第15回 千葉県(最終回) 松戸が私を呼んでいる

矢切の渡し
<写真を拡大>

矢切の渡し

 先週末、一芸クンと2人で鳥取2泊3日の旅に行ってきた。鳥取県実食編の取材である。結論から言うと、鳥取は実に面白かった。皆生温泉の湯もよかった。

 3日目は一芸クンと別行動だった。私はぶらぶらしていたのだが、その間彼は自らに過酷な使命を課し、奮闘努力というか無謀な暴れ食いをしていたことを東京に戻って知った。

 それもこれも含めて来週、詳しくリポートする。


 さて千葉県編もはや最終回。始めるにあたって一芸クンの南房総駆け足旅リポートの後半から。


さんが焼き(左)、白浜の海と野島埼灯台
<写真を拡大>

さんが焼き(左)、白浜の海と野島埼灯台

 (前回のリポートは第13回へ)。早朝に東京湾アクアラインから房総半島へ渡り南下してきたわけですが、ちょうどお昼ごろに房総半島最南端の白浜町(南房総市)に到着。野島埼灯台にほど近い店で、町おこしにも一役買っている「さんが焼き」をいただきました。魚に野菜や味噌を混ぜてたたきにしたものが「なめろう」。そのなめろうに大葉などの薬味を入れて焼いたものが「さんが焼き」。ハンバーグのような食感と、魚の風味、薬味のアクセントが絶妙に絡み合います。

左は「ちくら潮風王国」にある、サザエをつかむクレーンゲーム。1回200円。右は鴨川市の道の駅「鴨川オーシャンパーク」。階段状の外壁を水が流れ落ち、来場者は橋を渡って中に入る
<写真を拡大>

左は「ちくら潮風王国」にある、サザエをつかむクレーンゲーム。1回200円。右は鴨川市の道の駅「鴨川オーシャンパーク」。階段状の外壁を水が流れ落ち、来場者は橋を渡って中に入る

 そこから道の駅に立ち寄りつつ北上。この近辺には数多くの道の駅があり、しかも個性的です。千倉町(南房総市)の「ちくら潮風王国」には巨大な生簀(いけす)があります。サザエをキャッチするクレーンゲームまであります。

 南房総市の北にある鴨川市では、地域活性化に取り組む人々にお会いし、興味深い話をうかがってきました。これについては実食編の時にでも報告させてください。隣の勝浦市で以前リポートした「勝浦タンタンメン」を泣きながら食べて終了です。

 南房総はどこか南国ムードがただよい、ここが関東であることを一瞬忘れさせる不思議な感覚があります。歴史的に見ても、海上交通でつながりのあった関西の文化的影響が見てとれるのだとか。千葉の豊かさと共に、広さを実感した旅でした。


 はい、ありがとさん。

 ではいただいたメールを紹介しよう。


「きくや」の鯛焼き(ラブマツ・てるみさん提供)
<写真を拡大>

「きくや」の鯛焼き(ラブマツ・てるみさん提供)

MNo.21

 松戸は昔から和菓子屋とおそば屋さんが多いらしいです。聞けば、松戸は街道の街。様々な地方からの旅人が行き交ったよう。そのときに気軽に短時間で食べられるものが和菓子とそば。ファストフードの走りだったのでしょうか。街道沿いには今も趣のある和菓子屋さんやおそば屋さんが残っています。
 松戸駅前には行列の店「鯛焼き きくや」。1匹130円であんこびっしり、皮はパリパリ。昔ながらの松戸っ子のぜいたくおやつです(ラブマツ・てるみさん)


 この街道は江戸の千住と水戸を結ぶ水戸街道。松戸は江戸に入る手前の、あるいは江戸を出て最初の宿場だった。食べ物店にその姿を残しているらしい。

 私の松戸の思い出は2つ。ひとつは貧乏学生時代、懐具合がにっちもさっちもいかなくなると、松戸に住んでいた従兄弟を頼った。狭い社宅住まいで決して楽な暮らしではなかったろうが、黙って1万円札を握らせてくれた。あのころの1万円である。私は半月をしのぐことができた。

