おかわり 秋田・横手のおいしさ満載、合併10周年記念パーティー



2日間で12万2000人が来場
<写真を拡大>

2日間で12万2000人が来場

 6月13日(土)、14日(日)の2日間、秋田県横手市で「YOKOTE I believe」が開催されました。

 2005年に、旧横手市と旧平鹿郡に属する増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村すべてが合併し、新制横手市となって今年でちょうど10年になります。その節目に、横手市を構成する8つの地域から、伝統行事やお祭り、特産品など「おらほの自慢」を手に市民が集まり、盛大にお祝いのパーティーを開こうというイベントです。

各地の物産が一堂に
<写真を拡大>

各地の物産が一堂に

 横手はかまくらややきそば、増田は蔵、平鹿は酒蔵、雄物川は歴史と自然、大森はワイン、十文字はさくらんぼと中華そば、山内はニンジンやサトイモ、大雄はホップと、それぞれ歴史ある地域だっただけに、名物も盛りだくさんです。

 市役所前の大通りを通行止めにして、各地区ごとに特産品がずらり並びます。

 ステージでは横手や増田のぼんでんをはじめ、各地区の民俗芸能、祭礼が披露されます。

 そんなパーティーに華を添えたのが、B−1グランプリの歴代ゴールドグランプリ受賞団体です。

みんなで一体になって歌い踊る
<写真を拡大>

みんなで一体になって歌い踊る

 地元の横手やきそばサンライ’Sを筆頭に、富士宮やきそば学会、甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊、ひるぜん焼そば好いとん会、八戸せんべい汁研究所、浪江焼麺太国、十和田バラ焼きゼミナールの7団体が、ご当地グルメと楽しいパフォーマンスで盛り上げます。

 出展団体だけでなく、東北を中心に各地のまちおこし団体からも仲間が集まり、高校生など地元市民も巻き込んで、みんなで歌い踊る…。B−1グランプリの雰囲気そのままに、横手市の10回目の誕生パーティーが進んでいきます。

ババヘラアイス
<写真を拡大>

ババヘラアイス

 会場内には、秋田県の夏には欠かせないババヘラアイスや十文字の中華そば、山内のいものこ汁など、横手やきそば以外のご当地グルメも多数並びました。

 夜になれば、いぶりがっこをつまみに平鹿の地酒や大森のワイン、大雄のホップで作ったプレミアムビールで楽しいひと時。僕も横手の魅力を存分に味わってきました。

 発酵文化の土地柄だけに、漬け物が本当に美味しい。そうそう、秋田県南と言えば、じゅんさいも名産です。他にもはたはた寿司きりたんぽ…秋田の美味しいものがあふれていました。

増田高校書道部の皆さんのメッセージ
<写真を拡大>

増田高校書道部の皆さんのメッセージ

 閉会式では、地元・増田高校書道部の皆さんが、横断幕にパフォーマンスとともにメッセージを認めるなど、最後まで「横手市民の・横手市民による・横手市民のためのパーティー」が貫かれました。

 一方、盛り上げてくれた愛Bリーグ加盟団体には、10月3日(土)4日(日)に開催が予定されている今年のB−1グランプリin十和田の成功を願う、市民の寄せ書きが贈られました

 最後は、市長も実行委員長も高校生も、愛Bリーグ加盟団体のメンバーと一緒になって肩を組み、B−1グランプリ公式ソング「この街と」を熱唱。

全員が肩を組んでフィナーレ
<写真を拡大>

全員が肩を組んでフィナーレ

 人口10万人の横手に2日間で12万2000人の来場者を集めて、パーティーは幕を閉じました。

 横手市中心部だけでなく、市内各地域に、それぞれ魅力的な食、観光拠点があることを再認識させられた今回のパーティー。また横手に行こう、そう思いながら東京に帰ってきました。

(デスク)

6月19日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について