おかわり 東京・有楽町で滋賀県を知る(デスク)


ゆめぷらざ滋賀
<写真を拡大>

ゆめぷらざ滋賀

 恒例のアンテナショップ紹介、今回は東京・有楽町にある「ゆめぷらざ滋賀」に行ってきました。

「ゆめぷらざ滋賀」はアンテナショップの一大集積地である有楽町駅前の交通会館2階にあります。交通会館には北海道の「どさんこプラザ」や「秋田ふるさと館」さらにはアンテナショップのアンテナショップともいえる「むらからまちから館」など物販、とりわけ食べ物に特化したアンテナショップが多く出店しています。

 そんな中「ゆめぷらざ滋賀」は物産店というよりは観光案内所の印象が強いショップです。

鮒寿司
<写真を拡大>

鮒寿司

 交通会館2階には、東京都のパスポート発行窓口があるせいか「ゆめぷらざ滋賀」にも旅行目的で観光情報を求める来訪者などが多いそうです。

 ショップの方にお話をうかがったのですが、琵琶湖という水源に恵まれ、さらに湖の東側は平野が広がり、食べ物も産業もとても豊か。位置的にも日本列島のちょうど真ん中にあり、南の農作物の北限と同時に北の農作物の南限であったりと、滋賀県ではバリエーション豊かな味を楽しめます。

近江牛のカレーとハヤシ
<写真を拡大>

近江牛のカレーとハヤシ

 一方で、そのバリエーションの豊かさゆえに産物それぞれの収量が少なく、あまり圏外には出荷されません。なんでもあるがゆえに、ここだけにしかないものが少ないとのことでした。

 そんな中でも有名なのは鮒寿司ですよね。元々は琵琶湖の西側、今津港あたりの食べ物だそうです。いまでは滋賀県内で広く食べられています。「ゆめぷらざ滋賀」でも入って右側の冷蔵ケースに入れて売っています。

 そして近江牛。ブランド牛肉です。肉こそ置いてありませんが、カレーにハヤシライス、近江牛炊き込みご飯の素もありました。

赤いコンニャク
<写真を拡大>

赤いコンニャク

 東京ではあまり馴染みのないご当地グルメもあります。まずは赤いコンニャク。

 鉄が酸化して赤くなる原理です。三二酸化鉄という原料が入っているのですが、コンニャクに三二酸化鉄を使うのは滋賀県だけだそうです。

 そしてお米。東日本ではなじみがありませんが、近畿圏では、滋賀県は米どころとして知られています。「ゆめぷらざ滋賀」にもお米が置いてありました。

 ほかにもひこにゃんグッズなど食べ物以外の県産品を扱っています。

滋賀県は米どころ
<写真を拡大>

滋賀県は米どころ

 日本一大きな湖が中央にどんと居座る独特の地形から、琵琶湖の東西、そして京都に接する大津・雄琴地域と北陸に接する長浜・米原・余呉地域では食をはじめとする文化にも差異が大きいとのこと。さらには地形が狭あいで、集落ごとに文化に差異があるという菅浦にも強い関心を抱きました。

 彦根も面白そうですしね。特に麺方面が。

 皆さんからいただく情報によって、そんな滋賀県の食事情が明らかになることを期待しています。

2012年6月29日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について