おかわり 鳴ちゅるうどん食べてみました



鳴ちゅるうどん
<写真を拡大>

鳴ちゅるうどん

 たんぽぽさんおよびアルバトロスさんから情報が寄せられた鳴ちゅるうどん。徳島県編スタートを前にいけずな京女さんから冷凍の鳴ちゅるうどんをいただきましたので、実際に作って食べてみました。

 鳴門市では江戸時代から食べられてきたというこのうどんですが、本編にもあるように、これまではあまり知られることがありませんでした。中野晃治さんによって世に知られるようになった鳴ちゅるうどん、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

弱腰で不ぞろいな麺
<写真を拡大>

弱腰で不ぞろいな麺

 本編で野瀬が書いたようにまずは腰の弱い麺。箸でつまんでちぎれるほどの柔らかさです。そして細さ。稲庭うどんほどではありませんが、うどんとしてはかなり細い部類に入ると思います。さらには麺の太さ、長さ、厚さが不ぞろいという点。1本の麺でも部分によって太さや厚さが違うため、食感もバラエティーに富みます。切れ端のような短いものもありました。

 そして出し。昆布とカツオの合わせ出しで、関西風の黄金色の透き通った出しです。その1でも甘さが強調されたように、徳島では概して味が甘い。鳴ちゅるうどんの出しもやはり少し甘めですが、ラーメンのようなはっきりとした甘さではありませんでした。純粋な関東人である僕ですが、この出しはけっこう気に入りました。そばはともかく、うどんには醤油よりも出しを強調した味わいのほうがやはり合うようです。

シンプルな具に黄金色の出し
<写真を拡大>

シンプルな具に黄金色の出し

 さらには具がシンプルなこと。うどんに付いていた説明書によれば、基本は素うどんなのだとか。オススメ通り、ネギと油揚げのみをのせてみました。ちょっと飽きるかなぁとは思ったのですが、不ぞろいの麺が独特の食感で、最後まで飽きずに食べることができました。

 関東人としては油揚げも醤油で煮込んだほうがいいのかなと思っていたのですが、刻んだだけの油揚げが出しを吸ってこれが何ともいえない味わいなのです。出しはもちろん完飲しました。

 でも、やっぱり現地で食べると特別な味わいなんでしょうね。実食編が楽しみですね。

(デスク)

2013年4月5日
 

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について