番外編 秋田県のアンテナショップに行ってきました(デスク)


秋田ふるさと館の入口
<写真を拡大>

秋田ふるさと館の入口

  いよいよ食べB秋田県編が始まりました。今回の番外編は、恒例のアンテナショップ紹介です。秋田県の在京アンテナショップといえば有楽町にある「秋田ふるさと館」です。

「秋田ふるさと館」のある交通会館は、各県のアンテナショップが集積する八重洲〜新橋にかけての地区の中でも、とりわけアンテナショップが多いビルです。秋田県のほかに北海道、富山県、静岡県、和歌山県、兵庫県、徳島県・香川県、さらには博多と大阪に焦点を当てたショップ、そしてアンテナショップのアンテナショップともいうべき全国各地の産品を扱う「むらからまちから館」もあります。

秋田直送の生鮮品も
<写真を拡大>

秋田直送の生鮮品も

 その1階フロアのいちばん銀座駅側にあるのが「秋田ふるさと館」です。

 もともと秋田県の食品、酒類、民工芸品を販売する財団法人として発足、2007年に株式会社として独立したそうです。秋田駅前にある「あきた県産品プラザ」と仕入れなどを一体化しているとのこと。

 ですので、店頭にない商品でも「あきた県産品プラザ」で扱っているものであれば取り寄せ可能なのだそうです。これは便利ですね。ほしかったものが店頭に見当たらなくても、とりあえずお店の方に聞いてみましょう。

きりたんぽ
<写真を拡大>

きりたんぽ

 さて、まずは売れ筋の商品から見ていきましょう。

 稲庭うどん、いぶりがっこ、そしてこれからの季節はきりたんぽが売れ筋商品だそうです。秋田を代表する食材ですね。

 きりたんぽに関しては、きりたんぽだけでなく具となる比内地鶏、ゴボウなどの野菜、マイタケ、そしてきりたんぽ鍋には欠かせないというセリも秋田から週2回取り寄せて販売しています。「秋田ふるさと館」に立ち寄るだけで、鍋の具材から調味料まですべてそろうのだそうです。

ずらりと日本酒
<写真を拡大>

ずらりと日本酒

 そして鍋といえば日本酒。

 米どころ秋田ですから、日本酒も豊富に取り揃えています。以前横手に取材に行った際に、蔵元まででかけ、絞りたてのところ、チョロチョロ流れてくるヤツをぐい飲みで受けとめて飲ませてもらい涙が出そうなほどおいしかった、僕の大好きなお酒、天の戸も置いてあります。

 日本酒も置いていない銘柄でも取り寄せ可能なので、いろいろな種類を試してみるのもいいかもしれません。

 一般にはいぶりがっこといえば大根のくん製ですが、大根以外のいぶりがっこも豊富に取りそろえています。ニンジンはもちろん、タケノコのいぶりがっこなんていうのもあります。

稲庭うどんも種類豊富
<写真を拡大>

稲庭うどんも種類豊富

 稲庭うどんは箱入りの高級品から、切れ端の「くずうどん」まで、これまた非常に多くの種類を販売しています。

 食べBで秋田県といえば忘れてはならないのが、横手やきそば。もちろん、要冷蔵の生麺から常温保存できる箱入りまで多数そろっています。

 そして本編にもすでに出てきたもろこし。秋田のお菓子といえばもろこしが定番だそうです。1種類ではなく、形や味、パッケージの違う多くのもろこしが並んでいます。

なた漬け
<写真を拡大>

なた漬け

 で、実は僕、ここのお店でしょっちゅう買い物をしています。これからのシーズン、僕の最大のねらい目はなた漬けです。秋田の漬物というといぶりがっこですが、僕は冬のなた漬けもまた大好きなんです。生のダイコンを刃の厚いなたでざっくり乱切りにすることからついた名前なのですが、塩漬けした上で麹のたっぷり入った甘酒を加えて漬け込む、東北ならではの甘じょっぱい味です。美味しいですよ。

 それと関東人にはちょっと意外かもしれませんが、納豆も美味しいんです。

納豆も豊富
<写真を拡大>

納豆も豊富

 秋田では納豆を好んで食べるそうで「秋田ふるさと館」でも様々な種類の納豆を扱っています。震災直後に主産地・茨城や宮城の川口納豆などが手に入らなくなり、大手メーカーの製品でさえなかなか手に入らない時期がありましたよね。あのころ、僕はせっせと「秋田ふるさと館」に通って納豆を調達していました。

 秋田から週2回送られてくるので、少なくとも僕は品切れにでくわしませんでした。変わり納豆ですが、カレー納豆が美味しいですよ。納豆が、カレー味によく合うんです。一度試してみてください。

横手やきそば、もちろんあります
<写真を拡大>

横手やきそば、もちろんあります

 有楽町駅前のイトシアができてから、銀座の人の流れが変わり多くの買い物客が「秋田ふるさと館」の前を通るようになったそうです。従来は40〜50代あるいは秋田県出身者が購買層の中心だったそうですが、今では買い物の途中で立ち寄るのでしょう20〜30代の客層が多くなったそうです。

 B−1グランプリでの横手やきそばの知名度向上も大きかったそうです。

 店舗面積はさほど大きくありませんが、品揃えは豊富な「秋田ふるさと館」。しかも店頭にないものでもお取り寄せができる。東京で様々な秋田の食を味わえるというのは幸せですよね。

 なお、東京には品川に飲食スペースも備えるアンテナショップ「あきた美彩館」もあります。

2011年10月21日


※これまでに掲載したアンテナショップ関連情報もぜひご覧ください
番外編 表参道から新潟を発信 アンテナショップ「ネスパス」(一芸)  番外編 愛媛県のアンテナショップに行ってきました(デスク)  番外編 群馬県のアンテナショップでデスクがダイエット?  番外編 行ってきました! 「まるごと高知」

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について