おかわり 能登半島一周爆食の旅(デスク版石川県食編)



黒板にはこの日のメニューがびっしり
<写真を拡大>

黒板にはこの日のメニューがびっしり

 石川県実食編、今回僕のメイン担当は能登半島です。

 羽田空港から能登空港へと飛び、そこからまず能登島を目指します。野瀬からのミッションは「能登島の安くてうまい魚を食ってこい」。事前に情報収集して「ここ!」と決めていたのは能登島大橋のたもとにある「お食事処 みず」でした。

 お店に入ると広いのなんの。しかもメニューが豊富。見てくださいこの黒板。肉から魚から、刺身から、焼魚、煮魚、揚げ物…、果たして何種類あるんでしょうか。さらにご飯と味噌汁は、1回盛り切りで好きな分だけ

刺身焼魚定食
<写真を拡大>

刺身焼魚定食

 さらに、ずらりと並んだ小鉢から定食なら3皿、丼物でも2皿選べるのです。メニューのバリエーションはもう無限大に近い。人気のサービス定食500円にも心が動いたのですが、ここはやはり能登の魚を満喫しないと。ということで、ゴーカに刺身焼魚定食。

 お刺身は、甘エビ、カンパチ、カレイ、メジマグロ、バイガイ

 焼魚は黒板から選びます。「お母さん、きょうは何がおいしいの?」「何でもおいしいよ」なんて会話がいいじゃないですか。

ずらりと並ぶ小鉢が圧巻
<写真を拡大>

ずらりと並ぶ小鉢が圧巻

 で、特にオススメのカレイを注文。ひらべったいカレイですけど、身もたっぷりです

 小鉢は、サラダ、お新香、ちょっと変化球で揚げ餃子

 もう朝から満腹です。シアワセ

 開店早々に入ったのですが、昼時が近づくにつれ、次から次へと客が入って来る。あっという間に席が埋まっていく様子が、いかにも繁盛店らしかったです。

 お腹いっぱいで能登島大橋を渡れば、そこは和倉温泉です。

地もののアンコウがなんと1500円
<写真を拡大>

地もののアンコウがなんと1500円

 和倉温泉と言えば、日本が世界に誇るサービス業の鑑・加賀屋ですね。でも、こんな高級旅館に泊まれる身分じゃありません。無料の足湯に浸かったら、七尾市街へと向かいます。

 七尾でのチェックポイントは「能登食祭市場」。食はもちろんのこと工芸品やお祭まで七尾の観光資源を一堂に集めたスポットです。

 僕の目当てはもちろん食。新鮮な能登の魚介です。ノドグロ本編にも登場したもずく、そして何とアンコウまで。この大きさで1500円とは。でも、絶対自分じゃさばけません。

ふぐの卵巣のぬか漬け
<写真を拡大>

ふぐの卵巣のぬか漬け

 名物のふぐの卵巣のぬか漬けもありました。お土産で買って帰ったんですけど、塩っからさが何とも酒のつまみですね。珍味、珍味。

 あと、イカを中のワタごと干したもみいか。乾き物とは思えないほどの濃厚な味わい。これも酒が進みますね、確実に。

 そして夏の日本海と言えば岩ガキです。お店で貝を開けてくれて、その場で食べることができます。もちろん食べます。

特大岩ガキ
<写真を拡大>

特大岩ガキ

 子どものこぶし大。言っておきますが、身に刺さっているのは爪楊枝じゃありませんからね。やきとりに使う串です。これで1個900円。

 甘くて濃厚で、もうシアワセハッピー。場内のテーブルで食べていたのですが、通りかかったおじさんが「それどこで買ったの?」と聞いてくるほど魅惑のビジュアルでした。

 さあ、まだ旅は始まったばかりです。先を急ぎましょう。

 腹ごなしに観光スポットを回っていきます。軍艦の形をした見附島空中展望台スカイバードからは空中に金網状の廊下が突き出していて、オーシャンビューを満喫できます。でも、高所恐怖症の人は無理かも。