「野菊の墓」の文学碑。矢切の渡しとの間を「野菊のこみち」が結ぶ
<写真を拡大>

「野菊の墓」の文学碑。矢切の渡しとの間を「野菊のこみち」が結ぶ

 亡父が若かったころの従兄弟を援助したことがあったという。「恩返しだよ」と言っていた従兄弟が他界して数年。松戸の字を見ると、そのことを思い出す。

 もうひとつは「矢切の渡し」。いまから7年前、夕刊の企画で伊藤左千夫の「野菊の墓」の舞台を行く原稿を書いた。帝釈天側から小舟に乗って江戸川を渡り、着いたところが松戸市下矢切。旧矢切村の一角で、そこが物語の舞台である。

 伊藤は作中で「僕の家というは、松戸から二里許(ばか)り下って、矢切の渡しを東に渡り、小高い岡の上でやはり矢切村と云ってる所」と書いている。しかし実際に尋ねてみると、これが違ったのである。

 松戸の市街と矢切は地続きであるから渡しを使うことはない。使ったとしても松戸側から舟は西の葛飾側に行くしかなく、東に向かえば陸地である。

 当時の地形、川筋がどうであったか知らないが、現在の江戸川と渡し場の位置からすると、渡し船はネギ畑にこぎ出すことになる。


7月7日、横浜市のコンビニエンスストア内に千葉県アンテナショップがオープン。駆けつけたチーバくん(左)とポートクイーン千葉
<写真を拡大>

7月7日、横浜市のコンビニエンスストア内に千葉県アンテナショップがオープン。駆けつけたチーバくん(左)とポートクイーン千葉

MNo.22

 30年以上前に千葉に住んでいたころ「ながらみ」なる貝の存在を聞きました。小ぶりの巻貝で煮付けにすると絶品だと。
 一般家庭で聞いた話なので「とんでもない高級食材」ではないと思っていましたが、5年くらい前に千葉の機械メーカーの方との雑談の中で懐かしく話題に出すと「最近はめったにお目にかからない、口にしていない」とのことでした。絶滅したんでしょうか? それとも絶滅危惧種で「超高級食材」になったんでしょうか?
 自分がながらみを食べていないので比較はできませんが、富山には「小ばい」が庶民の食材で残っています。刺身にするような「大きなばい」と同種かどうかは判りませんが、2-4センチの「小ばい」の煮付けは絶品です。私の場合はご飯のおかずになるんですが、仙台に戻った友人は「富山の地酒を飲みながら食べた煮付けの味は最高だった」と絶賛し「こっちでは口にできない」と嘆いています(煮豆ライスさん)


アンテナショップでは落花生やチーバくんグッズなどを販売
<写真を拡大>

アンテナショップでは落花生やチーバくんグッズなどを販売

 「ながらみ」とはまた懐かしいものが登場したものである。どことは覚えていないほど、あっちこっちの居酒屋で食べた。醤油煮にしたながらみを爪楊枝でつついて身をほじくり出すと、いい肴になったものである。
 「ものである」と書いたのは、最近ではほとんど目にすることがなくなったからである。あっても高いらしい。
 カタツムリみたいな丸くて小さい貝で、キサゴとも言うが各地で呼び名が違う。
 それはともかく確かにバイガイの煮付けも美味いものである。北陸ではおでん種にもなる。鳥取の鮮魚店でもたくさん見かけた。


鰯のごま漬け(GO!GO!マリーンズさん提供)
<写真を拡大>

鰯のごま漬け(GO!GO!マリーンズさん提供)

