今週のおかわり 食を通じて被災地を知る〜長崎県大村で「復興カフェ」



(右から)八島太王、浅見事務局長ら登壇者
<写真を拡大>

(右から)八島太王、浅見事務局長ら登壇者

 2月1日(土)と2日(日)の2日間、長崎県大村市の商業施設・コレモおおむら広場でイベント「コレモおおむら生誕500日祭×B−1グランプリ」が開催されました。同時開催イベントとして1日目のイベント終了後に開かれたのが「復興カフェ 東北福島・浪江町の今!」と題したトークライブ。

 会場に昨年のB−1グランプリin豊川でゴールドグランプリを受賞した浪江焼麺太国の八島貞之太王と浅見公紀事務局長を迎え、地元・大村および九州でまちおこしに取り組む仲間とともに、震災直後の出来事や、その後の避難生活、まちおこし活動への取り組みなどについて語り合いました。

来場者には浪江焼そばが振舞われた
<写真を拡大>

来場者には浪江焼そばが振舞われた

 浅見事務局長から、まず、震災直後の浪江町の様子が生々しい写真とともに紹介されました。地震によって倒壊した建物での救助活動や津波による被害、さらには原発事故で立ち入りを制限されて以降のひと気のなくなったまちの様子などについて多くの来場者が固唾を呑んで聞き入ります。

 続いて八島太王からは、避難生活での苦労話が語られました。家族と離れて暮らさなければいけないことや避難先での仕事の確保など、これまでに体験してきた様々なエピソードが飛び出してきます。

子どもたちから義捐金の贈呈
<写真を拡大>

子どもたちから義捐金の贈呈

 避難生活の中でのまちおこし活動にも苦労話は満載です。なかなかメンバーが集まれない状況や、その一方でまちおこし活動による訪問先で出合う被災地出身の方たちとの交流…。つらいことと喜びとが折り重なった活動の末のB−1グランプリin豊川でのゴールドグランプリ獲得、そして今年開催が予定されているB−1グランプリin郡山に込められた想いも語られました。

 最後は地元の小学生たちがためた義援金が八島太王に手渡され、浪江焼麺太国からは自慢の浪江焼そばが振る舞われました。被災地・福島と遠く離れた九州・長崎とが大村の地で、ご当地グルメを縁に結ばれたのです。

今治焼豚玉子飯
<写真を拡大>

今治焼豚玉子飯

 先週もご紹介しましたが今週末には福岡県北九州市と新潟県南魚沼市で、さらに翌週末の15日(土)16日(日)にも愛媛県今治市の「今治ABC(えびす)祭」で、B−1グランプリとコラボレーションしたイベントが開催されます。

「今治ABC祭」には、地元の今治焼豚玉子飯世界普及委員会の他に、浪江焼麺太国十和田バラ焼きゼミナール(青森県十和田市)富士宮やきそば学会(静岡県富士宮市)伏見稲荷寿司ひろめ隊(京都市伏見区)あかし玉子焼ひろめ隊(兵庫県明石市)ひるぜん焼そば好いとん会(岡山県真庭市)津山ホルモンうどん研究会(岡山県津山市)備後府中焼きを広める会(広島県府中市)が出展します。

 ご当地グルメを通じて、被災地だけでなく、日本中のさまざまなまちの魅力に触れることができる催しです。食べBにも登場した、様々な「食の方言」を実体験できるチャンスでもあります。足を運んでみてはいかがでしょうか。

(デスク)

2014年2月7日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について