禄剛崎灯台 能登半島の最先端
<写真を拡大>

禄剛崎灯台 能登半島の最先端

 そして能登半島最先端の禄剛崎灯台へ。先端に立つと背中以外の三方が海です。絶景。ただし、ここは車の乗り入れができません。しかも、駐車場のすぐ目の前がたいへんな急坂。体力のない人、心臓の弱い人は無理かも。

 能登半島の先端は珠洲市なのですが、ここで見つけたのが珠洲焼。古墳時代から平安時代にかけての須恵器の技法を受け継ぎ、高温で焼き締めるため、軽くて頑丈。鉄分を多く含むことから独特の黒みを持っています。焼酎カップをひとつ買っちゃいました。

石川県といえばもずく
<写真を拡大>

石川県といえばもずく

 初日の宿は輪島。夜の部は地元の人が通うという居酒屋「うめのや」です。ここも能登島の食堂同様とても広い。繁盛してるんでしょうね。

 突き出しの酢の物だけでも飲めそうな気がしたんですけど、それじゃシゴトになりませんよね。食べたのはまずは「ヒラメのお刺身」。ちゃんとエンガワも付いてます

 石川県に来たからにはもずくを食べないと。いやぁ、歯ごたえがあってしゃきしゃきしています。

 で、やっぱりカキに目移りしてしまう。

岩ガキのフライ
<写真を拡大>

岩ガキのフライ

 太平洋側に住む人間にとっては、この季節においしいカキが食べられるのは無上の喜びです。昼に生で食べたので、カキフライにしてもらいました。

 ここで一気にシメまで行く手もあったんですが、チェックしなければならない「石川県ご当地グルメ」は、3日で食べきれる数ではありません。シメは、少しでも腹をこなすために20数分歩いて、郊外の「8番ラーメン」へ。

 金沢カレーは東京でも食べられますが「8番ラーメン」は関東には1軒もありません。食べておかねば。「8番ラーメン」と言えばの野菜ラーメンです。

野菜ラーメン野菜増し
<写真を拡大>

野菜ラーメン野菜増し

 より「野菜感」を高めるために150円追加で払って「野菜増し」にしてもらいました。味は味噌・塩・しょうゆ・とんこつ・バター風味から選びます。野菜なのであっさり塩味にしました。さすがに、佐賀・武雄北方の井手ちゃんぽんにはかないませんが、けっこうな野菜の山です

 輪島と言えば朝市です実食編の旅2日目は朝市からスタートします

 ホテルの朝ご飯は見なかったことにして、まず向かったのは、観光客が気軽に立ち寄れる刺身店を目指して開店したという「プチ刺身店 朝市さかば」。

能登うどんと能登丼のセット
<写真を拡大>

能登うどんと能登丼のセット

 小皿のプチ刺身が売り物で、さらにプチな200円の串刺身なんてのもあります。ちょっとずついろいろな刺身が食べたい、という人に最適です。

 それに朝から酒が飲める。あっ、取材中ですから今回は我慢しましたけどね。朝市で買った魚をその場でさばいてくれるサービスもあります。

 で、僕は刺身で一杯ではなく朝ご飯なので、能登うどんと能登丼のセットを注文しました。どちらも「創作系」のご当地グルメなのですが、地物のおいしい魚が安く食べられるのであれば、それでよしです。

能登うどんには名産のもずくが入る
<写真を拡大>

能登うどんには名産のもずくが入る

 能登うどんは、アゴだしに地元ならではの魚醤・いしるを合わせた冷たい汁で食べるうどんです。ミョウガがたっぷり入っていて、これからの季節にはピッタリですね。梅肉も食欲をそそります。具にはイカげそ、わかめ、そしてこれまた名産のもずくが入ります。

 さっぱりしていてすごく食べやすかったです。

 能登丼は輪島市、珠洲市、穴水町、能登町の奥能登4市町の飲食店で提供されている丼飯の総称です。この日は、ブリの炙り丼でした。

味のカギはタクアンととろろ
<写真を拡大>

味のカギはタクアンととろろ

 ご飯とブリの間には、細かく刻まれたタクアンととろろがのっていました。このタクアンととろろが実にいい仕事をしていて、単なる海鮮丼とは違う個性的な味わいを出していました。

