酒の館ですから、飲まないわけにはいきません。6種類の自家醸造ビールから3種類を選んで飲むことができる「3点セット」を注文しました。

 いきなりシメの麺料理でビールを飲むのも無粋です。ビールのツマミを注文します。

とり皮のみそ煮
<写真を拡大>

とり皮のみそ煮

 まずは本編に登場したがんすです。呉はがんすの本場ですからね。からっと揚がったパン粉とちょっと甘い魚のすり身がビールによく合うんだな、これが。

 そして、直前に野瀬から必ずチェックするよういわれてい」たとり皮のみそ煮。

 とり皮の脂と麦味噌の甘みが溶け合って、かなりこってりした味わいです。針ショウガを入れることで、脂っこさと甘さを和らげている感じでした。関東人の舌からするとけっこうな甘さなので、七味トウガラシは不可欠です。

呉の冷麺
<写真を拡大>

呉の冷麺

 以前食べた福島県喜多方市・塩川の鳥モツ煮を思い浮かべました。塩川の鳥モツ煮は醤油味なのですが、醤油・味噌という味付けよりも、脂っこさと甘さの方が印象に残るのです。こういう味は、汁ごと白いご飯にぶっかけて食べてもいいかもしれません。

 そしてシメはもちろん冷麺です。

 見た目は冷やし中華っぽくありませんか? でもタレじゃなくて明らかにつゆなんです。しかもぴりっとトウガラシが効いている。野瀬が今回僕に命じたテーマは「硬いものと辛いもの」。呉の冷麺も、実は「辛いもの」だったとこのとき初めて知りました。

朝から刺身定食1300円
<写真を拡大>

朝から刺身定食1300円

 タバスコをこよなく愛する僕が大好きな味は「辛くてすっぱいもの」。呉の冷麺そのものじゃないですか! 見てください、冷麺に添えられてきたお酢の瓶。ボトルの中に「愛」が踊っているのがおわかりいただけると思います

 2日目の目的地は江田島です。

 海路では広島・宇品港の目と鼻の先ですが、陸路となると呉から音戸の瀬戸を渡って倉橋島へ、さらに橋を渡って江田島へというルートになります。せっかくなので、倉橋島の新鮮な魚介で朝ご飯を食べることにしました。

酒飲んじゃダメ?
<写真を拡大>

酒飲んじゃダメ?

 訪れたのは、地元の人たちが通うという寿司店「かず」です。朝から寿司?と思われるかもしれません。実は「かず」のとなりが家続きの喫茶店でモーニングサービスといっしょに朝から魚料理を提供しているのです。

 寿司店の方ののれんをくぐったのですが「出すものは一緒だから」と喫茶店の方に通されました。

 食べたのは刺身定食。タコ、イカ、タイ、ヒラメ…。朝からいいの? こんなに食べて? 酒飲んじゃダメ? みたいなラインナップです。どれも鮮度抜群なので、歯ごたえがスゴイ。かといって硬いわけじゃありません。

旧海軍兵学校生徒館(通称:赤レンガ)
<写真を拡大>

旧海軍兵学校生徒館(通称:赤レンガ)

 ヒラメの縁側で炊きたてのご飯をかき込むなんて。シアワセ満載です。

 で、なぜ江田島か? 旧海軍兵学校、現在の海上自衛隊第一術科学校をぜひ訪れたかったのです。

 海軍兵学校は、明治21年に東京・築地からこの地に移転し、終戦にいたるまで、数多くの士官を輩出してきました。

 司馬遼太郎の長編歴史小説「坂の上の雲」でも、主人公の一人・秋山真之がここで学んだことが描かれています。

大講堂
<写真を拡大>

大講堂

 ここに、海軍の歴史がぎゅっと詰まっているはず。そう思ったのです。

 大正6年に建てられた大講堂は、入っただけで背筋がぴんと伸びる気がしました。堅固な石造り、高い天井のホールは、話し声を確実に列席者に届けてくれます。音響設備は今でも不要だそうです

 赤れんがの旧海軍兵学校生徒館、現在の幹部候補生学校庁舎は、左右対称、横長の威風堂々たる建物。前庭の砂は掃き清められ、きれいな砂紋が描かれていますドラマで秋山真之を演じた本木雅弘さんが走った長い廊下そのものが美術作品のような美しさです

