おかわり 北海道どさんこプラザに行ってきました



北海道どさんこプラザ有楽町店
<写真を拡大>

北海道どさんこプラザ有楽町店

 恒例の在京アンテナショップ紹介、今回は東京・有楽町にある北海道どさんこプラザ有楽町店です。

 アンテナショップが集まる交通会館の1階、玄関脇に位置し、取扱商品数1300アイテム、2012年度の実績で年間212万人の来客、8億7000万円の売り上げを誇る、東京でも有数の人気アンテナショップです。

 札幌の地元流通業者が北海道からの委託を受けて店舗運営しているため、品揃えや仕入れが「道内仕様」になっている点も特徴です。

すすきのビール
<写真を拡大>

すすきのビール

 北海道どさんこプラザのホームページでは、催事などの情報だけでなく、どんな商品が人気なのか、そして今どんな商品を新たに取り扱っているのか、最新のデータを常に公開しています。

 ここでは、そのデータをもとに、人気商品をジャンル別にご紹介していきましょう。データは2013年4月、1カ月間のものです。

 呑兵衛としては、北海道と言えばまずビール。北海道どさんこプラザ有楽町店で最も人気が高かったのは、薄野地麦酒の「すすきのビール」でした。

グリーンアスパラ
<写真を拡大>

グリーンアスパラ

 地ビールの多くが瓶詰めなのに対し「すすきのビール」は缶入りで、取り扱いの容易さも人気の理由のようです。味はあっさりと軽いラガービールです。

 農作物の人気ナンバーワンはグリーンアスパラです。北海道から届く新鮮なグリーンアスパラを求めて、入荷待ちになるほどの人気だそうです。

 個人的にはホワイトアスパラも捨てがたいんですよね。特に子どものころに親しんだ、缶入のゆでたホワイトアスパラ

えだ豆納豆
<写真を拡大>

えだ豆納豆

 北海道どさんこプラザ有楽町店では缶詰はもちろん、生のホワイトアスパラも、ゆでて袋詰めしたホワイトアスパラも取り扱っています。僕はいつも、ホワイトとグリーン、両方買ってしまいます。

 意外だったのは農産加工品のトップが納豆だったこと。「えだ豆納豆」です。十勝産の豆を枝豆の段階で納豆にしました。

 納豆特有のくせが強くなく、また3パックで税込み195円という値段の安さも人気の秘密だそうです。

オニオンスープ
<写真を拡大>

オニオンスープ

 グローサリー部門のトップは「オニオンスープ」でした。1人前ずつ小分けにした粉末のオニオンスープを、袋詰めにした製品です。

 すっきりとした口当たり、味わいは朝のパン食の友などにぴったりです。タマネギの味がしっかり出ているので、調味料として使う方もいるそうです。

 ジャガイモ製品は、畜産加工品部門でトップになっていました。「じゃが豚」です。

 なぜ畜産加工品部門なのかというと、お肉が入っている。ジャガイモの皮で包んだ肉団子なのです。

じゃが豚
<写真を拡大>

じゃが豚

 一見お餅か白玉のように見えますが、実は外側の白い皮、ジャガイモを粉にして小麦粉やデンプンなどを加えて練り上げたものです。中の具はキャベツや肉、ニラ、タマネギなどをミンチにしたもの。これをスープに浮かべて食べます。

 コンソメ風スープとの相性も良く、腹持ちもいいので、じゃが豚だけで軽い食事になると思います。

 乳製品も道産の畜産品を語る上で外せません。乳製品部門の一番人気は「小林飲むヨーグルト(小)」でした。500ミリのパックもあるのですが、飲み切りサイズの180ミリの(小)が高い人気でした。

飲むヨーグルト
<写真を拡大>

飲むヨーグルト

 乳製品部門でいうとチーズの品揃えも豊富です。棚には数え切れないほどのチーズがずらっと並んでいます。チーズが好きな方なら、お店の中でうんうんうなってしまうかもしれません。

 非アルコール飲料部門では、全国ブランドのミネラルウォーター「いろはす」の北海道バージョン「いろはすハスカップ」が一番人気でした。

 そして麺類。札幌ラーメンはもちろん、函館の塩ラーメンや旭川のラーメンも人気ですよね。

円山動物園の白熊ラーメン
<写真を拡大>

円山動物園の白熊ラーメン

 そうそう、本編で登場するかな? 「角屋のやきそば」も北海道ならではの麺ですよね。

 で、麺類部門の一番人気は、札幌円山動物園白クマ塩ラーメンでした。菓子類などとともに、統一されたパッケージデザインのかわいさが人気だそうです。ちなみにピンクのクマさんは醤油ラーメンです。

 そして海の幸にも恵まれた北海道。さすがに鮮魚というわけにはいきませんが、乾物や缶詰などの水産加工品は豊富です。

マロンコロン
<写真を拡大>

マロンコロン

 同部門のトップは「道東産 さんま丼」でした。さんまの蒲焼きのレトルトです。

 水産加工品部門の2位には、駅弁メニューとして人気が高いいかめしもランクインしています。さんま丼同様にレトルトで手軽に食べられます。

 さて、最後は各アンテナショップともに最も力が入る菓子部門です。北海道みやげの定番として、マルセイバターサンドや白い恋人などが有名ですが、どちらも期間限定の販売だそうです。バターサンドは年4回程度、白い恋人は2回程度、期間を決めて販売します。

イートインの人気商品はソフトクリーム
<写真を拡大>

イートインの人気商品はソフトクリーム

 4月の人気ナンバーワンは小樽のマロンコロンでした。厚めのサブレーを3枚重ねて、周囲をチョコレートなどでコーティングしたお菓子です。1個単位で販売するため、手軽に購入できる点が人気の背景とか。

 そうそう、忘れちゃいけません。北海道どさんこプラザの定番人気商品はソフトクリームです。店内に専用のイートインスペースも確保。周囲の人を気にせずにソフトクリームを楽しめます。

 最後に、北海道どさんこプラザ有楽町店を訪れた際にはぜひ立ち寄っていただきたいのが「ルーキーズステージ」。店舗中央部分、レジ前の棚です。

ルーキーズステージ
<写真を拡大>

ルーキーズステージ

 4月・7月・10月・1月の年4回、道内各地から集まった多くの商品が、ここで東京デビューを飾ります。1stステージの3カ月間でそのうち売り上げ下位の半数が脱落、続く2ndステージ3カ月の間に、売り上げ次第で同店での「定番化」決まるというシステムです。

 多くの新商品に東京進出のチャンスが与えられるとともに、消費者の支持があれば、東京での販売ルートも確保できるというわけです。消費者にとっても東京にいながらにして常に「新しい北海道の味」に巡り合えることができます。数あるアンテナショップの中でも、同店が高い人気を誇る理由は、こんなところにもあるようです。

(デスク)

2013年6月28日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について