 さぁ、お腹が膨らんだら朝市を歩きましょう。

 メインはもちろん能登半島の魚介類です。鮮魚から干物、加工品までよりどりみどり。

 そして輪島と言えば輪島塗。おっとここでも珠洲焼がありました

本場の輪島塗
<写真を拡大>

本場の輪島塗

 輪島塗は、朝市通りのすぐそばに輪島工房長屋という施設があって、品定めはもちろん、漆器作りの体験や手持ちの輪島塗の修理などもしてくれます。

 たっぷりと朝市を堪能したら、昨日来た道をちょっと逆戻り。輪島から曽々木、珠洲へと向かう道は「塩街道」と呼ばれています。寒流と暖流がぶつかる能登半島の海水は、製塩に最適なのだそうです。道路からも多くの塩田を見ることができます。

 道路脇に「国指定重要無形民俗文化財 能登の揚浜式製塩」と書かれた看板の脇では、昔ながらの製塩作業が行われていました。

孤を描くように海水をまく
<写真を拡大>

孤を描くように海水をまく

 海の水を汲み上げ、それを孤を描くように霧状に塩田へまく。砂をかくはんして水分の蒸発を促し、乾いたらまた海水をまく。砂に塩分がたっぷり付着したらそれを集めて海水で洗い流し、塩分濃度の濃い海水を採る。それをさらに釜で煮詰めて塩を結晶させる、という手法です。

 海水をまく作業が、海水が描く弧が、実に美しい。職人技ですね。

 近くのお店で、後工程の部分も見せていただきました。こちらのお店では、機械式でシャワーを使って塩分濃度を高めそれを釜で煮て煮上がってできた塩を寝かせて、結晶塩とかん水とに分離します

味わい深い「結晶塩」
<写真を拡大>

味わい深い「結晶塩」

 できたての塩をなめさせてもらったのですが、結晶の舌触りと言い、ミネラルたっぷりの味わいと言い、とてもおいしい塩でした。

 さて、再び輪島方面へ戻ります。途中には見どころがいっぱい。滝が直接海に注ぐのは真浦海岸。そして、大きな岩に穴が開いた窓岩もあります

 1000枚を超える小さな田んぼが幾何学模様を描いて海岸まで続くのは、白米千枚田(しろよねせんまいだ)。いやぁ、絶景、ゼッケイ。

門前そば
<写真を拡大>

門前そば

 そうしてたどり着いたのは、総持寺のある門前町。ここで門前そばを食べます。

 近くの山々で採れる自然薯を皮ごとすり下ろし、そば10に対して自然薯6の割合で打ったそばです。入ったのは「手仕事屋」。二八と十割が選べるのですが、やはりここは十割でしょう。

 そばはつるつるしていてしっかりと腰がある薬味はネギと辛み大根。わさびではなく、辛み大根を使うところが、いかにも北陸です。

宝達志水オムライス
<写真を拡大>

宝達志水オムライス

 さぁ、海岸線をどんどん南下していきましょう。

 北海道と大阪を結んで、食や文化を運び続けた北前船。そのオーナーの多くは北陸の人たちでした。北前船による交易がいかに儲かったのか…。「輪島市天領黒島角海家」の立派なお屋敷と北前船資料館に残された大きな山車を見るとそれが分かります。

 さてと、さすがにそばだけでは少し小腹が空いてきました。2度目の昼食はオムライスです。

 本編にも登場しましたね、宝達志水町のオムライス。町役場と同じ敷地の宝達志水町生涯学習センター1階にある「オムライスの郷」にやってきました。

とろふわ
<写真を拡大>

とろふわ

 ホワイトソースのかかったオムライスにも心をひかれたんですけど、やはりここはオーソドックスに。チキンライスにオムレツ、ケチャップと、ごくごくオーソドックスなオムライスなのですが、ケチャップも既製品でなく手作りですし、まちを挙げて取り組んでいるだけのことはあります。