教育参考館
<写真を拡大>

教育参考館

 そんな中でも特に心を奪われたのが教育参考館でした。

 日露戦争を勝利に導く日本海海戦を指揮した東郷平八郎元帥の遺髪に始まり、指揮官から兵士に至るまで、多くの人々が関わった海軍の歴史資料を展示しています。

 講堂も生徒館も立ち入り制限をきちんと守れば撮影可能なのですが、ここだけは別です。脱帽など、さらに居住まいを正すことが求められます。多くの遺書・遺品を展示しているからです。

 若い兵士たちがどのような気持ちで前線に向かっていったのか…。勇ましい遺書だけではありません。口語体の、残す家族への切実な思いを綴った遺書には胸が痛みました。

いたるところにカキいかだが
<写真を拡大>

いたるところにカキいかだが

 江田島を後にすると、呉へと戻る道はほぼ海面と同じ高さです。岡山の日生もそうでしたが、瀬戸内にある港町の道は、海と一緒にたどれるのが魅力的です。

 ガイドブック的な食は追わないと決めたにもかかわらず、音戸のまちなかに立ち並ぶカキ小屋で、思わず生ガキを買って、自宅に送ってしまいました

 呉も後にして、野瀬やみんみんさんとの夜に向けて、広島市内へと移動します。

 事前の予定を上回って江田島に滞在してしまったので、昼の時間を大幅に過ぎて、お腹はもうペコペコです。

流行屋のつけ麺
<写真を拡大>

流行屋のつけ麺

 向かったのは広島風激辛つけ麺の店「流行屋」です。まっかなつけ麺は、元祖といわれるお店が有名な取材拒否店のため、高校の後輩でもある著名なグルメライター・はんつ遠藤さんにおすすめの店を紹介してもらいました。

 小辛・中辛・大辛とありましたので、注文はもちろん大辛。でも、僕にはあまり辛くありませんでした。

 お腹も減っていましたし、さっぱりとして一気に食べられて、とても美味しいとは思ったのですが、心に秘めたチャレンジ・スピリットが満たされなかったことは心残りでした。

広島ラーメンの老舗、陽気
<写真を拡大>

広島ラーメンの老舗、陽気

 お腹が空いていたこともあり、もう1杯くらいなら食べられそうです。とはいえ、同じ料理をはしごしていては取材になりません。チャレンジ・スピリットはいったんさやに納めて、次なるターゲットを広島ラーメンに定めました。

 広島ラーメンも本編で話題になったご当地グルメですね。伝統的なご当地ラーメンとは別に、新規にカキなどのエキスを取り入れた広島ラーメンなどもあり「広島ラーメンっていったいどんなラーメン?」になってしまったテーマです。

 今回は、元祖店といわれる「陽気」を訪ねました。

陽気の中華そば
<写真を拡大>

陽気の中華そば

 まず驚かされたのが、シンプルすぎるメニューです。中華そばとビール、おむすびのみ。チャーシューめんもなければ大盛りすらありません。

 とはいえ、たっぷりのチャーシューととんこつスープ、まっすぐな麺に、九州の影響が垣間見えました。

 夜までの空き時間は、ひろしま美術館で過ごしました。ほぼ四半世紀前、書籍編集者として広島の都市経済の本を作るために訪れた際、たまたま出合ったのがひろしま美術館の収蔵品であるクロード・モネの「セーヌ川の朝」でした。

お好み焼きも食べちゃった…
<写真を拡大>

お好み焼きも食べちゃった…

 美術に疎い野獣の僕は「印象派」ということばすら知らず、まさに「朝もや」な色彩に心を奪われました。後に、オルセー美術館展で図録のデジタル化に取り組み、経済新聞社の王道から全速力で外れていき、ご当地グルメにたどり着こうなどとは、あの当時思ってもみないことでした。

 野瀬、みんみんさんと合流後のお話しは本編をお読みいただくとして、おかわりの最後は、野瀬と分かれた後のこと。

 広島に来たからにはやはりお好み焼きを食べないと、と酔いに任せて当初の決意を反故にしました。

激辛つけ麺
<写真を拡大>

激辛つけ麺

 「中ちゃん」でコナモン食べたのに。

 結局はこれも現場で変更になるのですが、最終日は宮島へ行ってアナゴめしを食べると決まっていたので、食べたいものがあれば、残された時間はもうありません。

 ふくれたお腹をさすりつつ、意を決して入ったのは激辛つけ麺のお店でした。

 だって、僕のチャレンジ・スピリットが…。

 カウンターには「スケール」が貼り付けられていました。

口から火が出ます…
<写真を拡大>

口から火が出ます…

 0=お子さんもOK、1=辛いの苦手な人、2=とりあえずここから!?、3〜5=辛いのが好きな人、6〜10=顔から汗!汗!汗!!、10〜15=口から火が出ます…、16〜19=うわああぁぁぁぁ…、20〜=番付入りです

