番外編 もてなす心の競い合い〜九州B−1グランプリin日田


 今週は日程の都合で本編はお休み。奈良県編の最終回は、来週掲載します。
 番外編として、9月14・15日の2日間、暑い暑い大分県日田市で開催された九州B−1グランプリの模様をデスクがリポートします。
 食べBのFacebookページ(http://www.facebook.com/tabebforum)では、食べBの更新情報や裏話などをゆるやかに発信していますのでどうぞご利用ください

(「食べB」へ初めて訪れた方は「食べB入門編」をご覧下さい食についてのメール投稿先はこちら

シシリアンナちゃんととりもっちゃんのダンス
<写真を拡大>

シシリアンナちゃんととりもっちゃんのダンス

 9月14・15日の2日間、大分県日田市で2013九州B−1グランプリin日田が開催されました。

 福岡・熊本両県と境を接する山間のまちに、九州各地でご当地グルメによるまちおこしに取り組む団体が集結、全国各地のまちおこし団体とともに、水郷(すいきょう)を盛り上げました。

 会場を見渡すと、佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむのキャラクター・シシリアンナちゃんと甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊のキャラクター・とりもっちゃんが一緒にダンスをしています。

行列に巨大うちわで風を送る
<写真を拡大>

行列に巨大うちわで風を送る

 B−1グランプリの魅力は、まさにここにあります。

 来場者による箸の投票で順位付けがされるものの、出展する各団体は「蹴落とすべきライバル」ではなく、ともに同じ「まちを元気に」という目的を達成するためのパートナーなのです。だからみなさんとても仲がいい。楽しそう。

 今回の九州B−1グランプリ、初日は最高気温33度と真夏に逆戻りしたかのような暑さでした。

 特に炭火で豚肉を網焼きにする対馬とんちゃん部隊のブースは、人数の多さもあって近寄れないほどの暑さ。でもみんな、楽しそうに声を揃えてとんちゃんを焼いています。

猛烈な暑さの対馬とんちゃん部隊ブース
<写真を拡大>

猛烈な暑さの対馬とんちゃん部隊ブース

 2日目の終盤、他団体が続々と提供終了となる中で、とんちゃん部隊は最後まで焼く手を止めませんでした。一度封を切ってしまった食材は、余っても次のイベントで提供することはできません。

 天候に左右されやすい野外イベントだけに、食材をどれだけ用意するかは、各団体とも最も頭を悩ませている問題です。市民団体だけに、大量の食材ロスは今後の活動に大きな打撃を与えることになります。

 心配して声をかけると「余るようなら打ち上げやってみんなで食いますから」と満面の笑みが返ってきました。

塩あめをどうぞ
<写真を拡大>

塩あめをどうぞ

 長い行列が代名詞のようになってしまったB−1グランプリですが、それでも来場者が絶えないのは、商売目的のグルメイベントではないことを分かっているからでしょう。

 主催者側も気持ちは同じです。スタッフの中心になっているのは、ともにB−1グランプリに出展している日田やきそば研究会のみなさんです。

 思わず清流に飛び込みたくなるような暑さの中、来場者に塩あめを配るスタッフ。そして、少し離れた会場間を結ぶ道筋の店には「トイレ使ってください」の看板も掲げられていました。

ゴールドグランプリは田川ホルモン喰楽歩
<写真を拡大>

ゴールドグランプリは田川ホルモン喰楽歩

 初日は暑さで、2日目は押し寄せる来場者で、関係者も来場者もたいへんだったかもしれませんが、まちのにぎわい、活気には目を見張りました。

 そんな2日間で会場に詰めかけた14万4,000人がゴールドグランプリに選んだ選んだのは田川ホルモン喰楽歩でした。

 田川市は「炭坑節」発祥の地としても知られるまちです。明治33年に三井田川鉱業所ができると炭鉱を中心にまちは発展、大正6年には全国の出炭量のおよそ半分を占めるまで繁栄しました。

田川ホルモン鍋
<写真を拡大>

田川ホルモン鍋

 しかし、エネルギー源が石炭から石油に代わるにつれて、昭和39年には三井田川鉱業所が、昭和45年には市内すべての炭鉱が閉山しました。地下に網の目のように張り巡らされた坑道の安全管理や高齢化など、かつての繁栄の分、まちが抱える問題は深刻です。

 そんな田川のまちの元気を、炭鉱まちらしいスタミナ食・ホルモン鍋で取り戻そうとしているのが田川ホルモン喰楽歩のみなさんです。

 田川のホルモン鍋は、平らな鉄板のような鍋の上にたれを染み込ませたホルモン、そのうえから大量の野菜をのせて作る鍋料理です。

来場者は14万4,000人
<写真を拡大>

来場者は14万4,000人

 鍋といいつつ、汁気はほぼ野菜の水分のみ。鍋の底の水分が焼けた香ばしさもまた食欲をそそる。シンプルながら実に味わい深い料理です。

 2日とも、北九州B−1ゴールドグランプリの八戸せんべい汁研究所に次ぐ行列の長さができ、しかもほぼ地元といっていい地の利もあり、両日とも、対馬とんちゃん部隊同様、遅くまで料理の提供を続けました。

 味はもちろん、そうした姿勢が来場者の箸を呼んだのかもしれません。

ひたがわっ!
<写真を拡大>

ひたがわっ!

 ちなみに、シルバーグランプリは対馬とんちゃん部隊ブロンズグランプリはメンバーが大幅に若返った佐伯ごまだしうどん大作戦でした

 その田川のメンバーが、閉会式後、日田のみなさんと会場前の階段で抱き合って喜び合う風景には思わず目頭が熱くなりました。田川と日田をあわせた「ひたがわ」を何度も何度も声高くコールする田川と日田のみなさん。

 田川のがんばりが日田ににぎわいを呼び、そしてその結果が田川をまた元気づける…。暑さと熱さが入り交じった九州B−1グランプリでした。

こんな本出ます(クリックで予約)

 次回は奈良県編の最終回。最後のメールをお待ちしています。

 そしてその次は茨城県編、こちらもメールをどんどんお寄せください。

(デスク)

 


●筆者(特別編集委員 野瀬泰申)へのお気軽メールはこちら(tabeb@nex.nikkei.co.jp

2013年9月20日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について