MNo.23

 私の小さかったころは魚、とりわけイワシをよく食べていました。大きなマイワシは塩焼きやフライ、カタクチ(セグロ)イワシのような小さなイワシは目刺やみりん干しとして夕飯のおかずになりました。
 そしてお正月のおせち料理に彩を添えるのはイワシのゴマ漬け。これはママカリのように酢漬けされたカタクチイワシに黒ゴマがまぶされた料理で、イワシがさっぱりといただけて美味しいんですよ。
 更に忘れてならないのは「七度洗えば鯛の味」といわれるイワシの刺身。これは鮮度が命です。なんといっても「弱い」魚ですからすぐにいたんでしまうのです。
 みなさん、どうぞイワシ料理を食べに千葉へいらして下さいね!(GO!GO!マリーンズさん)


目刺と鰯のみりん干し(GO!GO!マリーンズさん提供)
<写真を拡大>

目刺と鰯のみりん干し(GO!GO!マリーンズさん提供)

 イワシのゴマ漬けは美味い。私もそれは知っている。本格派かどうかは別にして近所のスーパーにもときどき登場する。しかし買わない。我が家で食べるのは私だけであるから、残ってしまうのである。目刺しも同様の理由で我が食卓に登場することがない。

 そこで私は独り居酒屋で飲むときに目刺しを注文する。カルシウム、カルシウムと呪文を唱えながら、塩辛くほろ苦い目刺しを頭から尻尾までかじりつつ、ウーロンハイを飲むのである。かじっていないときでもウーロンハイを飲むのである。

 最近、あるもののお陰で肝臓の調子がすこぶる良い。良すぎてどんどん飲むのである。

 千葉の年取り魚はイワシであろうか。


 ここからはニューウエーブの食べ物。


いのししスモーク(あめふらしさん提供)
<写真を拡大>

いのししスモーク(あめふらしさん提供)

MNo.24

 いのししスモーク。酒の肴にぴったり。冬場の勝浦の朝市で見つけました。
 やや野性味のある肉と燻製されて甘みの強い脂身のハーモニーが抜群です。天城(伊豆)のわさび漬けをのせると風味が増します(あめふらしさん)


 害獣駆除の結果、イノシシや鹿の肉が様々に加工されて出回るようになった。カレーやバーガーは珍しくないが、燻製もあったか。

 でも、それって硬い?

 鳥取の店で出たのに歯が立たず、人が食べるのを黙ってみていたモノ3種。ナマコ、アワビとサザエの刺身。


目の前で作ってくれる「モモコアイス」(房州わんだぁらんど・エンマさん提供)
<写真を拡大>

目の前で作ってくれる「モモコアイス」(房州わんだぁらんど・エンマさん提供)

MNo.25

 館山市九重にある須藤牧場のお嬢さんが始めた「CowBoy」では、アイスクリームの注文を受けてからお客さんの目の前で作っています。
 −30℃のステンレスプレート上に、牧場の牛乳とこだわりの卵でできた液体状のものを薄く広げ、お好み焼きのコテのようなものを2つ使って混ぜていくと、2分ほどでおいしいアイスクリームになります。季節に合わせた果物を自分の好みで注文できるのも楽しいですよ。
 このアイスクリームの名前は「モモコアイス」。この牧場を営む一家の母である須藤陽子さんが書いた絵本「牧場のおはなし『モモコ』」に出てくる子牛の名前だそうです(房州わんだぁらんど・エンマさん)


 そうだ、千葉には牧場があちこちにある。その割りには乳製品の話がやっと出た印象。

 それはそうと千葉実食編では乳製品を食べよう。牛乳もチーズも大好きなのである。


 ラブマツ・てるみさんから、もう1通いただいていた。


上段左が田島亭の「ラブロア」、同右がとん吉の「ラブマツリング」、下段は珈琲屋めいぷるの「ラブマツブレンド」(ラブマツ・てるみさん提供)
<写真を拡大>

上段左が田島亭の「ラブロア」、同右がとん吉の「ラブマツリング」、下段は珈琲屋めいぷるの「ラブマツブレンド」(ラブマツ・てるみさん提供)