 したたか酔っていて、どういうロジックで決めたのかが判然としないのですが、僕が頼んだのは「12」でした。チャレンジ・スピリットはどこに行ったの? 単にジーン・シモンズ(KISS)になりたかっただけ?

 けっこう鼻水を噴出させて、ティッシュの山を築いたことだけは記憶に残っています。

デスクの琴線に触れた汁なし坦々麺
<写真を拡大>

デスクの琴線に触れた汁なし坦々麺

 でも、今回の旅で僕の琴線に最も触れた「愛」は、汁なし担担麺でした。

 汁なし担担麺については、今回の取材に同行してくださったみんみんさんからのレポートが届いていますので、続いてご紹介します。

汁なし担担麺の「きさく」
<写真を拡大>

汁なし担担麺の「きさく」

 広島で、最初に汁なし担担麺を出した店は「きさく」。町工場の片手間に始めた店でした。

 もともと出していたのは普通の広島ラーメン。ランチタイムだけの短時間営業。直線のカウンターに6人くらいで満席だったでしょうか。

 それが中国人女性に本場・四川の担担麺を習い、広島で初めての汁なし担々麺を提供しだしたのが13年ほど前のこと。その、花椒を使った痺れる辛さはたちまち人々を虜にし、行列のできる店となりました。

ネギたっぷりの汁なし坦坦麺
<写真を拡大>

ネギたっぷりの汁なし坦坦麺

 私などはこのとき、これぞ盛岡のジャージャー麺や宇都宮の餃子のように、新たな広島のB級ご当地グルメとして全国に発信していけるものだと確信を持ちました。

 ところが当初、意外にも広島では広がりませんでした。

 当時、より人気を集めていたのは「広島風つけ麺」。ゆでた麺の上にチャーシューとキャベツが盛られ、辛くてすっぱいタレにつけて食べるというものです。

 なぜ広島人は汁なし担担麺を理解しないのか…。ずっとひそかに心痛めていました。

まぜればまぜるほどおいしい
<写真を拡大>

まぜればまぜるほどおいしい

 ところがこの数年で明らかに流れが変わりました。市内には「キング軒」「花山椒」といった同業の店が数多くできました。さらに聞いた話では、地元放送局で、これら汁なし担担麺の店の主人たちが大挙して本場・四川の店を訪れる番組まで放送されたとか。

 この話を聞いたとき、私は13年という歳月に思いをはせ、感慨にふけりました。ようやくここまで来たかと。

 そして訪れた久しぶりの「きさく」。

 かつて町工場の片隅にあった店から南に100mほど下ったビルの1階。真っ赤な外装は2003年秋の移転当時から変わっていません。

50円でご飯盛り放題
<写真を拡大>

50円でご飯盛り放題

 時間の都合で11時開店の15分前に着いたのですがすでに2人の先客が。日曜日ということもあり開店時には10人が並んでいました。

 味は変わっていませんでした。

 極辛の食券を出してなお「辛めで」と注文したため主人が大サービスをしてくれたのでしょうか、花椒の痺れる辛さでどんどん唇の周囲の感覚が麻痺していくのがわかります。しかし辛いだけでなくうま味がしっかりとあるために箸が止まりません。

痺れるうまさ
<写真を拡大>

痺れるうまさ

 大満足です。50円でてんこ盛りし放題の白いご飯も。

 東京でもまだそれほど一般的になっていない汁なし担担麺のこの"痺れるうまさ"は、ぜひ広島で堪能してほしいと思います。

 広島に自然発生し、長い歳月を経てしっかりと地域に根付いた「広島汁なし担担麺」。

 私としては、この「広島汁なし担々麺」がB−1グランプリに参加する日を夢見て、ひそかにこれからも応援していこうと思います(みんみん(♂)さん)

(デスク)

3月28日
 

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について