おかわり 門司港レトロ・カレーフェスティバル開催



門司港駅(現在修復工事中)
<写真を拡大>

門司港駅(現在修復工事中)

 今回、本編で門司港焼きカレーが登場しました。

 門司港は、明治から昭和のはじめにかけて海外との交易で栄えた貿易港です。木造で、国の重要文化財に指定されている門司港駅をはじめ、中林20系さんのメールにもあるように、歴史的な建築物が多く残されています。

 昭和30年代に生まれたと言われる焼きカレーは、そんな大正浪漫ただよう門司港の街並みにぴったりの人気メニューです。多くの店舗で焼きカレーが提供されていて、マップもあります。

門司港焼きカレー
<写真を拡大>

門司港焼きカレー

 駅前から岸壁、海峡近くまで「門司港レトロ」を歩きがら、思い思いの場所で焼きカレーを食べることができるようになっているのです。

 そんな焼きカレーのまち・門司港で、全国のご当地カレーが一堂に集まるイベントが開催されます。

 3月7日(土)と8日(日)の2日間、午前10時から午後4時まで(売り切れ次第終了)、駅から徒歩5分ほどの門司港レトロ中央広場・親水公園で行われる「門司港レトロ・カレーフェスティバル」です。

大村あま辛黒カレー
<写真を拡大>

大村あま辛黒カレー

 提供されるのは、当サイトでおなじみの大村あま辛黒カレー(長崎県)やよこすか海軍カレー(神奈川県)、土浦ツェッペリンカレー(茨城県)、富良野オムカレー(北海道)など、地元の門司港焼きカレーも含め15種のご当地カレー。

 せっかくなので、何人かで連れだって、食べ比べるのもいいでしょう。もちろん、地元のお店の焼きカレーも。

 門司港駅前には、九州鉄道記念館もあります。門司港を本社にした九州初の鉄道会社「九州鉄道」は、九州北東部の鉄道網を整備し、石炭輸送で栄えた、日本有数の大企業でした。そんな九州の鉄道の歴史を見ることができます。

九州と本州を徒歩で行き来できる
<写真を拡大>

九州と本州を徒歩で行き来できる

 また、和布刈(めかり)まで足を伸ばせば、関門橋を真上に見ながら、対岸の本州を眺めることもできます。

 さらに、地下の関門トンネルには人道があります。海の下を、九州と本州を徒歩で行き来できるなんて、貴重な経験だと思いませんか?

 歩いてお腹が空いたら、カレーを楽しむ…。春の門司港レトロを楽しむには格好の機会かもしれません。

(デスク)

2月20日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について