MNo.26

 私が参加している地域SNS「アイラブジモト松戸」通称「ラブマツ」には様々な業種の方が参加しています。産地直送の珈琲豆を扱う店のオーナー、都内や欧州の名店で修行したフレンチのシェフなど、飲食関係の人も多く、その交流を通じて「松戸珈琲 ラブマツブレンド」や「ラブロア(ラブマツババロア)」といった新メニューも生まれています。
 とんかつ屋さんでは「ラブマツリング」という新メニューを企画しました。「テイクアウト可能、ドーナツ感覚の手づかみで食べられるとんかつ」がコンセプトです。
 ラブマツのメンバーがとんかつ屋に集結。値段設定から、メニュー写真撮影まで、すべてボランティアでワイワイ言いながらやりました。
 住民が主役になって、地元を元気にしていくという「ラブマツオリジナルメニュー開発」は、今も遊び心満載で続いています。


 Mno.21といい、このメールといい「松戸に行ってみっか」という気にさせる内容である。旧街道の宿場の風情、新しく開発されたメニューの双方が入り交じって、町歩きがしたくなる。

 新メニューに辛いものや硬いものがないのも良い。


コンビニで買った氷の袋を見ると…… (apple-aさん提供)
<写真を拡大>

コンビニで買った氷の袋を見ると…… (apple-aさん提供)

MNo.27

 日々のストレス解消に種々のアルコール飲料を摂取している中で、ふと、別々のコンビニで買った氷の袋を見たら、どちらも千葉県のものでした。K社がその所以をwebsiteでつまびらかにしておりますが、私は調査もせず、写真だけお送りします。
 解説、よろしくお願いいたします(他力本願)。あ、もちろん、仕事は自力でがまだしとります(apple-aさん)


別のコンビニで買った氷の袋にも…… (apple-aさん提供)
<写真を拡大>

別のコンビニで買った氷の袋にも…… (apple-aさん提供)

 「がまだす」は「がまだ」でつくった酢ではない。熊本地方の言葉で「頑張る」こと。

 メールに従って「ロックアイス」で検索したところ、涙なしでは読めない秘話にたどりついた。というほどのことでもないが、会社や商品に歴史あり、である。「第1の苦境」とか「第2の苦境」など、短文ながらなかなか読ませる内容になっている。


 というわけで千葉県編は終了。これまで青森、鳥取、千葉とやってきたが、どこを取り上げても知らない話が山とある。


 さて千葉で野瀬に食べさせたいVOTE。(VOTEは終了しました。ありがとうございました)


 さて次回は鳥取実食リポートである。

千葉県のVOTE。勝浦タンタンメンは見るだけ……
<写真を拡大>

千葉県のVOTE。勝浦タンタンメンは見るだけ……

 その次に取り上げる県は「高知県」と決定。どうして決定したかというと、先日別件で行ってきて面白かったからである。

 高知市内ならどこでもあるあのパン。道路で売っている冷たいもの。そして私は知っている。中京地区をしのぐかと思わせるモーニングの町があることを。

 龍馬ブームに沸く高知県の知られざる食を味わおう。


 この際なので、今後予定している地域を明らかにする。

 高知県(7月下旬〜8月下旬)の次は福島県(9月上旬〜10月上旬)、その次が

長崎県(10月下旬〜11月中旬)、次いで福井県(11月下旬〜12月下旬)である。


 ご関係の方はいまからお国自慢の準備をよろしく。


 おおそうじゃった。あっちも更新された

 ではまた来週。

(特別編集委員 野瀬泰申)



 


●筆者(特別編集委員 野瀬泰申)へのお気軽メールはこちら(tabeb@nex.nikkei.co.jp

2010年7月9日


■千葉県編
その1 給食にも落花生
その2 太巻寿司は3Dなのだ
その3 銚子に行ったら木の葉パン
最終回 松戸が私を呼んでいる
実食編 「勝タン」への長い道一芸クンの食べB修行記・目指せ!肉食系男子編映像リポート

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について