 それにとってもオシャレです。食器もお店も。ちなみに、僕以外はすべて女性客でした。

 さぁ、能登半島の海岸線をぐるりと回った実食編の旅。いよいよクライマックスです。日本海の海を満喫できるドライブスポットが「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」です。

軽自動車だってスイスイ
<写真を拡大>

軽自動車だってスイスイ

 日本で唯一、8キロにわたってクルマで走れる砂浜なのです。砂がきめ細かく、さらにひと粒ひと粒が海水を含んで引き締まるため、オフロード車でなくても走行できます。

 目の前では、大型観光バスもバイクもびゅんびゅん走ってます。窓を開けて潮風を浴びながら走ると気持ちいいですよぉ。

 この日は金沢泊。金沢・加賀は野瀬の担当地域ですが、石川県に来たからには金沢の夜も楽しまないとね。野瀬のいちばんのおすすめは、菊姫直営の白山茶屋です。

がび〜ん
<写真を拡大>

がび〜ん

 超人気店で、居酒屋ながら予約が必要とのことだったので、開店時間前、まだ明るいウチから飲む気満々で地下街を歩きました。

 がび〜ん。

 何と臨時休業。楽しみにしてたのに…。仕方なく、腹ごなしと時間調整もかねて香林坊まで歩いて、第二候補の金沢おでんの名店「赤玉本店」に到着しました。

 まずはかに面、と思ったんですけど、メニューのどこを探しても載ってない。もしかして冬だけ?

たまご焼、ふかし、しのだ巻、つぶ貝、大根
<写真を拡大>

たまご焼、ふかし、しのだ巻、つぶ貝、大根

 まっ、とにかく東京になさそうなおでんダネを中心に食べていきましょう。

 たまご焼ふかししのだ巻つぶ貝大根

 たまご焼にはちょっとびっくり。ゆで卵は大根と並ぶおでんダネの王様ですが、だし巻きタマゴをおでんにしちゃうのは初めてでした。

 ふかしは、金沢ならではの練り物。白くてふわふわなんですけど、はんぺんとは違います。う〜ん、カマボコとはんぺんの中間って感じかな。柔らかいんですけど歯ごたえもちょっとある。あっさり味のおいしいおでんダネでした。

金時草のおひたし
<写真を拡大>

金時草のおひたし

 しのだ巻きは、何が巻いてあるのかなーと頼んだら、ワラビでした。油揚げの外側を縛っていたひもをカンピョウだと思ってそのまま食べたら、ワラでした。はき出すのが悲しい。

 いったんおでんはお休みにして、飲み物を常温の菊姫に切り替えて地のものを。本編でも話題になった金時草のおひたしです。

 金時草初体験だったんですけど、おいしいですね。ワカメのような厚さがあって歯ごたえがとってもいい。しゃきしゃきした食感が箸休めにちょうどいいカンジです。おひたしなのに、葉がくたっとしてないのが魅力的です。

サバのへしこ
<写真を拡大>

サバのへしこ

 そしてサバのへしこ。サバを塩漬けにしてからぬか漬けしたものです。僕はへしこのスパゲティーが食べたいがためだけに、毎年福井県の若狹小浜に通っているくらい大好物です。このしょっぱさが、まさしく酒の友。進んじゃいますねー。

 おでん後半戦は、変化球系に行ってみました。

 まずはシュウマイ。串に刺さってますよ。練りものをまとって薩摩揚げにしたギョウザ天やシュウマイ天は東京・立石でもよく食べるんですが、シュウマイそのまんまですからね。人気メニューなのだそうです。

シュウマイ、焼麩、赤巻き、えび真丈
<写真を拡大>

シュウマイ、焼麩、赤巻き、えび真丈

 続いては焼麩。これはありですね。いいカンジ。ちょっと炙ってあるところが実にいいです。

 いかにも北陸らしいのが赤巻き。「の」の字蒲鉾は、北陸の証です。

 最も衝撃を受けたのがえび真丈。えびが、東京で言うはんぺん、白いふわふわのあれの中に入っているのです

 東京でえびしんじょうと言えば海老を白身の魚などと一緒にすり身にしたものですよね。これをパンではさんで揚げれば、長崎のはとし。東京のおでん屋の感覚で、揚げえびしんじょうが出てくると思ってました。

白えびかきあげそば
<写真を拡大>

白えびかきあげそば

 お店の人にそれを話すと「へぇ〜、うちは昔からこれがえび真丈ですよ」とのことでした。いや、びっくり。

 シメは、昨晩同様河岸を変えて。おでんをそれなりに食べてしまったので、再び金沢駅まで延々歩いて腹をこなし、金沢駅の駅そば「白山そば」へ。食べたのは白えびかきあげそばです。

 北陸道に入るとサービスエリアのメニューに白えびかきあげそばが登場するんですよね。要するにかき揚げそばのかき揚げの具が白えびになったものなんですけど、そこが、なんか、北陸っぽいんですよ。

宇宙軒食堂
<写真を拡大>

宇宙軒食堂

 もちろん、かまぼこは「の」の字です。

 さて、最終日。金沢・加賀は野瀬の担当ですから、僕は食べずに兼六園金沢城公園近江町市場と観光スポットの動画撮影に明け暮れます。

 猛烈に歩き回ったので、かなりカロリーを消費しました。

 ということで、金沢では、野瀬が行かない、行きたがらないタイプのお店を1軒だけ。本編でも話題になった宇宙軒食堂です。

とんバラ定食W
<写真を拡大>

とんバラ定食W

 香林坊の近く、繁華街からちょっと入った路地にあるのですが、手前には2階の別店舗へ上がる階段があって、店の入り口がすごく奥まっていて薄暗い。でもそれが、いかにも「庶民の食堂」の雰囲気を醸し出しています。

 食べたのはもちろん「とんバラ定食」。

 デフォルトのとんバラ定食は680円で、ご飯大盛りの「大」が730円、肉が2倍になる「W」が1000円、さらにご飯大盛り・肉2倍の「W大」が1050円です。写真の見映えも考えて「W」を注文しました。

ボリューム満点
<写真を拡大>

ボリューム満点

 店の真ん中に大きな焼き台があって、そこで豚バラ肉を焼き、千切りキャベツをのせたアルミ皿に盛ります。どうです、このボリューム。肉とキャベツを秘伝のたれにつけて食べます

 いやぁ、体のことも考えてご飯は残すつもりだったんですが、ご飯が進んで仕方がない。どんぶりを抱えてご飯を掻き込んでしまいました。

 これにてミッションは終了。後は、小松空港から帰るだけです。とはいえ飛行機の時間にはまだちょっと余裕がある。金沢と小松の間、能美市にある「九谷陶芸村」に寄り道です。

清ちゃんの小松塩焼きそば
<写真を拡大>

清ちゃんの小松塩焼きそば

 お目当てはもちろん九谷焼。佐賀県実食編の有田焼の時と同様、ギャラリーがすらっと並んでいて、多くの作品を物色してお気に入りの九谷焼を見つけることができます。何より、高級食器の九谷焼が驚くほど安い。新技術で誕生したというガラスのカップに九谷焼の脚をくっつけたグラスと円谷プロと九谷焼のコラボレーションで生まれたというカップをお土産に買ってきました

 さぁ、小松へ。まだ少し時間があったので、野瀬が行くことになっていた小松塩焼きそばも食べちゃいましょう。僕が行ったのは元祖店の「清ちゃん」。

麺がもちもち
<写真を拡大>

麺がもちもち

 麺が、黒石やきそばのように太くて平べったいのが特徴です。この麺がもちもちしていてとてもおいしかったです。1人前600円という安さもうれしい。

 結果的に、加賀市を除く石川県のほぼ全域を海沿いに踏破した今回の実食編。これまで、金沢にちょっと立ち寄っただけしかなかったのですが、かなり魅力的。特に奥能登。景色もすばらしい、魚介もおいしい。輪島塗や珠洲焼も。

 また来たい、また食べたいと強い思いを抱きながら帰路につきました。

*映像はflashビデオです。一部機種では再生できないことがあります。ご容赦ください。


(デスク)

7月4日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について